ここから本文です
JH1LMD
アマチュア無線の話題を中心に、昔のラジオ少年が作るブログです。

書庫全体表示

昨日、ローカル局のアイボール・ミーティングに参加したが、その後、OMさんから「アンテナを見に来ないか?」と誘われました。以前から、そのOMさんのアンテナに興味があったので、午後8時過ぎ(非常識!)に、当局を含めて数局でお邪魔しました。
 
アンテナはロングワイヤ・アンテナですが、マンションの3階にお住いのOMさんが45m長のエレメントをどのように張ったかが、最も関心事でした。ご本人曰く「ステルス・アンテナ」で、何と駐車場を挟んで立つ7階建ビルの非常階段にある手スリから、OMさん宅の3階ベランダまで、ワイヤを引いていました。
 
・・・と言っても、ワイヤはもとより7階手すりからワイヤまでのナイロンテグスもまったく見えません。夜間なので見えないのではと思ったら、別のOMさんが昼間に何度か見に来たが、まったく見えなかったそうです。
当のOMさんの話によると、光の加減によっては目を凝らして長時間見ていると、わずかに見えることもあるそうだが、普通に見た限りはまったくのステルスだ。
 
それもそのはずで、直径0.35mmの鉄線エナメルワイヤで見える方がおかしい。50m巻を100円ショップで買い求めたとこことだが、鉄線を使用したのにも訳があるそうです。
銅線の0・35mmでは、自重と風圧による張力に耐えられずに切れてしまうが、鉄線ならば強度が確保できるようです。OMさんは長年、山手線の内側の一等地に住んでいたので、すでに色々試された結果のようです。
 
このワイヤをベランダに引き込んだところに、C−L−Cのパイマッチ型のマッチング・ボックスを取り付けてある。ロングワイヤ・アンテナでは接地が大きな問題だが、手スリの接地を確認してから、塗装された手スリにアルミホイルを巻いて静電結合している。
もう一つは、無駄なリード線を伸ばさずに、直近で処理している点も、OMさんの技術レベルの高さを感じさせてくれた。
 
出るバンドによってパイマッチを調整すればSWR1.0近傍、一旦調整すればバンドワイズは極めて広い。実際にトランシーバーのSWRを見せてもらったが、7MHz帯200KHzの間は微動だにしなかった。
7MHzの国内コンディションが落ちた午後9時にJA8と59でQSOしてい見せてくれた。ゲタ(リニアアンプ)も履かずに一発コールで、当のJA8局が、マイクの向こうで驚く様子が手に取るように伝わってくる。外来ノイズは当局同様に強力だが、完全にシグナルがノイズに勝っていた。
 
このOMさんは、ロングワイヤだけではなく、カンテナ、ループ八木などの開発でも著名な方だが、行き着くところは「理論より実践」「最高の測定器は自分の耳」と、アマチュア精神を存分に発揮しておられる姿は、往年の自作派ハムを彷彿とさせてくれました。
確かに理論的基本が身に付いていなければできないのだろうが、アンテナ理論に反発することから、新しいアンテナが生まれてきたとのことです。
 
写真を撮って皆さんにお見せしたところだが、場所が特定されるとOMさんも厄介なのであきらめた。
 
都会暮らしの知恵と言おうか、OMさんの図々しさ(失礼=たくましさ)が生んだアンテナの拝見で、当局も見習うところが多い見学でした。
 
 

  • 顔アイコン

    ナイロンテグスと鉄線はどのように繋いでいるのですか?私もいろいろと試していますが、処理方法が気になりますね。

    [ あづき ]

    2013/3/9(土) 午後 2:25

    返信する
  • 顔アイコン

    ご覧いただきまして、有難うございます。

    来週末(15日)、そのOMさんとアイボールしますので、詳しく伺って、このコメント欄に書き込みます。
    長年、このタイプのアンテナ(もっと細いモノも)を使っているので
    きっと色々なノウハウを持っていると思います。

    JH1LMD

    2013/3/9(土) 午後 4:46

    返信する
  • 顔アイコン

    あずきさん

    昨日、ステルス・ワイヤ・アンテナを使っているOMさんから
    話を伺ってきましたので、コメントにアップします。

    そのOMさんは、「ワイヤを張りすぎないように注意」していて
    「多少ゆるめに張っているので、切れたことはない」とのことです。
    テグスとワイヤのつなぎ方は、それぞれ2ターンして
    テグス結びで処理しているようです。

    なお、それでも切れやすい場合は、
    風などによるワイヤのヨリが考えられるので、
    接合部分に釣り具の「撚り戻し金具」を
    使うと良いようです。
    撚り戻し金具は「サルカン」または「スイベル」と言うようで
    安価に入手できます。

    以上、試してみてはいかがでしょうか?

    JH1LMD

    2013/3/17(日) 午後 1:22

    返信する
  • 顔アイコン

    ご返事、ありがとうございます。詳しいご説明感謝いたします。
    サルカンも確かに使えますね!今度、試してみます。
    ところで、100円ショップを6件廻りましたが、エナメル鉄線が
    置いてある処がありませんでした。地域性もあるのかなと思って
    おります。(ちなみに東京近郊のお店には在庫ありませんでした)

    [ あづき ]

    2013/3/28(木) 午前 0:29

    返信する
  • 顔アイコン

    OMさんはダイソーという100円ショップで購入したようですが、
    我々も探したのですが、最近は置いていないようです。
    類似品はあるようですが・・・。

    また、別のOMさんによると、
    もっと細いステンレスワイヤをDIY店で売っていたようで、
    ステンレス線は鉄線よりさらに強いので使っているとのことでした。

    JH1LMD

    2013/3/28(木) 午前 8:12

    返信する
  • 顔アイコン

    了解です。ダイソーでしたか。ダイソーは太めのワイヤーは結構置いて
    ありますが、細いものはあまりありません。
    私もステンレス線を使って、1.9MのLWを張っておりますが、
    抵抗が大きいので、どうかと思っております。(外型0.9ミリです。)

    [ あづき ]

    2013/3/29(金) 午後 7:45

    返信する
  • 顔アイコン

    電線メーカーの技術者OBの友人が言っていましたが、
    高周波の場合は、導電率(固有抵抗)はさほど問題でない
    とのことでした。

    たとえば、八木アンテナなどでは
    アルミパイプが使われていますが、
    アルミニウムの導電率は、
    ステンレスなどより更に悪いのでは・・・。

    なおステンレスの場合、反射してステルス性能(?)が
    低下するので、何か塗っておいた方が良いとのことです。

    ちなみにステンレス線を使っているOMさんは
    重くなるので、直径0.2以下だそうです。

    JH1LMD

    2013/3/30(土) 午後 10:58

    返信する
  • 顔アイコン

    固有抵抗は高周波の場合、問題無いそうで了解いたしました。確かに晴れた日はステンレス線に太陽光が反射して、良く光っております。
    (ステルス性は無いです。)本日、ダイソーで0.28mm×30mのステンレス針金を見つけましたので、購入してきました。今度、張り替えようかと思っております。

    [ あづき ]

    2013/4/2(火) 午後 11:45

    返信する
  • 顔アイコン

    LWは長さが命で、最低使用周波数の1/2以上は欲しいと言っていました。多少折曲がっても1/2波長以上にすることが大切なようです。つまり電圧腹がワイヤ上に来るようにしないと、見かけ上のマッチングは取れても完全に輻射しないようです。
    バンドコンディションも上がってきて、少しずつ陽気も良くなってきましたので、アンテナ作業には良い時期ですね。頑張ってください。

    JH1LMD

    2013/4/3(水) 午前 0:10

    返信する
  • 顔アイコン

    エナメル線を張って一年以上経ちましたが未だに健在で良く飛んでくれます。
    アンテナの種類・給電方法等、多種多様在りますが要は
    基準アンテナのダイポールと同等分、電流分布部が空中の良所に有ればイイ訳で先端から四分の一波長のオイシイ部所をキッチリ張る事が条件です。
    その一番オイシイ所を〔短縮〕した値段の高いアンテナに比べ、価格はわずか¥95-で、張っても【見えない・バレ無い】雪も積もらない、、、アッハァハッ のアンテナ!! 一年以上 遊ばしてもらっています。
    そうそう、、、帯域ですが(共振)なんて言葉より、吸い込む!表現の方がピッタシ 3.5 7 においては数百KHz SWR計の針が1.0にてピクとも動かず、50MHzまで 手作りLC回路のパイマッチ で合わせられます。
    シャックの窓を開け、数十m離れた辺りに 釣り糸 を軽く引っ掛けられれば 即・完成、、、 アマチュア無線家は 即・実験(イタズラ心) で楽しみましょう。

    [ nuw*o*59 ]

    2014/2/27(木) 午前 10:40

    返信する
  • 顔アイコン

    手作りアンテナの大御所NUWさんにコメント頂き恐縮です。CQ誌の3月号(現在発売中)の手作りループアンテナの記事を拝見しました。
    片端を止める高い場所さえあれば、ワイヤアンテナは是非是非お勧めのアンテナですよね。

    JH1LMD

    2014/2/27(木) 午後 0:00

    返信する
  • 100W出力にも耐えられるのでしょうか?

    [ れい ]

    2015/7/7(火) 午後 7:50

    返信する
  • 顔アイコン

    > れいさん
    NUWさんの所属しているグローバル・アンテナ研究会の掲示板から質問してみてください。
    http://ja1ywi.web.fc2.com/index.html

    JH1LMD

    2015/7/8(水) 午後 2:39

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事