ここから本文です
JH1LMD
アマチュア無線の話題を中心に、昔のラジオ少年が作るブログです。

書庫全体表示

応急処置のPTT制御

本日、金曜日の夜は430MHzFMでJH1AQG/永久爺さんがコントロールして、蒲クラ会のロールコールがある。

ところがパソコンからUSB経由で、PTT制御をすることは、意外と面倒で、専用のソフトウェアをプログラミンしなければならない。

つまり、パソコンのスタンバイ操作を仮想USBポート「Standard COM Port」のRTSに伝えて、リグにスタンバイを指示しなければならない。
そのためには、Silicon Labs Dual CP210xのドライバーに命令を送るソフトウェアが必要となる。C++で組もうと、VBで組もうと、すぐには間に合うはずがない。

仮想USBポート「Standard COM Port」を使う、アマチュア無線用のソフトウェアの多くには、このルーチンが組み込まれているが、単独での存在はないのでないか?

とっさの思い付きで、MMSSTVの送信スイッチを利用することを考えた。しかし、MMSSTVは、今回変調音声に使っているスピーカー(USB Audio CODEC)」は、「ピロピロ」の送出で使っているので使えない。

イメージ 2
そこでMMTTYであれば、キーイング信号だけの出力にすれば、変調音声信号に影響を与えることはない。

JE3HHT/森OMには甚だ失礼だとは存じますが、応急処置としてMMTTYを使わせて頂くことにした。

作者の森OMもまさかこんな使われ方をするとは、思いもよらないだろうが、まずメイン・メニューで「オプション」の中から、「設定画面」を開く。設定画面の「その他」のタグを選ぶ。

イメージ 1

要するにスピーカー(USB Audio CODEC)」に、音声の「ピコピコ」信号を出さないために、「サウンド」または「サウンド+COM-TxD(FSK)」ではなく「COM-TxD(FSK)」だけを選択する。

これでスピーカー(USB Audio CODEC)」への信号は、音声のみになった。この時、RTTYのキーイング信号がFT-991に送られるが、リグ側が「RTTYモード」以外なら、キーイングされる心配もないだろう。

イメージ 3
次にMMTTYのコントロール部分の「TX」または「TXOFF」のボタンをPTT代用品として使う訳だが、MMTTYの送信には、安全策として「PTTタイマー」が備わっている。

まあ他のモードでも、送信しっぱなし(当局も経験あり)は他局に迷惑をかけるのでこの安全策は当然だろう。

しかし、RTTYの場合だったら60秒(デフォルト)でも長すぎるぐらいだが、PHONEではもう少し長くしたい。

イメージ 4
これはメインメニューの「オプション」から、「PTTタイマー」を選択すると変更ができる。

下画像の画面が出たら、自分の希望する設定時間を入力すれば良いだけだ。

当局は300(秒)に設定したが、少し長すぎたかな?

イメージ 5

何れにして、ロールコールには間に合いそうだが、プログラムの作者である、森OMには大変失礼しました。

イメージ 6

そんな訳で、移動用PCもUSB接続を使って運用可能になりました。


このPPTだけのために、新たにMMTTYをダウンロードする方には、基本的なセットアップが必要なので向きません。MMTTYでRTTYにチャレンジされる方のツイデ的な方法です。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事