JH7UBCブログ

アマチュア無線、マイコンなど趣味のブログです。

ジャズ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

 板橋文夫(ジャズピアニスト)の渡良瀬(WATARASE)を聞きました。

 渡良瀬は、板橋のオリジナルで、演奏には、ソロ、金子友紀をフィーチャした演奏、神奈川フィルとの共演(歌 金子友紀)などがあります。


 これは、神奈川フィルとの共演で、金子友紀の歌がすごい。

 静かなピアノ独奏から始まり、金子の歌へ 

 「おいらの村は川のそば 遠くへ行くときゃ川に出る 船に乗り波に乗り・・・・・

 絵の背景のように神奈川フィルの演奏が入ってくる。

 どことなく懐かしい日本的な旋律。

 やがて、川は急流へ。板橋の演奏が川の流れを表している。

 渡良瀬川の流れを音楽で表現した、すばらしい作品だと思う。

 聞き終わって、思いだしたのは、ジョン・コルトレーンの「アフリカ/ブラス」です。


 コルトレーンは、自分のルーツ、アフリカへの回帰をここで表現しています。

 板橋も自分の故郷を流れる渡良瀬川を思い描いて、渡良瀬を作ったのでしょう。

 板橋文夫に初めて会ったのでは、私が学生だった頃、今から40年以上前の事です。

 渡辺貞夫グループの一員として、福島市にやってきました。

 その時のメンバーは、たしか、渡辺貞夫(リーダー As)、板橋文夫(p)、福村博(tb)、渡辺香津美(g)、角田ヒロ(ds)、ベースはちょっと忘れてしまいました。(記憶違いならごめんなさい)

 この演奏会は、福島市のジャズ喫茶パスタンの主催で、私もスタッフで参加していました。

 演奏会が終わり、打ち上げ。その後、郊外の生演奏を行っているレストランへと繰り出しました。

 そこで、板橋さん、やわらバンドに加わり、のりのりの演奏を披露し、大いに盛り上がりました。

 あれから40年以上。思い出もセピア色になりかかっています。

 それにしても板橋さん、ずっとジャズの第一線で活躍されれています。すばらしいですね。
 台風5号がゆっくりと近づいています。

 まだ、雨は降っていませんが、不気味な風が吹き始めました。

 久しぶりに、ジャズの記事を書いてみます。

 最近の日本人ジャズマンの状況は、どんななのかなと思い
 
 Youtubeに「jazz japanese」というキーワードを入れて検索してみました。

 3つ目に、「Ryo Fukui - A letter from slowboat」というアルバムがあります。

 何んと再生回数が、401,800回!



 聞いてみると、これがなかなか良い。

 ピアニストの名前は、福居良。

 知らなかった。

 更に「Ryo Fukui - Scenery 1976」の再生回数は、314万回。


 すごい再生回数です。

 こころに響いてくるメロディ、その中にあふれるリリシズム。

 しみます。

 海外でも人気があるようです。

 Webで調べると
 
 福居良は、1948年生まれの北海道在住のピアニストで、札幌のライブハウス「slow boat」のオーナー。

 しかし、残念ながら、昨年3月に亡くなっていました。

 ほぼ、私と同年代のピアニストです。

 ちょっと彼のCDを買ってみたくなりました。

ピンと来た 小林桂

 東出昌大出演のサントリートリスのCMを見ていると、バックに聞き覚えのある声のボーカルが流れている。

 曲は、Beyond the sea。(アルバム「ネイチャーボーイ」)


 ピンときた。たぶん、小林桂の声だと思いWebを検索すると、そのとおり。

 日本人にはめずらしい、甘いボイス。軽いのりで聞いていて心地よい。

 そういえば、彼のアルバムを1枚持っている。

イメージ 1

1999年に録音された「So nice」。もう15年も前なんですね。

日本では、男性のジャズボーカルは、めずらしい。

女性ボーカルも良いですが、男性ボーカルも魅力的ですね。


デンスケ

 押入を整理していたら古いカセットテープが多数出てきました。JAZZ番組をエアーチェックしたテープも多く、NHKFMのオールデイズ・ジャズ・リクエストを録音したテープも見つかりました。
 
 1997年から2003年まで毎年120分のテープに5本ずつ録音したものです。ラジカセで聞いてみると音質の劣化もなく、けっこう聞けます。
 
 そういえば、昔使っていたSONYのデンスケがあったな、と思い出して屋根裏部屋を探すと、ありました。懐かしい「カセット デンスケⅢ」です。
 
イメージ 1
 
箱を開けて中身を出すと
 
イメージ 2
 
 懐かしいSONY カセット デンスケ TC-2850Cです。
 
 さっそくテープを入れて再生してみるとちゃんと音が出ます。
 
 先日修理した自作のプリアンプ・メインアンプに接続して14年前の録音テープを聴いてみました。
 
 
イメージ 3
 
 まずまずの音質で再生することができました。でも、ピアノの音などで、ワウフラッター(音のゆれ)が感じられます。
 
 このデンスケを購入したのは私が20歳のころ(今から43年前)ですから経年変化でテープの走行装置が劣化しているのだと思います。そのうち内部を開けて見てみましょう。
 
 思い出せば、1970年頃は、オーディオブームでした。オーディオ店主催の生録音会で、このデンスケでJAZZの演奏を録音しました。
 
 ピアノトリオの演奏で中本マリのボーカル。今でもそのテープは保存してあります。
 
 当時は38ツートラ(38cm/s 2トラック)のTEAC AKAI SONYなどのテープデッキが全盛で、録音会場は、それらのテープデッキが並んでいました。
 
 しかし、それらは当時としてもかなり高価で、学生の私には高値の花でした。このデンスケも当時はけっこう評判が良く、これで間に合わせていました。
 
 今となれば、青春の思い出のアイテムの一つです。

大友良英

 退職してから、NHKの朝ドラを見ることと多くなりました。
 
 今は、「あまちゃん」を見ています。
 
 テーマソングと音楽担当は、大友良英ですね。
 
 マーチのようなテーマ音楽は、朝から元気が出ます。
 
 妻曰く、途中のスタッタタタタという部分が、どう聞いても「すっとこどっこい!」と聞こえる
 
 さて、大友良英さんですが、福島市の出身で、たぶん私の高校の後輩だと思います。
 
 私は、24歳まで福島市に住んでいましたし、ジャズ喫茶にも良くいっていたので、ひょっとすると同じ時間、同じ空間を体験していたかもしれません。
 
 大友さんは、ジャズギタリストですが、阿部薫の影響を受けていると思います。
 
 演奏はアバンギャルドですが、作り出す音楽は多彩ですね。
 
 今日YouTubeを見ていたら、偶然、オーケストラGUKUSHIMA!っていいう動画を見つけました。
 
 詩の朗読に会わせて、楽器を持った多くに人たちが即興演奏をしています。
 
 その指揮を、大友良英さんがやっています。
 
 これってジャズだね。
 
 ぜひ見てください。

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事