でんでんタウン電子工作教室

木工〜プログラミングまで多彩な発明工作を楽しもう!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

阪神・淡路大震災以後、
本当に役立つレスキューシステム構築の一環として
始まったレスキューロボットコンテストです
 
今年は第12回になります
 
神戸で行われた予選を取材したのでレポします
 
大地震で倒壊した市街地を模擬した6分の1のフィールドです
 
これだけのチームがエントリーしています
高校、高専、大学からのチームが多いです
 
屋内想定の被災者(人形)
 
 
屋外想定の被災者(人形)
 
このレスキューコンテストは被災者(人形)を回収するのが目的ですが
いかに優しく、被災者にダメージを与えることなく救助するかが評価されます
 
予選では組み込まれていませんが本線では人形にショックセンサーが組み込まれます
 
パドックで出番を待つマシン
 
さあ、いよいよ競技開始です
 
各チームはここからロボットを操作します
予選ではロボットが目視できますが、
本戦では壁がありロボットを直接見ることができません
 
ヘリコプターからの情報を想定して上部に設置のカメラ映像は使えます
 
ロボットは複数台にして役割分担をさせることができます
 
出発時は規定のロボットベースに全てのロボットが乗っていなくてはなりません
 
いよいよ、ロボット出動
 
がれきをどかす役のロボットです
 
次々にロボットが出動していきます サンダーバードみたいです^^*
 
ここのがれきもどかそう
 
ロボットが「助けに来ました」と喋っています
 
腕を伸ばして被災者を引き寄せようとしています
ガレキを落下させたり、強引に引くと減点です
 
慎重に腕をかかえて引き寄せました
 
優しく車に乗せました
 
救護場所へ運びます
 
他のロボットも活動中 
でも私有地に入り込んで動かなくなりました
 
致し方なくロボットをフィールド外へ出します
本戦ではこういった人による作業はできません
 
 
被災者を救出したロボットは悪路も順調に進んでいます
 
あと少しでゴール
 
ゴール! 緑の旗が上がりました 一人救出完了です
 
再び次の被災者救出に向かいます
 
今度はこちらの屋内の被災者を救出にかかります
 
 
もう少し、、、しかし、ここであえなく時間切れです
このチームは一人救出しました
 
次のチームは偵察ロボットが鉄人28号型^^
 
みんなついて来なっ!
 
ロボットに搭載しているカメラの映像が携帯電話回線でパソコンに写ります
会場では携帯電話が使えません
 
このチームの3号車出動!
 
しばらくして被災者を乗せて帰ってきました
 
 
一人救出成功!
 
 
しばらくして、二人目が到着!
 
 
 
二人を無事救出したので、ここで活動を終わります
 
次は、来月、出前授業で伺う島根県の松江市の高専チームです
 
思わず応援します
 
がんばれー
松江高専も優秀で時間内に二人の被災者を安全な場所に運ぶことができました
 
決勝戦でもがんばってねっ!
 
他のチームもいろいろ工夫したロボットを持ち込んでいました
 
 
特に注目された、飛ぶ、レスキューロボ
 
しかし、バッテリー切れで、活躍、ならず。。。
 
こんなロボットもいました
レスキューロボットコンテスト(レスコン)の本戦は
 
8月11日(土)に神戸サンボーホールで
 
予選を勝ち抜いた20チームで競われます
 
競技フィールドも予選の倍以上になります
 
楽しみですね

開く コメント(8)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事