ここから本文です
JH1LMD
アマチュア無線の話題を中心に、昔のラジオ少年が作るブログです。

書庫気ままなハムライフ(TOP)

すべて表示


Welcome to my blog!
The English self-introduction would look at "QRZ.com."

http://www.qrz.com/db/JH1LMD

 
アマチュア無線は学生時代で一旦ピリオドを打ったが、仕事でモービル移動が多く、友人の勧めもあったので途中でV/UHFのSSB中心に再開しました。その内に仕事が忙しくなって、QRVすることも少なくなり、モービルと自宅のリグは倉庫へ。それでも、しばらく局免許は継続していたが、十数年前に局免も切れていました。
 
ここ数年間は、同世代の友人が現役をリタイヤして集まることが多くなり、ハム仲間の刺激もあってアマチュア無線の再開局をしてしまいました。
自宅にHFのアンテナを立てて本格的にQRVすのは40年ぶりです。年も年ですので、体力と気力の衰えを自覚し、肩を張らずに気軽にテキトウに楽しみたいと思っています。
 
イメージ 3イメージ 1
イメージ 2
 
<リグも、アンテナも、チンマリと納まりました=2013年01月現在>
 
このブログは、OM諸氏に叱咤激励されつつ、持ち前のジャンク・サイエンスを駆使して、密集地域の限られた環境の中で、気の向くままに楽しみながらアマチュア無線にチャレンジする記録です。
 
ついでながらロケーションから再開局をあきらめている方、再開局を目指している方、すでに再開局された方の、一助にでもなればと思っています。ご意見、ご質問、ご指摘などは、ゲストブック、各ページのコメント欄にお願いします。
 
ヤフーIDをお持ちでない方、またはログインしないでも、コメントは入れられます。コメント入力ページで、【名前】欄はあなたのニックネームを、【パスワード】欄は自分でコメントを消去するときに使います。 
 
下のリンクをクリックするとテーマごとのリストが出てきます。
 

<<無線再開局で感じた話題>>

<<リグの話題>>
必須!ノイズ対策IC−7200の使用雑感旧機TS−520の復活FT−736の修理世にいう高級機の感想QRPにチャレンジ軽モービル・シャック

<<アンテナの話題>>
身の丈にあったアンテナウィンドム・アンテナに挑戦オートマチック・アンテナチューナ(CG-3000)V/UHFのアンテナを考えるV−ダイポールに挑戦WARCバンド・ダイポール軽量級移動用ダイポールルーフタワーの安全性と設置

<<デジタルインターフェースの話題>>
デジタル通信に首を突っ込むデジタル・インターフェースの製作デジタル・インターフェースの設定デジタル・インターフェースの接続パソコンをリグにつなぐ変更申請PCとリグのUSB接続

様々なライフスタイルのアマチュア無線を見ることができます⇒ イメージ 4

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • オーディオ・フィルターの試験

    2017/6/27(火) 午後 4:54

    CRK-10Aの低周波増幅段がオーディオ・フィルターになっているが、高周波段は2段クリスタル・フィルターだけでは限界がある。 そこで全体の選択度を少しでも改善することは出来ないだろうか? 前回の「 オーディオ・フィルターの検証 」に基づいて、フィルターの周波数特性を再考してみた。 出来るだけ部 ...すべて表示すべて表示

  • オーディオ・フィルターの検証

    2017/6/21(水) 午前 10:42

    CRK-10Aの低周波増幅段には、バンドパスフィルタが組み込まれている。回路シミュレータ( LTspice )で現状の定数を検証してみた。 上画像はCRK-10Aの回路に基づき、低周波部分の定数を入力した。 1段目と2段目の間にFETのスイッチャーが入っているが、音質に関係がないのでシミュレーションからは省略した。 ...すべて表示すべて表示

  • CRK-10Aの同調周波数調整

    2017/6/18(日) 午後 10:53

    昨日「 CRK-10Aの発振周波数調整 」で、送信周波数と受信局発周波数の調整を行ったが、ことのほか受信しやすくなった。 CRK-10Aの受信同調回路は、クリスタル2個でフィルターを構成しているが、この中心周波数を調整すると良いかもしれない・・・と思った次第です。   そこで、グランドに落とし ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事