でんでんタウン電子工作教室

木工〜プログラミングまで多彩な発明工作を楽しもう!

全体表示

[ リスト ]

阪神・淡路大震災以後、
本当に役立つレスキューシステム構築の一環として
始まったレスキューロボットコンテストです
 
今年は第12回になります
 
神戸で行われた予選を取材したのでレポします
 
大地震で倒壊した市街地を模擬した6分の1のフィールドです
 
これだけのチームがエントリーしています
高校、高専、大学からのチームが多いです
 
屋内想定の被災者(人形)
 
 
屋外想定の被災者(人形)
 
このレスキューコンテストは被災者(人形)を回収するのが目的ですが
いかに優しく、被災者にダメージを与えることなく救助するかが評価されます
 
予選では組み込まれていませんが本線では人形にショックセンサーが組み込まれます
 
パドックで出番を待つマシン
 
さあ、いよいよ競技開始です
 
各チームはここからロボットを操作します
予選ではロボットが目視できますが、
本戦では壁がありロボットを直接見ることができません
 
ヘリコプターからの情報を想定して上部に設置のカメラ映像は使えます
 
ロボットは複数台にして役割分担をさせることができます
 
出発時は規定のロボットベースに全てのロボットが乗っていなくてはなりません
 
いよいよ、ロボット出動
 
がれきをどかす役のロボットです
 
次々にロボットが出動していきます サンダーバードみたいです^^*
 
ここのがれきもどかそう
 
ロボットが「助けに来ました」と喋っています
 
腕を伸ばして被災者を引き寄せようとしています
ガレキを落下させたり、強引に引くと減点です
 
慎重に腕をかかえて引き寄せました
 
優しく車に乗せました
 
救護場所へ運びます
 
他のロボットも活動中 
でも私有地に入り込んで動かなくなりました
 
致し方なくロボットをフィールド外へ出します
本戦ではこういった人による作業はできません
 
 
被災者を救出したロボットは悪路も順調に進んでいます
 
あと少しでゴール
 
ゴール! 緑の旗が上がりました 一人救出完了です
 
再び次の被災者救出に向かいます
 
今度はこちらの屋内の被災者を救出にかかります
 
 
もう少し、、、しかし、ここであえなく時間切れです
このチームは一人救出しました
 
次のチームは偵察ロボットが鉄人28号型^^
 
みんなついて来なっ!
 
ロボットに搭載しているカメラの映像が携帯電話回線でパソコンに写ります
会場では携帯電話が使えません
 
このチームの3号車出動!
 
しばらくして被災者を乗せて帰ってきました
 
 
一人救出成功!
 
 
しばらくして、二人目が到着!
 
 
 
二人を無事救出したので、ここで活動を終わります
 
次は、来月、出前授業で伺う島根県の松江市の高専チームです
 
思わず応援します
 
がんばれー
松江高専も優秀で時間内に二人の被災者を安全な場所に運ぶことができました
 
決勝戦でもがんばってねっ!
 
他のチームもいろいろ工夫したロボットを持ち込んでいました
 
 
特に注目された、飛ぶ、レスキューロボ
 
しかし、バッテリー切れで、活躍、ならず。。。
 
こんなロボットもいました
レスキューロボットコンテスト(レスコン)の本戦は
 
8月11日(土)に神戸サンボーホールで
 
予選を勝ち抜いた20チームで競われます
 
競技フィールドも予選の倍以上になります
 
楽しみですね

閉じる コメント(8)

顔アイコン

おはようございます

若い人たち、がんばってますね〜
将来、遅遅として進まない原発の廃炉作業なんかにも
力を発揮してほしいです。
一生懸命な若人、日本の宝です。

2012/7/19(木) 午前 10:26 [ アジ釣り太郎 ] 返信する

顔アイコン

こんにちは!

これは、凄いレスキュー車ばかりですね。

今後もこれを活かして、是非本物を作って災害救助に役立って
欲しいです。
日本は、地震国ですから、これらはいつの日かきっと活躍する
と思っています。

いいものを見せて貰いました。Good!
では、また。(イイね!)

2012/7/19(木) 午前 10:36 [ ブルースカイ ] 返信する

顔アイコン

これは、多分NHK教育TVで放映するのでしょうね。
最近は、見ていませんが最初から見れば、かなり進化して
きていますね。
生徒達の、真剣なまなざしが良く伝わります。
これを、見ていて孫も高専に行きたいと話しています。
まだ先の事ですが・・・
この子達が、就職をしてロボットをや救助車を開発して
くれる事を望みますね。
楽しみですね〜



阿寒の空より

2012/7/19(木) 午前 11:43 [ kunnsei58 ] 返信する

顔アイコン

釣れん太郎さん、おはようございます♪
このコンテストは高専や大学の学生さんが多いですが、
その頃って、、お小遣い少ないですよね
だから指導の先生の自腹って、、のも大変だと思いますよ
でも、若者の笑顔って素敵です
私たちはこういったコンテストの醍醐味を味わってもらいたくて
お仲間で持てる体験を全て出し合って小学生にもきっかけ作りをしています
応援ありがとうございます〜♪
吉谷

2012/7/19(木) 午後 0:19 [ jh3*bd2*0* ] 返信する

顔アイコン

ブルースカイ?鵺さん、こんにちわ♪
このコンテストは実際のレスキュー車を作る前提で取り組んでいます
そして注目すべきところは、
数台のレスキュー車でチーム力でレスューシステムを構築していることなんです
私たちの小学生のロボット塾でもロボットを見ない遠隔操作の練習をさせています
その時、操縦役はカメラ役の子とチームを組んでやるんです
ロボットはがれきの中で転倒したり潜り込んでしまって動けないという想定が必要で、
また、材木等がカメラを覆ってしまった場合、映像は真っ暗になりますから
必ず数台のロボットでチームを組む必要が出てきます
ここのところを今年のロボット塾の子どもたちに強調しようと思っています^^/
いいね!ありがとうございます〜♪
吉谷

2012/7/19(木) 午後 0:27 [ jh3*bd2*0* ] 返信する

顔アイコン

Kunnsei58さん、こんにちわ♪
嬉しいですねえ、、高専を目指していただけるなんて!
がっつり応援させていただきますよ!
NHKで放映されたおかげで高専ロボコンは認知度が上がりましたね
この神戸レスキューロボコンはニュースで取り上げられたり、時々特集でテレビにも出ますね
アルミ板の金属加工や電子回路のはんだ付けなど基礎工作も小学生のうちから
とにかくたくさん体験してもらっています
そして何より、「エマージェンシーにいかに焦らず対処して、
最後までやり遂げるか」、が大事なんですね
ですから、私たちは子ども達がせっかく組み上げたロボットをわざと壊してビックリさせます
時間の無いなか、工具の無い中、いかに修理して動かすかです
当然となりのチームにも手を貸してもらわなくてはなりません
そういった社会勉強も技術力の半分なんですね
がんばってほしいなあ、未来をしょってる子どもたち!
一生懸命さには時々涙がでますよ。。。。
吉谷

2012/7/19(木) 午後 0:37 [ jh3*bd2*0* ] 返信する

顔アイコン

ブルースカイ?鵺さん、再びこんにちわ♪
この日、松江高専は見事2体の人形(被災者)を救助しました
規定時間がまだだいぶ余っていました
すばらしい成績でしたよ〜♪
8月5日に松江市に行くので、参加の小学生に「君たちのお兄ちゃんは偉いぞ〜」
ってこの時の動画を見せてあげようと思っています
先輩が大活躍、小学生も嬉しいでしょう
吉谷

2012/7/19(木) 午後 0:43 [ jh3*bd2*0* ] 返信する

顔アイコン

再びお邪魔します。
松江高専の学生も結構やりますね。
同県人として、なんか嬉しくなります。
是非、将来の日本を背負って行く人間になって貰いたいですね。

決して、今のごまかしの体制に惑わされず、真実を追求する人に
なることを期待します。

島根県人は、大人しくて優しく、いい人が沢山います。」
頑張れ!島根っ子!
私も応援します。

では、また。

2012/7/19(木) 午後 1:18 [ ブルースカイ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事