ここから本文です
瀬戸の島から
ブログを再開します。

書庫四国巡礼の道から

すべて表示

「空海=多度津白方生誕説」をめぐる寺社めぐり  弥谷寺 「空海=多度津白方生誕説」が、いつ、どこで、誰の手によって、どんな目的で創り出されたのかをみてきました。最後に、白方の背後の天霧山中にある弥谷寺を見ていくことにしましょう。  弥谷寺は佐伯真魚(空海の幼年名)が修行した地と「高野大師行状図画」にも伝えられ、古くから空海の修行場として信じられてきました。現在、十世紀末から十一世紀初期ころの仏像が確認できるので、そのころにはこの寺が活動していたことが推察できます。  その後、鎌倉時代の初めには道範が訪れたことが「南海流浪記」に記されています。また本堂横の岩壁に阿弥陀三尊や南無阿弥陀仏の名号が彫られていて、その制作年代は鎌倉時代末期のものと言われます。  戦国時代には讃岐の守護代であり、天霧城の城主・香すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 西の丸公園で行われる結婚式に参加するためにやってきたの大阪城。 そのついでに見ておきたかったのは、石垣の巨石です。 まず、大手門を入って迎えてくれるのが大阪城の巨石NO4・5の次の二つです。 NO4  見付石(大手門 約108t 讃岐・小豆島 熊本藩主・加藤忠広 NO5  二番石(大手門 ...すべて表示すべて表示

  • 金比羅芝居小屋の建設と運営に、遊女達の果たした役割は? 金比羅門前町 金山寺町周辺 天保九年(1838)に、金比羅門前町の茶町が密集していた金山寺町は大きな火災にみまわれます。残された被害記録から当時の金山地町の町屋の様子が分かります。 それによると、この町筋の総家数は八四軒で、その内茶屋・酌取女旦雇宿は二十三軒確認でき ...すべて表示すべて表示

  •  金毘羅の遊女の変遷をたどってみると・・・ ①町の一角に参詣客相手の酌取女が出没しはじめる元禄期 ②酌取女及び茶屋(遊女宿)の存在を金光院側か認めた文政期 ③門前町の発展と共に当局側の保護のもと繁栄のピークを迎えた天保期 ④高級芸者の活躍する弘化〜慶応期 以上四つの時期に区切ることができ ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事