ここから本文です
JH1LMD
アマチュア無線の話題を中心に、昔のラジオ少年が作るブログです。

書庫軽モービル・シャック

記事検索
検索

全1ページ

[1]

モービル・リグの固定

最近のモービル用リグは、本体とコントロール部分が分離できるタイプが多いので、コントロール部分を何処にどのように取り付けるか・・・を考えていました。

イメージ 1  イメージ 2

ふと目に付いたのが、何処にでもあるATX規格のタワー型PCのメクラパネルでした。これをダッシュボードのトレイに差し込んでみるとジャスト・サイズでした。

左写真の奥は鉄製で手前がプラスチック製です。鉄製の方が前面が平坦なので良さそうですが、ダッシュボードに差し込むツメの加工が難しそうです。当局は加工の楽そうなプラスチック製を使うことにしました。

右写真のようにパネルの裏側にツメが出ていて、当局のダッシュボードのトレイにピッタリ入りました。

イメージ 3
コントロール部分の取付け用金具があるようですが、入手したTM-833は金具がなかったので、PC用メクラパネルに直接ビス止めしました。

附属ビスだけでもあると良かったのですが、ないためにネジ探しに時間がかかりました。

日本製なのでネジはM2.6だと思い込んでいたが、UNC規格の#4ビスが入りました。

ダッシュボード内を配線すれば、美観的には良いのだろうが、面倒なのでメクラパネルにケーブルを挟む切欠きを入れてあります。

これをトレイに差し込んで走行していると、振動でポロリと落ちてしまいます。そこで爪をキャッチするデッパリが必要なことが解りました。

イメージ 4
キャッチ・パーツは、左写真のように厚さ1mmのプラ板があったので、ハサミで切って、仕上げはヤスリでアジャストしました。

実際に切り欠いた寸法は微妙で、メクラパネルのツメにガタが出ないようにするには、そこそこ苦労しました。

ウレタン系ではなく、普通のプラスチック材(多分ABS)なので、加工も楽でプラスチック用接着剤で簡単に止まりそうです。

ダッシュボードのトレイの側面に接着剤でキャッチを固定しますが、当局はボンドアロンアルファ・ハイスピードEXという瞬間接着剤を使用しました。

イメージ 5
この時、キャッチのくぼみの寸法がメクラパネルのツメに合わないとガタになったり、逆にツメが掛からなくなってしまいます。
トレイ下部にストッパーがあったので、ここをガイドにして位置決めをしました。

あまり見栄えは良くないですが、接着材が完全に乾いてから、ヤスリとサンドペーパーで目立たないように仕上げます。

写真はアップで撮影したのでチョット目立っていますが、実際にはほとんど気になりませんでした。

イメージ 6

コントロール・パネルを取り付けてみると中々の出来栄え(自画自賛)でした。メクラパネルのツメが、手作りキャッチにパチンと固定されて、落下することもありません。

この位置にした最大の理由は、運転席だけでなく助手席からも操作可能である点でした。それにしてもセパレート型リグは便利です。

イメージ 7
マイクは延長コードを使ってハンドル右側にコネクタをビス止めしました。

運転操作の邪魔にならずに、反射的に握れる位置として考えました。

また運転中の安全面から、ハンズフリーにすることも考慮してコネクタの位置を決めましたが、まだ一考察あるかも知れません。

ところで、本体を設置する位置は、助手席の椅子の下とか、ダッシュボード下の足元が多いと聞いています。また乗用車の場合は、トランクルームも良いでしょうが、当局のようなバンの場合に置く場所に困ります。

イメージ 8

散々考えた挙句に、運転席側のセンタピラーに取り付けてしまいました。荷室に置くと荷物の積み下ろしで邪魔になることもあったが、最大の理由は、本体に付いているスピーカーが耳元にくる点と、アンテナケーブルを出来るだけ短くしたかったからです。

一瞬迷いはあったがプラスチック製内装材に穴をあけて、ボードアンカーで固定しました。本体はフルパワーでは結構発熱しますので、ヒートシンクが上にくるように取り付けました。

実際に運用してみると運用上の問題はないうようで、耳元からクリアな音が聞こえるので気に入っています。
側面衝突の事故で、頭がリグにあたる心配がありましたが、運転席に乗った感じでは、大丈夫???かな・・・座高が低いので・・。

実は今回のモービルシャックの設置には別の理由があって、その実験のためにセットしました。その話は、次回・・・。


(2014-05-04追記)
何時ものことだが、当局はマニュアルを読まないことが多い。TM-833の取扱説明書の「保守・参考編」にコントロール・パネルの固定ネジが載っていました。

当局の書いたUNC#4は間違いで正確には3x6mmのタップタイトネジだそうです。
穴の中にすでにネジ山が切ってあったので、普通のネジだと思い込んでいたが、タッピングネジとは、思いませんでした。
タップタイトネジとは、普通のセルフタップネジと同じようなものですが、ネジの断面が丸ではなく、オニギリ型になっていて、タップが切れやすくなっているようです。詳しくはメーカーのサイトをご覧ください。

どのみち、タップタイトは手軽に入手できるのもではないので、「止まれば良い」と云うことでネジ山のピッチが近かったUNC#4で良かったのかもしれません。


バッテリーはどこだ?

当局は、主に仕事でスズキ・エブリイに乗っているが、バッテリーの場所もわからなかった。この車種は年式によってバッテリーの位置が変わっているようで、Webで検索しても正確な場所が不明なのだ。

イメージ 1
色々書かれている、助手席の下、後部座席の下などを調べたが見当たらない。平成19年(2007年)製の型式「EBD-DA64V」は写真の赤四角で表示した場所にバッテリーがありました。

また床に敷かれているシートは、荷台後部の4つのホックを外すこと、シートが開けられて、バッテリーまでたどり着くことが解りました。

そもそもバッテリー直結は、火災などの危険があるのに何故こだわるか?・・・ですが、大きな理由は2つあります。

1.配線によるドロップアウトを極力避ける。
2.イグニッションなどとの共通アースを避ける。

車内を引きまわした電線が長くなれば電圧低下もあるし、中には細い電線を使っている部分もある。自動車は車両重量が大きなテーマなので、一般的に余分な太さの電線は使われていない。
取付けるTM-833は35W機で定格電流が10A前後であるが、HF機を使うと50W出力で20A以上は流れることになる。

また当局の過去の経験で明らかにノイズレベルが違ったので、リグ単独でアース回路をバッテリー(電源)のマイナスにつなぐ。オーディオや高周波増幅回路などでも「1点アース」が原則だが、これはアースを共用しないためですね。

イメージ 2  イメージ 3

今回は大きな電流を流しても安全なように、5.5sqの平行ビニール線(VFF)を使用しました。ビニール被覆だけでは怖い上に、配線の固定も考えてスパイラル・チューブを巻きました。

ちなみに平行ビニール線の許容電流は、以下の通りです。温度や束線数などの使用条件によっても大きく異なるので、一応の目安と考えてください。

公称断面積 仕上外径 許容電流
0.5 m㎡ 2.5 X 5.0 mm 5 A
0.75 m㎡ 2.7 X 5.4 mm 7 A
1.25 m㎡ 3.1 X 6.2 mm 12 A
2.0 m㎡ 3.4 X 6.8 mm 17 A
3.5 m㎡ 4.1 X 8.2 mm 23 A
5.5 m㎡ 5.1 X 10.2 mm 35 A
8.0 m㎡ 6.1 X 12.2 mm 48 A

バッテリーの直近にヒューズを置くのが定石ですが、今回はバッテリーまでたどり着くのに手間がかかるために、後部座席(荷台にもなる)の下にある工具等の収納部分にヒューズホルダーを取り付けました。
後部ドアを開けて、覗き込めばヒューズの点検と交換が簡単にできます。

イメージ 4  イメージ 5

収納の内部には、20年以上前のアドニス電機のMFL-30というオルタネート・ノイズ・フィルターを入れました。これは発電機(オルタネータ)から発生する「ヒューヒュー」という、送信時にマイクに乗るノイズを除去するのに効果があります。

現在も同じ型番で売っているようですが、現行品はチョーク・コイルだけでなくコンデンサも入っているようです。

さて、次はリグを固定します。

最初のモービル運用

昭和43年(1968)にポンコツのセドリック・パーソナル6という車を会社の先輩から頂いて、これにリグとアンテナを積んで走ったのがモービル運用の始まりだったと思う。50MHzAMだったと思うが、当時のリグもアンテナも思い出せない。

昭和46年(1971)に、出始めたばかりの日本
イメージ 1
電業製ライナー6を入手して、50MhzSSBで運用したのは良く憶えている。

50MHzでのモービル運用は、ノイズとの戦いで、特に振幅変調はイグニッション・ノイズの影響を激しく受けるので、当時普及を始めていた2mFM機への買換えを考えた。

そんな折に、日本電業からライナー2という2mSSBが発売された。「2mはノイズが少ない」と言う話しで、使い始めたのが昭和47年(1972)だったと思う。

右写真は、Liner2の当時のカタログで、物持ちの良い友人が保管していたものです。

この10Wに2段コリニアで、都内を走行しながら2/7/0エリアとは良くつながりました。

確かに6mと比較してノイズは軽減したが、走行しながら運用するとノイズが気になる。当時○視庁に勤務していたOMさんから、「パトカーのボンディングは170ヶ所以上やっている」と伺って、早速モービルのアース・ボンディングを始めた。

ボンネット、前後左右のドア、トランク扉だけボディーにボンディングしただけで、イグニッションノイズはかなり減った。しかし当時、数回のボーナスをはたいて買ったばかりの新車に編組線をつなぐのだから、周囲からはキチガイ沙汰。

その後、欧州車や米車のジープなどにも2mSSB機を積んで走っていたが、ドイツ車のボンディングは、特に優れていたように記憶している。

現在は、商用で軽のライトバン(スズキ・エブリイ)に乗っているが、430MHzFMハンディ機(IC-3N)を積んでローカルQSOする程度だ。

ところが、このハンディ機が具合悪くなったので、本格的にモービル・シャックを再開しようと考えました。
・・・と云ってもローカルQSO、地方に友人を訪ねる際の連絡用として、取りあえず430MHzFMが目的です。

幸いローカル局から、安く譲っていただいたTM-833(430/1200FM)をガッチリ固定することから始めます。最近のモービル機は、コントロール・パネルが分離するセパレート型で、本体は椅子の下やトランクなどに入れられるようです。

すでにセパレート・ケーブルとマイクの延長ケーブルは買い揃えてあります。過去の経験から、何と言っても電源線の引き回しが一番でしょう。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事