JHRMA

The Japanese Historic Racing Motorcycle Association.

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
JHRMAでは、バイクの楽しみ方の一つとして草レースやサーキット走行会を取り上げています。
しかし多少なりとも、本格的に始めるにはツナギを準備しなくてはいけない。自走参加はちと不安だ。など敷居を高く感じているライダーはまだ多いと思います。
そこで、もう少し気楽に参加出来るモータースポーツとして、ドラッグレースはいかがでしょうか。

JD-STERが仙台ハイランドで開催しているドラッグ走行会という初心者に打って付けのイベントがあります。
私自身、先日そのイベントに参加し、人生初のドラッグレースを体験してきました。

JD-STERでは、カワサキ旧車向けにカワサキ・ヴィンテージ・スーパーバイク(KVSB)というクラスがあり、そのクラスにエントリーしましたが、カワサキ以外の旧車はストリートETクラスやオープントーナメントにエントリーが出来ます。
ここら辺の実情は旧車ではやはりカワサキ勢が盛んだからでしょう。
しかし個人的には、GS系やCB系、XJ系など空冷が増え、80年代当時のドラッグレースシーンを彷彿とさせるドラッグレースリユニオンとしてのクラスが出来たら楽しいと思っています。


それはさておき、事前にJD-STERのホームページでマシーンへの最低限の安全対策を確認し、ルールやテクニックを予習。

今回、現地での準備作業量から自走で行く事に。
ドラッグレースの為に持参した物は、ツナギ、保安部品へのテーピングの為の黒テープ、ゼッケンを書き込む為の白いマーカー(代りに白テープでも可)とこれだけ。
また、革ジャンに革パンで行けばツナギも要らないから更に持ち物が少くてすみますし、実際、普段乗りの愛車で参加しているライダーの多くは革ジャン革パンで、むしろツナギ着用の方が少いです。

現地に到着し、車載工具でミラーを外し、テーピング。その上にゼッケンを書き込めば準備完了。
受付後、車検を受けコース上で開会式とブリーフィング。
コースに立つとトラックバイトでベタつく路面にテンションが上ってくる。
この時、スタートライン脇にある光電管ボックスを覗き込んでみましょう。
スタートラインと光電管の位置関係が解り参考になります。
またこの時、足のつま先で光電管を遮るとプレステージ、ステージライトが順に点り、この僅かな間隔を体験してみるのもお薦めです。

続けて初心者講習。
コース解説、バーンナウト、ステージング、スタートのやり方、その時の注意事項を聞き自分のマシーンでゆっくりとコースを試走して終了。

いよいよ本番、午前の予選を兼ねたウォームアップラン。
JD-STERの好感のもてるハッキリした場内アナウンスに促され、待機場へ。

コースインし、バーンナウト。
腰を上げ、フロントブレーキを握り5000回転をキープ。
ポンッとクラッチを放せば、いとも簡単にリアタイヤが空転。

スタートラインにマシーンを近づけ、プレステージライトを点灯させる。
対戦相手のプレステージライトも点いたのを確認して...
先にステージライトを点けて相手を待つか、相手のタイミングを見計らって後からステージライトを点けるか。
どちらが先にステージライトを点けるかなど、駆け引きが面白い。

ステージライトが両レーン共に点れば、スタート準備OK。

JD-STERでは、全クラス、プロスタート方式。
よく見る上から順にスターティングライトが自動点灯する方式ではなく、三つのスターティングライトが同時点灯する方式です。
これは、ステージライト点灯後、人がスタートスイッチを押すそうで、毎回微妙に押すタイミングが違うとか。
つまり勘で飛び出すとフライングになります。

全神経をツリーに集中し、スターティングライト点灯。
この時の緊張感というか、集中というか、周りの音がまったく聞こえなくなるこの感覚が最高です。

スタートし、タコメーターに注意をはらいシフトアップ。
路面に大きく書かれた「FINISH」の文字が直ぐに現れるか、なかなか現れないかはその時の心理状態で違うでしょう。
そしてそこにあったのは、自分自身との戦いでした。


今回ドラッグレースを体験し、見た目以上の「奥の深さ」とテクニックの占めるウエイトの大きさを実感しました。
テクニックを磨きタイムアップしはじめ、コンスタントにベスト付近のタイムが出せる様になった頃、マシーンの改善点に気付き手をいれると、それを生かす為のテクニックが必要になってくる。
とっつき易いが飽きのこないモータースポーツとして、ドラッグレース、相当お薦めです。




ゼロヨンフェスティバル
http://zeroyon-fes.com/

イメージ 1






 
レディースエンジェントルメン エブリバデーリッスン!

7月4日、富士スピードウェイで行われたMCFAJラウンド2のリザルトが発表されましたので、早速集計です。

リザルト参照
http://www.mcfaj.org/rr.html

対象のスーパーモンスター80'S クラスAは旧車レースですので、決勝順位がそのまま集計となります。

そしてJHRMA CUP集計シートはこちら↓
http://www.jhrma.com/pdf/jcrank.pdf

富士スピードウェイはバイクイベントや走行会が少なく、走れる機会が極端にありません。
なので、このスーパーモンスター80'Sもそんな機会だと思ってエントリーしてみるのも良いと思いますよ。
1.5キロのメインストレートは一度走るとやみつきになります♪
って事で、Rd3富士は9月5日、エントリー締め切りは8月9日でえす。


また、対象になっていないレースも追加していきますので、情報をお待ちしております♪
開催済みのレースも、主催者HPにリザルトが掲載され次第、集計いたしますので、ご心配なく!


始めての方は、こちらもお読みください。
「JHRMA CUP 2010」概要になりまぁす。
http://blogs.yahoo.co.jp/jhrma2007/58926024.html

レース対象条件は上記概要をご覧下さい。






日本の旧車スピリットを世界へ!
−− JHRMA INTERNATIONAL −−


熱中をシフトする
  SHIFT_enthusiasm JHRMA


          がお送りしました。

イメージ 1
サーキットでの熱いバトルは、オールスポーツコミュニティで♪
http://allsports.jp/



 
レディースエンジェントルメン エブリバデーリッスン!

梅雨前線が少しずつ北上をはじめ、梅雨明けが楽しみになってきましたね。
夏の計画はお済でしょうかぁ。
いろいろと計画はお有りかと思いますが、その前に疲れたオイルの交換を是非!

では、大変遅くなりしたが、4月4日、鈴鹿ツインサーキットで行われた「DEAD or RIDE! Round13の集計結果で御座います。
いやぁ〜リザルトが発表されていたの全然気付かなかったです、すみません。


DORは旧車レースではありませんので、リザルトから旧車のみをピックアップし繰上げ採点となります。

そしてJHRMA CUP集計シートはこちら↓
http://www.jhrma.com/pdf/jcrank.pdf

今週末は、DEAD or RIDE! Round14です。
エントリーされている方は頑張ってください☆


7月4日に行われた「MCFAJ富士」もリザルトが発表されていますので、おって集計いたしまあす♪


また、対象になっていないレースも追加していきますので、情報をお待ちしております♪
開催済みのレースも、主催者HPにリザルトが掲載され次第、集計いたしますので、ご心配なく!


始めての方は、こちらもお読みください。
「JHRMA CUP 2010」概要になりまぁす。
http://blogs.yahoo.co.jp/jhrma2007/58926024.html

レース対象条件は上記概要をご覧下さい。






日本の旧車スピリットを世界へ!
−− JHRMA INTERNATIONAL −−


旧車のパフォーマンスをシフトする
  SHIFT_performance JHRMA


          がお送りしました。






 

熱中症対策

これからの季節、サーキット走行では特に「熱中症」に気をつけたい。
私自身も過去に真夏のサーキットで二度ほど熱中症になった経験がある。
幸い走行を終えた後だったので大事には至らなかったが、コース上だったらと思うとゾッとする。


【症状】
「熱疲労」「熱けいれん」「熱失神」「熱射病(日射病)」
自覚症状としては、だるい、手のひらや足先がしびれる、頭が痛い、めまいなど。
さらに症状が悪化すると、唇がしびれる、手足がつる、汗が引く、意識が遠のくなど、早急に処置を必要と状態にあり、ほっといて治る状態ではない。

そして、熱中症が怖いところは意識障害だ。
・距離感がわからなくなる
・速度感がわからなくなる
・レバーやペダル操作ができなくなる
・幻覚が見える
・意識が遠のく

走行中に陥ると、大惨事になりかねない。


【原因】
炎天下、フルフェイスにツナギで焼けたアスファルトの上を走るのだから発症して当然と言えばそうなのだが、なぜ起きるのかを知れば予防でき、発症しても軽度ですませることができる。

気温30度を超えると、発症者が現れるといわれる。
しかし、30度に至らなくても、じめじめした梅雨時期でも発症する。

気温が36度を超えると皮膚温を上回り、体温調整機能に影響を及ぼす。
また湿度が高いと汗が蒸発しない為に、熱が体内に溜まり熱中症を引き起こす原因になる。
皮膚の熱放出や体内の水分が汗となり蒸発する際の気化熱により、体温調節を行っているからだ。

そして、体温調整には自律神経が大きく関わっている。


【予防】
深夜に、もしくは早朝にサーキットへ移動。
これは、寝不足による自律神経の機能低下を及ぼす。
サーキットに着いたら少しでも寝る。また早朝移動なら前の晩は早めに寝るなど心掛けよう。

朝のサーキットはばたばたとして忙しいが、朝食をとる。
朝食をとる時間も計算に入れて準備をする。
ゆっくりと外で朝の日差しを浴びながら朝食をとり楽しい一時を過そう。
これは何より気持ちに余裕ができてこれからの走行にもプラスだ。

人は2リットルの汗を掻くと言われているそうで、特に真夏日の激しい運動では1時間に1リットルもの汗を掻くとも。
小まめな水分補給は当然として、併せて塩分も摂りたい。
塩分不足はしびれや痙攣を引き起こすからで、そう言った意味ではスポーツ飲料が良い。
なお、アイスコーヒーなどカフェインを含むものは避けよう。
カフェインには利尿効果があるからだ。

走行後はツナギを脱ぎ、日陰の風通しの良いところで休むのが良い。
また汗をかいたTシャツは着替えるなど。

そして、走行前のライダーズミーティングでは、エアコンで冷やしてある部屋があるか確認する。
筑波サーキットでは、タイヤサービス隣の1階がトイレになっている建物の2階多目的ルームがエアコンを利かせ常時解放している。


【対処】
走行中に「暑い」と感じたら、ピットインしよう。
通常、相当集中して走っていたらそうそう感じないし、感じさせるほど体温が上昇している事が考えられる。
そしてそれは集中力が切れた証拠でもあるからだ。

先の症状を感じたら、無理せず休む。
この時、冷えすぎたドリンクを一気に飲むと、胃が拒絶してもどす恐れがあるので注意する。
走行会など一人で参加しているときは、必ず主催者スタッフに声をかけ症状を伝えよう。
悪化したら自分ひとりでは対処できない。

出来る限り衣服を脱ぎ、冷えた部屋、無ければエアコンを効かしたクルマの中に退避する。

次に氷、無ければ冷えたペットボトルなどで身体を冷やす。
冷やす箇所は、首筋、わきの下、股の間。
ここには動脈があるからで、血液を冷やし体内を効率的に冷やす。

皮膚表面は濡れたタオルでマッサージをする様に拭き、風を当てる。
冷たすぎると皮膚血管が収縮して血行が悪くなるからで、マッサージを兼ねる。

意識や症状が回復してくると寒く感じ、時に震えが来たら、冷やすものの温度を上げ震えを止める様に心掛ける。

なお、意識の無い者に無理に水を流し込むと、嘔吐、また気道に水が流れ込んでしまうので飲ませない。
また、意識が回復しても、また気を失う恐れがあるので継続して注意する。



人間の身体は寒さには強いが暑さには弱いのでやりすぎを恐れず、熱中症は死に至る病と認識し、早めの対処を心掛けよう。

せっかくの走行会やレースが台無しにならない様に予防をし、心から楽しみたい。
ルールやマナーでは無いが、心掛けとしてこの書庫とした。

イメージ 1



 

Try circuit

サーキット初心者や中級クラスを中心に行われる走行会「TSCC」に参加した。

この走行会、今更言うまでもないが個人主催である。
そして、先導役、ポストでの旗振りは主催者BENさんの志に共感し協力をかってでた者達によるボランティアだ。
そう、まさに手作りの走行会だ。
※とは言ってもコントロールタワー内ではサーキットスタッフが監視カメラで常時コース状況を把握し、信号機による安全確保を行っているからご安心を。

その志は、サーキットを走ってみたいと思っているライダーへの機会の提供だ。
敷居を低くして初心者に気兼ねなくエントリーして欲しいと言うものだ。

確かに走行会は他にもショップやメーカー主催のもの、TSCCの他にも個人主催のものはあるが、大抵は経験者への場の提供だ。
事実、それらの走行会に行くと初心者は少く蚊帳の外と言ったところ。

TSCCは営利目的ではないし、何かのユーザーの為でもない。
プロライダーによるレクチャーもないが、サーキットを走ってみようと思い立ちエントリーした参加者の気持ちをリアルに理解するストリートライダーがそこにいる。
あーだ、こーだといちいち指導はしないが聞けば答えてくれるし、気がついた事は伝えてくれる。

そして、コースが良い。
一見すると峠道の様なレイアウトのスポーツランドやまなしはアップダウンが激しく、下りが怖いじゃないかと思う。
しかし実際に走って見ると、回り込みながら下るようなコーナーでは無いから、見掛けより遥かに走りやすい。


走行会を楽しむコツは、踏み込む事だ。

いつもより、大きくアクセルを開けてみる。
いつもより、強くブレーキレバーを握ってみる。
いつもより、ちょっとブレーキングを遅らせてみる。
解らない事があれば、近くのライダーに声をかけてみる。

踏み込む事によって、今まで気付かなかったことが見えてくる。
例えアドバイス通り出来なかったとしても良いじゃないか、出来ないって事に気付いたのだから。
トライしてみることだ。


サーキット走行だけがバイクの楽しみ方ではないが、一つではある。
そして、楽しみ方は人それぞれだ。
サーキット走行をまだ体験した事がない人は、是非一度体験してみて欲しい。
自分なりの楽しみ方がきっと見つかるはずだ。
走り終え、ヘルメットを脱ぐと、汗で濡れた髪にサーキットの風が心地良い事に気付くはずだ。


ガルフパパさんの体験記
「「TSCC」は僕の目線の楽しい走行会でした!! 」
http://blogs.yahoo.co.jp/masakz1000a/61960138.html
「サーキットでの人それぞれ・・・・。」
http://blogs.yahoo.co.jp/masakz1000a/61978980.html


OWLSさんの体験記
「心の汗」
http://owls.at.webry.info/201006/article_8.html


なお、TSCCを全面サポートしているスピードショップイトウが主催する同じく「スポーツランドやまなし」での‘ゼロファイト’や‘3オン3’では、午前中に「リミットブレイク」という走行会があり、それだけへのエントリーが可能で初心者大歓迎だそうだ。

イメージ 1





 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事