ここから本文です
JH1LMD
アマチュア無線の話題を中心に、昔のラジオ少年が作るブログです。

書庫PCとリグのUSB接続

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

FTDX-3000でDSCW

今回、ご質問を頂いたので、DSCWをUSBで接続する方法を調べた。

1対1のUSBケーブルで、CWキーイングをRigに送出し、Rigから受信信号を受ける。但し、USB機能が備わっていないRigは、従前通り「デジタル・インターフェース」が必要になる。

まず準備段階として、使用するパソコンに仮想COMポートドライバーをインストールする。インストールの手順が不安だったら、マニュアル、ガイドで確認しておきます。
最も重要なことは、ドライバーをインストール前にUSBケーブルをつながないこと!

ヤエスのドライバー(FTDX3000、FT-991A、FT-991、FT-891)
ヤエス(インストールマニュアル)

アイコムのドライバー(IC-7100/IC-7200/IC-7300/IC-7410/IC-7600/IC-7850/IC-7851/IC-9100)
アイコム(USBドライバーインストールガイド)

イメージ 1


次にパソコンとRigをUSBケーブルでつないで、RigをONにしてパソコンがポートを認識するか?・・・をディバイス・マネージャーで調べる。

デバイス・マネージャーの場所が解らなかったら、以下の順で検索。
「コントロールパネル」⇒「ハードウェアとサウンド」⇒「デバイスとプリンター」⇒「デバイスマネージャー」

デバイスマネージャーの一覧から、「ポート(COMとLPT)」の左端「>」マークをクリックして、ポートを確認する。

イメージ 2

これがヤエスの仮想COMポートで、「・・・Enhanced COM Port」と「・・・Standard COM Port」がRigとの接続を表します。アイコムも似たような表示になる。正常につながっていない場合は、このポートが表示されない。

末尾の(COM6)、(COM7)は、パソコンに使われているUSBによってCOM番号はそれぞれ異なる。ここで重要なことは、後の設定で使うので番号をメモっておく。

次に同じデバイスマネージャーの中から、「オーディオの入力および出力」の項目を選ぶ。

イメージ 3

ここで「スピーカー(?-USB Audio CODEC)」と「マイク(?-USB Audio CODEC)」が表示されていれば、Rigとパソコンのオーディオがつながっていることになった。

下表は、各種ハム用ソフトとCOM Port、USB Audio CODECの関係をまとめてある。


今回使うDigital Sound CWはパソコンで発生させたCWキーイングをCOM Standardに入れて、Rigの受信信号をUSB Audio CODECのマイクで拾う訳なので、他のポートは使わない。


ここまで準備ができたところで、パソコンJA3CLM局のにDigital Sound CWをインストールする。

アマチュア無線家向けモールス信号の送・受信フリーソフト
使い方は、「導入編」を参照

普通は「DSCW」バージョンで良いでしょう。当局はVer1から使っていますが、すでにVer13になっていました。

また、インストール後に「mfc120u.dllが見つからないため、このアプリを開始できません」と表示されたら、下記マイクロソフトの「Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ」から「vcredist_x86.exe 6.2MB」をダウンロードします。

DSCWのダウンロードが済んだら、インストールします。自動でインストールすると「Program File(x86)」⇒「JA3CLM」のフォルダーが作成されます。
イメージ 4

早速、起動して、初期設定を行います。何はともあれ「信号入力」メニューを指定します。右、左のどちらでも良いでしょうが、「左」に指定します。

イメージ 5

更にウィンドウの下側にある「Sound Device」を指定。ここでは現在つながっているデバイスが表示されるので、Rigがつながっていれば、デバイスマネージャーで確認した「マイク(?-USB Audio CODEC)」が出てくる。

イメージ 6

次に重要な設定は、「初期設定」メニューの中から「COM設定」です。
デバイスマネージャーの「・・・Standard COM Port」にあったポート番号を選択する。

イメージ 7

また「Key Control設定」で、「RTS」または「DTR」のいずれかを指定する。これは、Rig側の設定に依存するので要注意。

FTDX-3000の場合、メニューモードで以下の指定が必要です。

065 MODE CW PC KEYING
OFF PACKET端子 PTT(Pin3)でキーイング(工場設定値)
DTR USB端子の仮想COM、DTRポートでのキーイング
RTS USB端子の仮想COM、RTSポートでのキーイング

ここを「DTR」に設定すると、「USB端子の仮想COM、DTRポートでのキーイング」になり、「Key Control設定」が「DTR」で一致する。

イメージ 8

ここまで済んだところで、「ファイル」メニューの「名前を付けて保存」で記録しておく。
次回からDSCWを立ち上げる時は、この設定ファイルを読み込む。

イメージ 9

USBの入力レベルを調整する場合は「コントロールパネル」⇒「ハードウェアとサウンド」⇒「オーディオデバイスの管理」でデバイスを選んで調整が出来ます。

その他、具体的な使い方、便利なマクロのなどは、「Digital Sound CW」をご覧ください。



(2017-01-29追記)
USBによる音声調整で「オーディオデバイスの管理」を使う方法は、以下の通りです。

イメージ 10

サウンドウィンドウは現在使用可能なデバイスが表示されます。マイク入力は「録音タグを選択し、「マイク USB Audio CODECを選択。ここで右クリックして「プロパティ(P)」でプロパティ・ウィンドウを開く。

イメージ 11

マイクのプロパティでは、「レベルタグを選び、「マイクのスライドバーで音量を調整します。結果を「適用」または「OKで決定します。

前回、ハムが良く使うソフトウェアとUSB仮想ポートを「USB接続とポートの関係」でまとめて見たが、今回はパソコンに対して当局のリグ(FT-991)側の設定をまとめてみた。

FT-991では、「メニューモード」で、広範な設定ができる。

下表は、リグとパソコンとのやり取りで使われるメニュー内容です。パソコンに直接関係ないメニューは省略した。

またパソコンでコントロールするモードは、AM、CW、PSK、その他データ(SSTVなど)、FM、FMパケット、SSBを対象とした。

表題の「USB」の列はUSBジャックにUSBケーブルで直接接続する場合の設定で、「REAR」の列はRTTY/DATAジャックにデジタル・インターフェースなどを接続する設定です。

また表中の「−」は未使用で、「設定値」はソフトウェアの最適値をセットする。

No. メニュー名 対 象 初期値 摘  要 USB REAR
031 CAT RATE USB 4800bps ボーレート設定 4800bps
032 CAT TOT USB 10msec タイムアウトタイマー 10msec
033 CAT RTS USB ENABLE USBのパソコン監視 ENABLE
045 AM MIC SELECT AM MIC マイク入力端子 REAR REAR
046 AM OUT LEVEL AM 50 受信信号出力レベル 設定値
047 AM PTT SELECT AM DAKY PTT制御を選択 RTS DAKY
048 AM PORT SELECT AM DATA 変調信号の入力端子 USB DATA
049 AM DATA GAIN AM 50 変調信号入力レベル 設定値
054 CW OUT LEVEL CW 50 受信信号出力レベル 設定値
055 CW AUTO MODE CW OFF SSBモードでのCW OFF OFF
060 PC KEYING CW OFF PCからのキーイング DTR DAKY
062 DATA MODE DATA PSK 通信モード(SSTVなど) OTHERS OTHERS
通信モード(PSK) PSK PSK
070 DATA IN SELECT DATA REAR DATA入力端子 REAR
071 DATA PTT SELECT DATA DAKY PTT制御を選択 RTS DAKY
072 DATA PORT SELECT DATA DATA 変調信号の入力端子 USB DATA
073 DATA OUT LEVEL DATA 50 受信信号出力レベル 設定値
074 FM MIC SELECT FM MIC マイク入力端子 REAR REAR
075 FM OUT LEVEL FM 50 受信信号出力レベル 設定値
076 FM PKT PTT SELECT FM DAKY PTT制御を選択 RTS DAKY
FM PKT DAKY
077 FM PKT PORT SELECT FM PKT DATA 変調信号の入力端子 USB DATA
078 FM PKT TX GAIN FM PKT 50 変調信号出力レベル 設定値 設定値
079 FM PKT MODE FM PKT 1200 ボーレートを設定 1200 1200
098 RTTY SHIFT PORT RTTY SHIFT SHIFT入力端子 DTR SHIFT
101 RTTY OUT LEVEL RTTY 50 受信信号出力レベル 設定値
108 SSB MIC SELECT SSB MIC マイク入力端子 REAR REAR
109 SSB OUT LEVEL SSB 50 受信信号出力レベル 設定値
110 SSB PTT SELECT SSB DAKY PTT制御を選択 RTS DAKY
111 SSB PORT SELECT SSB DATA 変調信号の入力端子 USB DATA

031、032、033はUSB(Enhanced Port)で、リグの周波数やモードを読取る設定に対応させる。
Hamlogのリグ接続設定、Ctestwinのリグコントロール、MMTTYなどMM系のRadio Commandの通信設定です。

以下は、各モードでの、入力端子の選択、PTT制御、変調またはエンコード信号のリグへの入力レベル、検波信号のリグからの出力レベルを個別に設定できます。

この表を見直すと、USB接続では、パソコン内部の「USB Audio CODEC」が使われるので、リグ側で入出力レベルの調整は出来ないようだ。
前述のパソコンのマイクまたはスピーカ・プロパティで調整する必要があるのだろう。

CWRTTYではPTT制御の設定項目がないが、「060 PC KEYING」及び「098 RTTY SHIFT PORT」を設定することで、同じ接続が選択されているようだ。

データ・モードは、PSKとSSTVなどが「062 DATA MODE」で切替えられるため、両モードを違う入力ジャックで使う場合は、都度設定が必要になる。

また、FM音声のFMパケット(PKT)の場合も「076 FM PKT PTT SELECT」で同時に切り替えられるため、違う入力ジャックで使う場合は、同様にその都度設定が必要になる。

以上は当局が現状で試した結果で、ファームウェアの更新などで変わる場合も考えられるので、くれぐれもご注意ください。

USB接続とポートの関係

リグとパソコンをつないで、Turbo Hamlog、Ctestwin、Digital Sound CW(DSCW)、MMTTY、MMSSTV、MMVARIを立ち上げる場合にトラブルになった時、ほとんどの要因は「ポートの競合」だろう。基本的に先に「使ったもの勝ち」となる。

そこで各ソフトウェアとポート、サウンドボードまたはUSB Audio CODECの関係を、改めて表形式で整理してみました。

前にも申し上げた通り、リグとパソコンをUSBでつなぐことは、RS-232Cなどの通信とは異なって、あくまで仮想のポートなので気を付けなければならない。

リグをUSBでつないだ時に、ディバイス・マネージャのCOMポートには、1台あたり2個のポートが形成される。
無線機のメーカーによって表示のされ方は異なるようだが、ヤエスの場合「Standard」と「Enhanced」になる。

イメージ 1

Turbo Hamlogは、リグから周波数とモードを取得することが必要なので、COM PortのEnhanced(拡張ポート)を使う。その他のポートは、他のソフトで使用することができる。
しかしCQマシーンの機能を使う場合は、USB Audio CODECまたはサウンドボードにつながったマイクと、リグに送り出すスピーカーを使います。
更にCQマシーンでPTT制御を設定するとCOM PortのStandard(標準ポート)を使うことになり、他のソフトを同時に使用することは出来なくなります。

Ctestwinは、CWのキーイング、PTT制御でCOM PortのStandard(標準ポート)を使う。
Ctestwinでリグコントロール(周波数とモードの読取り)をセットした場合、ハムログと同じCOM PortのEnhanced(拡張ポート)を使うので、他のソフトとの同時使用はできない。
更に「録音」機能を使う場合は、USB Audio CODECまたはサウンドボードのスピーカーとマイクが使われる。
最新のCtestwinには、MMTTYとMMVARIのモジュールが組み込まれているので、競合と言おうか、有り難いことにソフト上で切り替えているようで、同時使用ができるのも魅力でしょう。

Digital Sound CW(DSCW)は、特に高度な信号処理にプログラムを費やしている分、入出力は極めてシンプルだ。
使っているポートはCOM PortのStandard(標準ポート)だけCWを送出し、USB Audio CODECまたはサウンドボードにつながったマイク入力でCW解読を行っている。
Turbo Hamlogとの連動も、ハムログ側でCQマシーン、PTT制御を使ってなければ、同時使用ができる。

MMTTYは、USB(仮想)ポートを使う場合には、何度も申し上げている通りEXTFSKのパッチが必須だが、FSK(リグを直接キーイングする方式)か、AFSK(SSBなどに変調をかける方式)によって設定は異なる。
FSKの場合、COM PortのStandard(標準ポート)でキーイング信号とPTT制御信号をリグに送る。受信はUSB Audio CODECまたはサウンドボードにつながったマイク入力から入力された音声信号をデコード(RTTY解析)している。
一方AFSKでは、COM PortのStandard(標準ポート)でPTT制御を行うほかには、ポートは使わない。
USB Audio CODECまたはサウンドボードにつながったスピーカー出力の音声でリグに変調をかけている。
もう一つは、Radio Commandを設定した場合に、COM PortのEnhanced(拡張ポート)で周波数、モードを取込むことがでいるが、Hamlogが先に起動していると、競合のためにポート・エラーが発生する。

MMSSTVMMVARIは、MMTTYのAFSK方式とポートなどの使われ方は一緒です。
またRadio Commandも同じような使われ方をするので、他のソフトとの同時使用は出来ないと思っておけば、間違いないでしょう。

当局が作ったWinPTTも同様に、COM PortのStandard(標準ポート)でPTT制御を行っているので、ハムログ以外のソフトとは同時使用できません。

各ソフトウェアの設定で、ポートを競合させなければ、普通に使えるので、自分の運用にあわせて設定することが、ポートエラーを少なくする秘訣でしょうか。

また仮想ポートは、他の専用USB機器の比べて立場が弱い?・・ので、USB接続に変化があると動かなくなることもあるようです。
まず「ディバイス・マネージャ」で、ポートの確認をすると良いと思います。


何のためのPTT制御か?

前回、パソコンでPTT制御するソフト「WinPTT」を作ったが、OMさんから「何のためか?」というご意見を頂いた。

確かに、リグからPTT制御をDATA端子などから取り出して、スイッチを使ってハード処理すれば済むことだ。

当局のこだわりはこの点にあって、移動などでリグとパソコンをUSBケーブル1本だけで、PHONEまで運用できるようにしたかった為です。

運用システムの構成は下画像のようになり、CW、RTTY、PSK、SSTV、SSB、AM、FMをパソコン上のソフトを切替えるだけで可能にすることを目的としています。

イメージ 1
各モードのソフトとロギングソフトをインストールしておけば、リグ側のモード選択と、ソフトウェアの切替えだけで運用が可能になるでしょう。

DSCW (Didital Sound CW)+Hamlogの組み合わせは秀逸ですが、CW、RTTY、PSKでは、CtestwinにはオリジナルのCWマクロ、MMTTY、MMVARIのモジュールが内蔵していいるので、単独ソフトで運用することもできます。

しかしSSB、AM、FMなどのフォンになると、メーカー製以外にパソコン連動の運用ソフトがない。
更にメーカー製ソフトで汎用性を望むべくもないが、リモートソフトは規模が大きいのでパソコンに結構な負担をかけるようだ。

パソコンにつないだマイクをUSB経由で変調をかけるところまできたが、PTT制御をどうするか?・・・の課題が残った訳です。

やむなくDSCW、MMTTYなどと同じ土俵(スタンダードポートを使っている意味)で、PHONEを運用するために「WinPTT」を作った次第です。

Tubo Hamlogで、CQマシーンの機能で「PTT連動」を使う場合は、同じポートを使うので「WinPTT」は同時に使えません。

このソフトはホームでの運用より、移動運用に様々なモードを使うことで、威力を発揮すると思います。

昨夜、蒲クラ会のアイボール・ミーティング(飲み会)で、少し飲みすぎたようです。未だにアルコールが残っていますが、何とかVB.NETを使って「PTTコントロール」を作り上げました。

1.概要
  • USB端子を持ったRIGをパソコンの画面から、SSB、AM、FMなどPHONE通信のPTT制御をする。

  • 他のソフトウェアと設定を調整できるように、COMポート番号とPTT制御のコントロール指定ができるようにした。

  • またPHONEの場合、送信しっぱなしの危険があるので、連続送信の時限設定をした。

    対象OS:Windows10
出来上がったばかりで、不具合があるかもしれませんので、ご承知の上でご利用ください。

WinPTT Control(ベータ版)は下記からダウンロードが可能です。
http://yahoo.jp/box/vpGy7u(2016-03-20 23.55 修正版)

2.インストール
  • ダウンロードした「WinPTTcontrol」を解凍して、setup.exeをダブルクリックするとインストールが始まる。

  • 例によって、「発行元が確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?」と出るが「実行」押す。

  • さらに「公開元を確認できません。このアプリケーションをインストールしますか?」がでたら「インストール」ボタンを押す。

  • インストール後「ポート'COM8'は存在しません。」と来るので「続行」を押すとインストール完了。
イメージ 1
デスクトップに右画像のようなWinPTT Controlの画面が立ち上がります。

同時にショートカットのアイコンがデスクトップにできます。

まず各自のパソコンにあわせて設定をしなければ使えないので、インストールが終わったら、「Setup」のボタンを押します。

3.設定(PTTボタンがOFFのときのみ)
  • イメージ 3
    送信時には、「Setup」を禁止してある。

  • 連続送信防止のために「遮断時限設定」をアップダウンボタンを使い分単位で調整する。
    長すぎると、他局に迷惑をかけるので、最大5分以内にすることを推奨する。

  • DSCW、Ctestwin、MMTTYなどと同じポートを使う場合、他コントロールとPTT制御を統一するために、「RTS」または「DTR」を指定する。

  • スタンバイ(PTT)操作をパソコンのキーボードで行う場合の「キー指定」を行う。
    使えるキーは、Enter、Escape(ESC)、Down(↓下矢印)、F1(ファンクション1)、F12(ファンクション12)。
イメージ 2
ウィンドウと言っても、きわめてコンパクトなので他のウィンドウの邪魔にならないと思うが、とっさに押せないと困るので、常時最前面に表示されるようにしてある。

4.運用操作
  • PTTボタンの上で、マウスを左クリックすると、PTTボタンが赤になって、PTTがONになる。

  • または、PTT Switch画面をアクティブにしておいて、「キー指定」のボタンをパソコンのキーボードで入力する。

  • PTTボタン下にあるバーが10秒単位で増えていく。
    イメージ 4

  • PTTスイッチが赤い状態で、再度マウスを左クリックすると、PTTがOFFになる。

  • またはPTT Switch画面をアクティブにしておいて、ONの時に「キー指定」のボタンをパソコンのキーボードで入力するとOFFに変化する。

  • PTTボタンが赤(ON)の状態で、「遮断時限設定」で指定した時間が経過すると、自動的にPTTスイッチはOFFになる。
5.アンストール

本プログラムのアンストールは、コントロールパネルの「プログラム」→「プログラムのアンストール」で行う。
再インストールの場合も、一旦アンストールしてから、再度インストールする。

現状ベータ版ですから、あくまでご自分の責任でインストールしてください。ダウンロード配布はフリー(無料)です。

パソコンに少しでも詳しい方なら当たり前でしょうが、ひとつのUSBポート(ポート番号)を複数のプログラムで使うことは出来ませんので、同じポートで他のソフトを使うときは本プログラムを閉じてください。

逆にHamlog、Ctestwin、DSCW、MMTTYなど、他のプログラムがUSBポート(Standard Poat)にアクセスしている時は使えません。

例えば、HamlogでPTTコントロールしている場合は、競合して使えませんが、周波数やモードの取り込みだけに使っている分には、USBポートが競合しないので大丈夫だと思います。

なお不具合などがありましたらコメント欄などからご連絡頂いければ、できる範囲で対応します。

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事