ここから本文です
JH1LMD
アマチュア無線の話題を中心に、昔のラジオ少年が作るブログです。

書庫全体表示

前回、ハムが良く使うソフトウェアとUSB仮想ポートを「USB接続とポートの関係」でまとめて見たが、今回はパソコンに対して当局のリグ(FT-991)側の設定をまとめてみた。

FT-991では、「メニューモード」で、広範な設定ができる。

下表は、リグとパソコンとのやり取りで使われるメニュー内容です。パソコンに直接関係ないメニューは省略した。

またパソコンでコントロールするモードは、AM、CW、PSK、その他データ(SSTVなど)、FM、FMパケット、SSBを対象とした。

表題の「USB」の列はUSBジャックにUSBケーブルで直接接続する場合の設定で、「REAR」の列はRTTY/DATAジャックにデジタル・インターフェースなどを接続する設定です。

また表中の「−」は未使用で、「設定値」はソフトウェアの最適値をセットする。

No. メニュー名 対 象 初期値 摘  要 USB REAR
031 CAT RATE USB 4800bps ボーレート設定 4800bps
032 CAT TOT USB 10msec タイムアウトタイマー 10msec
033 CAT RTS USB ENABLE USBのパソコン監視 ENABLE
045 AM MIC SELECT AM MIC マイク入力端子 REAR REAR
046 AM OUT LEVEL AM 50 受信信号出力レベル 設定値
047 AM PTT SELECT AM DAKY PTT制御を選択 RTS DAKY
048 AM PORT SELECT AM DATA 変調信号の入力端子 USB DATA
049 AM DATA GAIN AM 50 変調信号入力レベル 設定値
054 CW OUT LEVEL CW 50 受信信号出力レベル 設定値
055 CW AUTO MODE CW OFF SSBモードでのCW OFF OFF
060 PC KEYING CW OFF PCからのキーイング DTR DAKY
062 DATA MODE DATA PSK 通信モード(SSTVなど) OTHERS OTHERS
通信モード(PSK) PSK PSK
070 DATA IN SELECT DATA REAR DATA入力端子 REAR
071 DATA PTT SELECT DATA DAKY PTT制御を選択 RTS DAKY
072 DATA PORT SELECT DATA DATA 変調信号の入力端子 USB DATA
073 DATA OUT LEVEL DATA 50 受信信号出力レベル 設定値
074 FM MIC SELECT FM MIC マイク入力端子 REAR REAR
075 FM OUT LEVEL FM 50 受信信号出力レベル 設定値
076 FM PKT PTT SELECT FM DAKY PTT制御を選択 RTS DAKY
FM PKT DAKY
077 FM PKT PORT SELECT FM PKT DATA 変調信号の入力端子 USB DATA
078 FM PKT TX GAIN FM PKT 50 変調信号出力レベル 設定値 設定値
079 FM PKT MODE FM PKT 1200 ボーレートを設定 1200 1200
098 RTTY SHIFT PORT RTTY SHIFT SHIFT入力端子 DTR SHIFT
101 RTTY OUT LEVEL RTTY 50 受信信号出力レベル 設定値
108 SSB MIC SELECT SSB MIC マイク入力端子 REAR REAR
109 SSB OUT LEVEL SSB 50 受信信号出力レベル 設定値
110 SSB PTT SELECT SSB DAKY PTT制御を選択 RTS DAKY
111 SSB PORT SELECT SSB DATA 変調信号の入力端子 USB DATA

031、032、033はUSB(Enhanced Port)で、リグの周波数やモードを読取る設定に対応させる。
Hamlogのリグ接続設定、Ctestwinのリグコントロール、MMTTYなどMM系のRadio Commandの通信設定です。

以下は、各モードでの、入力端子の選択、PTT制御、変調またはエンコード信号のリグへの入力レベル、検波信号のリグからの出力レベルを個別に設定できます。

この表を見直すと、USB接続では、パソコン内部の「USB Audio CODEC」が使われるので、リグ側で入出力レベルの調整は出来ないようだ。
前述のパソコンのマイクまたはスピーカ・プロパティで調整する必要があるのだろう。

CWRTTYではPTT制御の設定項目がないが、「060 PC KEYING」及び「098 RTTY SHIFT PORT」を設定することで、同じ接続が選択されているようだ。

データ・モードは、PSKとSSTVなどが「062 DATA MODE」で切替えられるため、両モードを違う入力ジャックで使う場合は、都度設定が必要になる。

また、FM音声のFMパケット(PKT)の場合も「076 FM PKT PTT SELECT」で同時に切り替えられるため、違う入力ジャックで使う場合は、同様にその都度設定が必要になる。

以上は当局が現状で試した結果で、ファームウェアの更新などで変わる場合も考えられるので、くれぐれもご注意ください。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事