株式情報/キッチンカブー/株ステーション/

<キッチンカブー> <デイトレード> <株・株式・投資信託>

全体表示

[ リスト ]

38安

イメージ 1
<< 2010年11月10日(水)の相場天気予報 >>


○晴れ 60%    ◎曇り 10%    ●雨 30%


■□   辣腕ソフト『SASOON』が選ぶ  □■
■□スーパーシミュレーション株を毎日発表 □■


2905 オーケー食品工業 112円 167千株

4875 メディシノバ 455円 45.7千株

6282 オイレス工業 1368円 106.1千株

6747 小糸工業 129円 7千株

6941 山一電機 269円 1255.3千株

6974 日本インター 148円 770.8千株

7513 コジマ 452円 430.1千株

7523 アールビバン 230円 1.5千株

8044 大都魚類 108円 8千株

8060 キヤノンマーケティングジャパン 1109円 1195.5千株

8111 ゴールドウイン 194円 724千株

(左からコード、銘柄、終値、出来高)


●2503 キリンHD   1083円   4464千株

 傘下にキリンビール、キリンビバレッシ゛など。08年4月に協和発酵を子会
社化するなどM&Aを積極化。2010年1〜6月期連結決算では純利益は為替
差損が響いている。国内ビール市場の低迷で、10年12月期通期の売上高予想
を引き下げている。純利益が52%減の71億円だった。5%減収ながら、販売
促進費などの削減効果で営業利益は598億円と49%増え、上期としては営業
最高益になった。ただ子会社メルシャンの不適切な会計処理に伴う特別損失や、
オランダ子会社の清算による為替差損が膨らんだ。足元は猛暑でビール系飲料の
販売が伸びているが、円高の影響もあって下期の消費動向は不透明と先行きには
慎重な見方が多い。

 好決算にもかかわらず株価がさえない理由はグループ会社のガバナンスなど浮
上した3つのリスク。市場にこれらを見透かされている。企業価値を毀損(きそ
ん)させてしまった最大の要因は子会社のメルシャンの循環取引問題。今年5
月、メルシャンの水産飼料事業部で7年間にわたり架空の取引を仕立て、利益を
積み増していた事実が発覚した。キリンHDの10年上半期決算で営業利益は確
かに過去最高だったが、不適切取引による損失分(50億円強)を特別損失とし
て一括償却したことなどから、純利益の水準を大きく押し下げてしまった。現
在、問題が再発しないようメルシャンはもちろんキリンHDでも第三者委員会を
設立し対策を協議中。8月末から11月にかけ順次、再発防止策を発表する予定
だが、マーケットはこの内容を注視している状況。

 株価は年初に1544円をつけた後調整局面から7月には一時1100円台を
割り込む動きまで調整している。クレディスイス証券では投資判断を
「OUTPERFORM」目標株価1700円に。アサヒビールに比べて出遅れ感強く、キ
リンの方がM&A規模が大きかっただけに、今後のROIC(投下資本利益率)の改
善ペースも速いと予想。 同社はシンガポール飲料大手のフレイザー・アンド・
ニーヴ(F&N)に資本参加すると発表。29日付で同社の発行済み株式の
14・7%を約846億円で取得する。国内ビール市場の縮小に加え、サント
リーホールディングス(HD)との経営統合が破談したことを受け、海外企業へ
の出資を通じてアジア事業を拡大するという報道も材料視される。大和証券CM
では豪州ドルの前提引き下げ、豪州酒類事業における利益想定の引き下げ、メル
シャンの水産飼料事業の不祥事などを考慮し、若干の減額修正としており、投資
判断を「2」目標株価を1650円から1400円に引き下げている。投資のタ
イミングはもう暫く先になるか。メリルリンチ証券では 割安なバリュエーショ
ンとして、投資判断を「買い」継続、目標株価を1600円としている。三菱
UFJモルガンスタンレー証券で新規に「Outperform」目標株価は1700円と
している。


●4751 サイバーエージェント    160,700円   18310株

 ネットによる広告、メディア、物販、金融に、ネット企業を中心とした投資事
業等を手掛ける。10年9月期の連結経常利益は計画の78億円に対して92億
2500万円(前期比2.1倍)となった。レバレッジ規制の影響でFX(外国
為替証拠金取引)事業は後半失速したが、各事業とも過去最高の売上規模となっ
た。11年9月期の経常利益は108億円(前期比17.1%増)を計画。10
年9月期配当計画は1株当たり1700円から2200円(前期実績は1000
円)に引き上げ、今期は2700円を計画する。


2766M 日本風力開発  88800+5000  2.827
 下げ過ぎた株の戻り期待。エイチアイと共に、かつての大人気株だった日本風
力は、ここからの戻りが期待される。15万円以上もあった株価は、7月から4
か月かけて8万円以下となり、半値近くダウンした。ここで戻り有望となりそ
う。ただし、長く持つのではなく、目先の反発を狙う。10万円の戻り期待。


3843M フリービット  17.97万▼0.32万  1.039
 Pワークスが人気となり、エイチアイが急騰、アイフリークもダイヤDも値上
がりしている。ここでフリービットは、さらなる株価浮上が期待される。新興市
場株の復活劇。ここで、戻るものは多く発生しそうだ。理屈よりも買いが先に入
る。全国のトレーダーが動き始める可能性あり。


3776JQ ブロードバンドタワー  57200+2500  0.689
 新興市場株から、戻りに入る株が多く誕生する相場となりそう。9万円近くの
夏相場から、目先は5万円前後まで半値近く売り叩かれた同社。ここからは下値
リスクも日増しに少なくなり、反発期待の位置となっている。かつての人気株だ
けに、一度買いが入ると理屈よりも早く株価が上がる感じか。短期のみの扱いで。


9424JQ 日本通信  42650+275  23.533
 上がる前日には、しっかり触れてきたこの株。そして、暴騰翌日にはウソのよ
うに冷めてしまうのもこの株。ここで新興市場株が戻りに入ると、この株も戻り
期待膨らむ。人気株だ。持続してしまったら地獄を見る。持続した人は常に曲が
り屋、その日高い時に売れば常に当り屋、テレビはミヤネ屋。当面は強い動きに
なりそうだが、翌日持ち越しはしないでデイトレードだけで狙う株。


3778M さくらインターネット 12.64万+0.39万  0.612
 5月の高値18万円台から下げ続けて、11月までに7万円も値下がりしてし
まった。新興市場株は持続したらダメ。ここで全体に買いが入り、戻りに転じる
株が増えている。同社の11万円台も狙いとなりそう。データセンター運営、今
後期待。株価は2万円高が狙えそうだ。


3107 ダイワボウ  206+7  10096
 180円台から触れてきたが、ここで200円突破となった。4−9月、最終
赤字は6億9300万円。決算内容はけっして良いわけではないが、ここで株価
は下落なし。通期見通しとともに、今後インフルエンザが流行るたびに思惑人気
もありそうだ。ただし、かつてのような大相場の可能性はまったくなく、あくま
でもジリ高の範囲であり、欲張ることは禁物。実際には、新型よりも香港型が怖
いのだという。


6461 日本ピストン  177+6  6858
 175円を突破してきた。商いも拡大中。取り組み妙味も出てきた。業績の上
方修正も先週末に発表している。ここでは、どの程度の株価になるか、市場筋の
注目は続くが、市場が手詰まりになるとこの手の株の強さが出るだろう。さらに
詳しい内容については、カブーフレンズの「スイングトレード」で、目先の目標
や今後の動向について触れる。


7201 日産自動車  775▼4  15189.7
 押し目があったら、日産は狙いとなりそう。意外と年末、さらに来春に化ける
という見方もある。11/5にドイツ証券が強気格付け、「Buy」にして目標
を925円にしている。前日の11/4には野村證券が1100円目標にした
が、年末高期待がありそう。電気自動車に注目。


2211 不二家  149+1  535
 クラリオンが再度15円高となり、人気となってきた。上がるものは上がる。
突っ込み場面は狙いだった。不二家も同様だ。下げた場面だけに妙味がある。高
くなったら買いは見送りだが、140円台は狙い場となりそう。100周年の不
二家、創業家軍団はぶっとんだが、ここで山崎パンの支配下でしっかり再建され
ている。悪いものを織り込んだ株価の位置に見える。







.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事