ここから本文です
JH1LMD
アマチュア無線の話題を中心に、昔のラジオ少年が作るブログです。

書庫全体表示

昨夜、蒲クラ会のアイボール・ミーティング(飲み会)で、少し飲みすぎたようです。未だにアルコールが残っていますが、何とかVB.NETを使って「PTTコントロール」を作り上げました。

1.概要
  • USB端子を持ったRIGをパソコンの画面から、SSB、AM、FMなどPHONE通信のPTT制御をする。

  • 他のソフトウェアと設定を調整できるように、COMポート番号とPTT制御のコントロール指定ができるようにした。

  • またPHONEの場合、送信しっぱなしの危険があるので、連続送信の時限設定をした。

    対象OS:Windows10
出来上がったばかりで、不具合があるかもしれませんので、ご承知の上でご利用ください。

WinPTT Control(ベータ版)は下記からダウンロードが可能です。
http://yahoo.jp/box/vpGy7u(2016-03-20 23.55 修正版)

2.インストール
  • ダウンロードした「WinPTTcontrol」を解凍して、setup.exeをダブルクリックするとインストールが始まる。

  • 例によって、「発行元が確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?」と出るが「実行」押す。

  • さらに「公開元を確認できません。このアプリケーションをインストールしますか?」がでたら「インストール」ボタンを押す。

  • インストール後「ポート'COM8'は存在しません。」と来るので「続行」を押すとインストール完了。
イメージ 1
デスクトップに右画像のようなWinPTT Controlの画面が立ち上がります。

同時にショートカットのアイコンがデスクトップにできます。

まず各自のパソコンにあわせて設定をしなければ使えないので、インストールが終わったら、「Setup」のボタンを押します。

3.設定(PTTボタンがOFFのときのみ)
  • イメージ 3
    送信時には、「Setup」を禁止してある。

  • 連続送信防止のために「遮断時限設定」をアップダウンボタンを使い分単位で調整する。
    長すぎると、他局に迷惑をかけるので、最大5分以内にすることを推奨する。

  • DSCW、Ctestwin、MMTTYなどと同じポートを使う場合、他コントロールとPTT制御を統一するために、「RTS」または「DTR」を指定する。

  • スタンバイ(PTT)操作をパソコンのキーボードで行う場合の「キー指定」を行う。
    使えるキーは、Enter、Escape(ESC)、Down(↓下矢印)、F1(ファンクション1)、F12(ファンクション12)。
イメージ 2
ウィンドウと言っても、きわめてコンパクトなので他のウィンドウの邪魔にならないと思うが、とっさに押せないと困るので、常時最前面に表示されるようにしてある。

4.運用操作
  • PTTボタンの上で、マウスを左クリックすると、PTTボタンが赤になって、PTTがONになる。

  • または、PTT Switch画面をアクティブにしておいて、「キー指定」のボタンをパソコンのキーボードで入力する。

  • PTTボタン下にあるバーが10秒単位で増えていく。
    イメージ 4

  • PTTスイッチが赤い状態で、再度マウスを左クリックすると、PTTがOFFになる。

  • またはPTT Switch画面をアクティブにしておいて、ONの時に「キー指定」のボタンをパソコンのキーボードで入力するとOFFに変化する。

  • PTTボタンが赤(ON)の状態で、「遮断時限設定」で指定した時間が経過すると、自動的にPTTスイッチはOFFになる。
5.アンストール

本プログラムのアンストールは、コントロールパネルの「プログラム」→「プログラムのアンストール」で行う。
再インストールの場合も、一旦アンストールしてから、再度インストールする。

現状ベータ版ですから、あくまでご自分の責任でインストールしてください。ダウンロード配布はフリー(無料)です。

パソコンに少しでも詳しい方なら当たり前でしょうが、ひとつのUSBポート(ポート番号)を複数のプログラムで使うことは出来ませんので、同じポートで他のソフトを使うときは本プログラムを閉じてください。

逆にHamlog、Ctestwin、DSCW、MMTTYなど、他のプログラムがUSBポート(Standard Poat)にアクセスしている時は使えません。

例えば、HamlogでPTTコントロールしている場合は、競合して使えませんが、周波数やモードの取り込みだけに使っている分には、USBポートが競合しないので大丈夫だと思います。

なお不具合などがありましたらコメント欄などからご連絡頂いければ、できる範囲で対応します。

  • 顔アイコン

    WinPTTを解凍できませんでした。最後のsetup.exeが解凍に失敗しました。OSは、Windows10

    [ bea*ded**nnn*nn ]

    2016/10/22(土) 午後 3:56

    返信する
  • 顔アイコン

    お世話になります。 WinPTTControlを使用してみました。
    FT232RL-chip+FTDI-DriverのUSB-TTL変換機を使用。
    PC立ち上げ後の一回目の本ソフト立ち上げ時に、RTS/DTRが一瞬発行される現象がありますがやむ得ない事象でしょうか?
    それ以降は、正常な動作をしています。
    また、USBケーブルをつないだまま、PCを立ち上げると立ち上がる過程で、RTS/DTRが数回発行されます。
    立ち上がり後の動作には問題は有りません。
    2台のノートパソコンで本事象を確認しておりますが、これは、アプリでは無くてPC側の問題でしょうか?
    対策に苦慮しております。アドバイスを頂ければ幸いです。

    [ cx3**f ]

    2017/11/14(火) 午後 7:09

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事