ここから本文です
JH1LMD
アマチュア無線の話題を中心に、昔のラジオ少年が作るブログです。

書庫全体表示

FTDX-3000でDSCW

今回、ご質問を頂いたので、DSCWをUSBで接続する方法を調べた。

1対1のUSBケーブルで、CWキーイングをRigに送出し、Rigから受信信号を受ける。但し、USB機能が備わっていないRigは、従前通り「デジタル・インターフェース」が必要になる。

まず準備段階として、使用するパソコンに仮想COMポートドライバーをインストールする。インストールの手順が不安だったら、マニュアル、ガイドで確認しておきます。
最も重要なことは、ドライバーをインストール前にUSBケーブルをつながないこと!

ヤエスのドライバー(FTDX3000、FT-991A、FT-991、FT-891)
ヤエス(インストールマニュアル)

アイコムのドライバー(IC-7100/IC-7200/IC-7300/IC-7410/IC-7600/IC-7850/IC-7851/IC-9100)
アイコム(USBドライバーインストールガイド)

イメージ 1


次にパソコンとRigをUSBケーブルでつないで、RigをONにしてパソコンがポートを認識するか?・・・をディバイス・マネージャーで調べる。

デバイス・マネージャーの場所が解らなかったら、以下の順で検索。
「コントロールパネル」⇒「ハードウェアとサウンド」⇒「デバイスとプリンター」⇒「デバイスマネージャー」

デバイスマネージャーの一覧から、「ポート(COMとLPT)」の左端「>」マークをクリックして、ポートを確認する。

イメージ 2

これがヤエスの仮想COMポートで、「・・・Enhanced COM Port」と「・・・Standard COM Port」がRigとの接続を表します。アイコムも似たような表示になる。正常につながっていない場合は、このポートが表示されない。

末尾の(COM6)、(COM7)は、パソコンに使われているUSBによってCOM番号はそれぞれ異なる。ここで重要なことは、後の設定で使うので番号をメモっておく。

次に同じデバイスマネージャーの中から、「オーディオの入力および出力」の項目を選ぶ。

イメージ 3

ここで「スピーカー(?-USB Audio CODEC)」と「マイク(?-USB Audio CODEC)」が表示されていれば、Rigとパソコンのオーディオがつながっていることになった。

下表は、各種ハム用ソフトとCOM Port、USB Audio CODECの関係をまとめてある。


今回使うDigital Sound CWはパソコンで発生させたCWキーイングをCOM Standardに入れて、Rigの受信信号をUSB Audio CODECのマイクで拾う訳なので、他のポートは使わない。


ここまで準備ができたところで、パソコンJA3CLM局のにDigital Sound CWをインストールする。

アマチュア無線家向けモールス信号の送・受信フリーソフト
使い方は、「導入編」を参照

普通は「DSCW」バージョンで良いでしょう。当局はVer1から使っていますが、すでにVer13になっていました。

また、インストール後に「mfc120u.dllが見つからないため、このアプリを開始できません」と表示されたら、下記マイクロソフトの「Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ」から「vcredist_x86.exe 6.2MB」をダウンロードします。

DSCWのダウンロードが済んだら、インストールします。自動でインストールすると「Program File(x86)」⇒「JA3CLM」のフォルダーが作成されます。
イメージ 4

早速、起動して、初期設定を行います。何はともあれ「信号入力」メニューを指定します。右、左のどちらでも良いでしょうが、「左」に指定します。

イメージ 5

更にウィンドウの下側にある「Sound Device」を指定。ここでは現在つながっているデバイスが表示されるので、Rigがつながっていれば、デバイスマネージャーで確認した「マイク(?-USB Audio CODEC)」が出てくる。

イメージ 6

次に重要な設定は、「初期設定」メニューの中から「COM設定」です。
デバイスマネージャーの「・・・Standard COM Port」にあったポート番号を選択する。

イメージ 7

また「Key Control設定」で、「RTS」または「DTR」のいずれかを指定する。これは、Rig側の設定に依存するので要注意。

FTDX-3000の場合、メニューモードで以下の指定が必要です。

065 MODE CW PC KEYING
OFF PACKET端子 PTT(Pin3)でキーイング(工場設定値)
DTR USB端子の仮想COM、DTRポートでのキーイング
RTS USB端子の仮想COM、RTSポートでのキーイング

ここを「DTR」に設定すると、「USB端子の仮想COM、DTRポートでのキーイング」になり、「Key Control設定」が「DTR」で一致する。

イメージ 8

ここまで済んだところで、「ファイル」メニューの「名前を付けて保存」で記録しておく。
次回からDSCWを立ち上げる時は、この設定ファイルを読み込む。

イメージ 9

USBの入力レベルを調整する場合は「コントロールパネル」⇒「ハードウェアとサウンド」⇒「オーディオデバイスの管理」でデバイスを選んで調整が出来ます。

その他、具体的な使い方、便利なマクロのなどは、「Digital Sound CW」をご覧ください。



(2017-01-29追記)
USBによる音声調整で「オーディオデバイスの管理」を使う方法は、以下の通りです。

イメージ 10

サウンドウィンドウは現在使用可能なデバイスが表示されます。マイク入力は「録音タグを選択し、「マイク USB Audio CODECを選択。ここで右クリックして「プロパティ(P)」でプロパティ・ウィンドウを開く。

イメージ 11

マイクのプロパティでは、「レベルタグを選び、「マイクのスライドバーで音量を調整します。結果を「適用」または「OKで決定します。

  • 顔アイコン

    ご無沙汰しています。本年もよろしくお願いいたします。(^^)
    FTDX-3000とDSCWの組み合わせ、私も行っています。
    送信につきましては全く問題がございません。しかし受信には問題が有ります。FTDX-3000からのUSBによるオーディオ出力がオーバーオード気味です。この為デコードがうまくいかない場合が多々あります。自分ん御耳でカバーすれば問題なのですが、DSCWだけに頼るとパニックに陥ります。(^^;)
    そこでSCU-17を使用してDSCWと接続できないかを試す予定でいます。SCU-17は送受にボリュームが付いていますので入出力をコントロールできます。
    確認できましたらブログでご報告いたします。

    [ JG1ULT ]

    2017/1/28(土) 午後 9:38

    返信する
  • 顔アイコン

    > JG1ULTさん
    当局の場合、USB経由の音量レベル調整は、パソコンの「サウンド」プロパティから、追加画像にように行っています。
    ご参考までに・・・。

    JH1LMD

    2017/1/29(日) 午後 2:01

    返信する
  • 再度お邪魔します。
    このレベル調整では私のところではNGでした。(^_^;)
    機種(パソコン側)が有るかもしれませんね。

    [ JG1ULT ]

    2017/1/29(日) 午後 6:40

    返信する
  • 顔アイコン

    > JG1ULTさん
    そうですか、了解しました。

    JH1LMD

    2017/1/30(月) 午前 10:12

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事