急性骨髄性白血病(M7)闘病記

M7(巨核芽球性)のブログ等情報量が極端に少なかったので作ってみました。

全体表示

[ リスト ]

12/6-12/8(代筆)

12/6 教会の婦人会に参加していたら、病院から電話が!また、意識がおかしいので状況を説明するので至急病院へ来て欲しいとのこと。あせるのと同時に、また、波がきたのか位に思っていました。
MRIを再度とり、CRTもとり肺と腹部に水が溜まっていて血栓がまたできたかもしれないと。心拍数も早く(110位)意識レベルも前回の悪かったときくらいで、覚醒しているときと気を失っているようなときと半々。看護師さんは付き添いで泊まるなら用意しますといってくれたのですが、帰り際には挨拶もできたのでひとまず帰宅。

12/7 朝7:30時過ぎにまたまた病院から電話が。今度は血圧も低下してきたとのこと。いろいろ処置してからでないとお話もできないので8:30にきてくれたら良いとの事でゆっくりしたくしているとまたまた、電話が、かなり大変そうなので至急きてほしいと。急いで到着すると病室中看護師さんと先生で人口呼吸器までつけられてすっかり意識を失っているようにみえます。
先生の説明では、腹部内部から出血がありショック状態になっているとのことで、原因は血栓性血小板減少紫斑病に似ているとのことでした。脈も速く160とかでした。
かなり危険な状態であることは私の目にも明らかでした。でもここであきらめるわけにはいきません。
祈りながら主人の手を握り、まるでドラマのようで自分の身に起きていることのようには思えませんでした。


12/8 午前三時半 主人は天に召されました。このブログの主旨はM7でも完治し、多くの皆様に希望と勇気をシェアしたいということでしたが、このようなご報告をしなければならないのが心苦しいです。
ただ、主人は最後の最後まで闘いを投げ出すことなく頑張ったことはそばで見ていて明らかでした。
もう少しまとまった文章が書けるようになりましたら、このブログに書かせていただけたらとおもいます。主人の意向で今後の医学の発展に役立てたらと病理解剖をしていただきました。
現在は見た目のダメージ等しか判明しておりませんが、半年か一年後に体内で何がおきていたのか病院から報告がある予定です。取り急ぎのご報告で失礼いたします。

主人の生涯聖句をシェアさせていただき、皆様へのお礼と応援とさせていただけたらとおもいます。
ヨハネの福音書15章12-17節
わたしがあなたがたを愛したように互いに愛し合いなさいこれがわたしの命令である。

主人はわたしたち家族、友人を愛することで闘う力を得ていたようです。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

12月1日から5日の様子をみて、どうコメントしていいか言葉が浮かばず、次の更新を待っていました・・・。(ほぼ毎日みていました)
「天に召された」のですね・・・。
実際に体に触れ、会話をすることはできなくても、きっと夢で会えると思います。ご冥福をお祈りいたします。 削除

2007/12/17(月) 午後 8:40 [ t_m_y_k_t_y_m ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。
藤棚商店街も松原商店街も地元なので、身近に思い影ながら
ご回復をお祈りしておりました。
ご主人の闘病もさることながら、奥様の戦いも
私にとってはこれ以上ない励ましでした。
ご冥福をお祈り申し上げます。

私の長男もM7です。
1歳11ヶ月で発病して今は3歳3ヶ月。
化学治療も終わり年内に退院間近という時に再発しました。
今は骨髄移植に向けて準備を進めております。
勝手ながら、ご主人の意向にはそぐわないかもしれませんが
多くの方への希望と勇気・・・感銘しました。
近々私のブログを移転し、私がご主人と奥様からいただいた励ましを
同じ病気を戦う方へお伝えできればと思っております。
お体をご自愛くださいませ。。。乱文にて。 削除

2007/12/25(火) 午前 11:01 [ ゆべし ] 返信する

顔アイコン

はじめまして、私がクリスチャンで息子がM7だったという共通点から時々来させてもらっていました。奥様、本当にお疲れ様でした。

うちは生後3ヶ月で発症して11ヶ月で骨髄移植して現在6歳でまったく後遺症もなく生活しております。
息子がいま生きていて、まったく後遺症がないのは主の奇跡としか言いようがないぐらいで…もう6年前のことなので普通に生活していると記憶が薄れていくので時々入院生活のことをできるだけ思い出し主の偉大さを思い出し、人にその主の偉大さを証するようになりました。病気前は自分の子供という意識が高かったのですが病気後は主から預かっている子供という意識が高まり子供にも主の栄光のために生きていってほしいと強く思うようになりました。
このブログでたくさんの方が励まされたと思います。
本当にありがとうございました。

奥様、子供たちに主の慰めがあるように影ながらですが祈りしております。

読みにくい文ですみませんでした。

2008/1/7(月) 午前 7:57 [ meg*k*nsor* ] 返信する

抗がん剤治療は…

やっぱりやってみようかと。
自暴自棄になり

荒れ狂う私でしたが

M7でも治った人がいた。寛解になった。
とかいろんなことが知れたブログだったから。

2012/4/26(木) 午前 9:06 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事