JHRMA

The Japanese Historic Racing Motorcycle Association.

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

lapped

コース上での追い抜き、いわゆるラップについてです。
注)同周回のライダーとの抜きつ抜かれつのバトル時の事ではありません。

まずは、抜かれる側から。
ラップされる合図として、「signal flags」で書いた通り「ブルーフラッグ」がありますが、小規模な草レースや走行会では省略されています。
このブルーフラッグは、ラップされるいわゆる周回遅れになるライダーに対して掲示されます。

レースでは、全車一斉スタートですから、予選リザルトのトップライダーとのラップタイム差と自身のラップタイムから、何周目にラップされそうかなどある程度予想できます。
まぁ実際は、レース中の周回数を正確に把握できないというか、感覚的にならざるを得ないでしょう。

では、フラッグを掲示される。もしくは気配を感じるなど、いよいよ来たなという時、抜かれるライダーはどうしたら良いかです。

対処方法が解らなければ、「安全マージンを取って何もしない」が正解だと考えます。
いつも通りのラインで走れば良く、速いライダーが勝手に抜いてくれます。

この時絶対にしてはいけない事は、譲ろうと思っての急な減速や、大きなライン変更です。
後から迫るライダーは、前もってどの辺りのコーナーで追いつくか、どの様にパスするかを考えているからです。

そして余裕があれば、コーナーでは、進入でインを開ける、緩やかに立ち上がる。直線では加速を若干緩めるなどして譲ります。

抜かれる時の注意としては、抜こうとしているライダーが一人だけとは限らない事。バトルしながら迫って来るという事は良くあることです。

たまに見かける、トップライダーが追いついてくると、とたんに頑張ってしまうライダー。これは良くありません。
先にも挙げた「安全マージン」。
頑張った結果トップライダーを巻き込んで転倒なんて最悪です。

またこの時勘違いしてしまう事があります。
例えば、コーナーへラップされようとしているライダーが先に入り、トップライダーがそれについて入ったとし、そして立ち上がり。
この時、位置関係、車両体勢から立ち上がり加速は、先行車に分があります。
それを解らず、全開加速を始め、後続車が離れた事でまだ行けるとの勘違い。

直線部での加速時、追いついて来た車両が、思いのほかズバッと抜いて来ない。
先行車が加速していたら、余ほどの性能差が無い限りズバッとは抜けませんし、マシーンの排気量など性能差も当然あります。
ラップしようとしているライダーは、コースを一部分だけではなく総合的に速いのです。

抜かれた後、ついて行こうと頑張ったら、直後のコーナー進入で追い付いた。
当然です、先行車が先にブレーキングを開始しているのですから。

ラップされても、ついて行こうとするのも良くありません。
もしかしたら、もう一台迫って来ているかもしれません。この行為でトップと2位の間に割り込んでしまったら、これも最悪です。


では次に抜く側。
レース中に周回遅れをどう処理するかは、お任せします。
ここでは、走行会などで、遅い車両が前方に現れた時の対処です。

いきなりインにねじ込んだり、アウトからラインを塞ぐ様に抜くのは止めましょう。
前を走るライダーより、速いライダーとしての自覚を持ち、一旦後についてから、見極める余裕を持ち抜きましょう。
走行会はレースではないのですから。


この様に書き上げると、ラップされるというのも、なかなか気を遣うとお解りいただけましたか。
少なからず危険が伴うサーキット走行。
何よりもご安全に。

イメージ 1


 


【開催クラス】
●レースクラス
チャレンジクラス!:女性。サーキット初心者。400ccまでなど
F1        :401cc以上水冷スポーツバイク
モンスターEVO :空冷17インチ車両
モンスター    :空冷18インチ車両

●フリー走行会
リミットブレイク


【開催日】
 4月30日(金)


【参加料】
レース参加者 17,500円(フリー走行含み、全日走行)
リミットブレイク  8,000円(午前走行)


【概要およびレギュレーション】
・各クラス20名
・午前のフリー走行会は3本。自己申告制でのタイム別。
・SLYを走ったことがない方は相談してください。
・他のサーキットタイムやどのくらいいける??かをざっくばらんにお話しましょう。
・400ccまでのバイクの方で速い方は教えてください!他のクラスに移行していただきます。
・敷居がたかくならないように、バイクにマジな方が楽しく走れるようにしたいと思って企画しています。
・友人やお知り合いの方で「ちょっと気が引けるな〜」って方がいらっしゃれば・・・・・・
  チャレンジクラスに背中をそっと押してあげてください。
・車両等わからないことがあればお気軽にご相談ください。
・クラスに関係なくタイムでのレースも行います。
 (普通の人、速い人、でら速い人の3クラスです)
 こちらもお楽しみに !!

募集期限 4/25
満員の場合は早期締め切り。

以上、主催者サイトより抜粋
人気のイベントです。申し込みはお早めに!


【掲載サイト】
主催者
http://ssito.web.fc2.com/



注)
主催者による開催日の変更、また中止。当ブログへの掲載時の誤記など注意。
詳細は掲載サイトまたは主催者へ確認してください。


※画像は過去のゼロファイト。
 どなたから頂いたか忘れちゃいました;



 
スポーツランドSUGOは、右回りのヤマハ発動機テストコースとして建設され、ホテルやアスレチックなどを備えた総合レジャー施設として1975年に誕生した。

1983年、高速第1コーナーにS字コーナーを追加。
1987年、それまでのハイスピードなコースレイアウトから、国際基準のコースにするために全面改修を行い、全長3.73750キロ(2輪)の現在のテクニカルなコースレイアウトとなった。
なお、グーグルマップの地図表示は旧コースレイアウトである。
グーグルマップ「スポーツランドSUGO」


山間にあるコースの為、かなりのアップダウンが特徴的で、コース図中の「中間計測地点」を境に前半部と後半部でコースの印象が大きく違い、ライダーによって好みの区間が分かれるコースだ。

メインストレートを下り、1コーナー、2コーナーと右回りが続く。
コース図を見ると直角コーナーが2つに見えるが、1つのコーナーの様に走る。
この時、1コーナーと2コーナーの間で一旦マシーンが立つ様では、1コーナー進入で減速し過ぎだ。

左に折れる3コーナーを抜け、鋭角に曲がる左4コーナー。
4コーナーは図を見ても解る通り鋭角であるが、実際のコース上、ライダー視線ではそれ程鋭角に見えない。
それは4コーナーを支点に登りが始まる為で、左視界にコーナー後のコースが見えるからだ。
視覚から、4コーナーを手前からアプローチしてしまうと、コーナー立ち上がりでコースアウトするか、アクセルが開けられない。
ここでは、右奥まで行き鋭く左に折れる。

次に登りながらのS字をリズミカルに抜ける。
ここでの注意は、S字を抜ける辺りから路面の傾斜が無くなりフラットになるところだ。
傾斜したS字からフラットな立ち上がりになる為、タイヤに対する路面傾斜角が変わる。
深いバンク角でのパワーのかけ過ぎに注意したい。

この地点を頂点としてバックストレッチまで下りだ。
ハイポイントコーナーに飛び込み、一旦マシーンを起こしレインボーへ飛び込む。
この区間が、林間コースを走っている様で個人的には一番好きだ。

そして若干下りながらのバックストレッチ。
旧車なら最高速度に達する。
つまりマシーンの差がダイレクトに現れる。
全伏せで行く。

ここまでが前半部だ。そして後半部。

コース図をみても「馬の背」まで直線にしか見えない。
しかし、実際のコースでは、手前の220Rがはっきりを解る。
「バックストレッチ後、馬の背コーナー」と思ってコースに入ると、220Rが現れ意識してしまう。
変に意識して馬の背に向けて変にトレースしてしまいがちだが、220Rは無視して良いだろう。
注意したいのは、Rが付いている為に馬の背手前が狭く見えるところだ。

馬の背を立ち上がり、SPイン、アウトと全開で駆け抜ける。
そして現れるのが、110Rだ。
大きくダイナミックであるが、ブラインドでその先にシケインが待ち構えている。
ついコース中央を探りながら走ってしまいがちだが、思い切ってインを通る。
そして目標物を決めておき、見えないシケインに向かってブレーキングをする。
すると程無くシケインが現る。

シケインでは、タンタンタンと小気味良くマシンを切替すが、非常にタイトである為、一つ目のタイミングを誤ると、出口まで引きずってしまうので慎重に進入したい。

シケインから最終コーナーに戻り、コース最大の特長である10%勾配を駆け上がりコントロールラインを目指す。
シケイン立ち上がりから大きくはらむダイナミックなラインと取ると、ロスになるでガマンしてコンパクトにまとめたい。


スポーツランドSUGOロードコースは、この様に前半のテクニカルセクションと後半のハイスピードセクションの二つの顔を持つサーキットだ。
そしてセオリー通りのアウトインアウトできっちりと走れるレイアウトが魅力だ。

スポーツランドSUGO
http://www.sportsland-sugo.co.jp/

イメージ 1




 
レディースエンジェントルメン エブリバデーリッスン!
先週中の雪とは打って変って、ツーリング日和となった週末。みなさんどぉお過ごしでしたかぁ。
私は、土曜はリコールとなったパーツの交換作業。日曜は、その埋め合わせで子供と自転車ツーリングでしたぁw
楽しいツーリングに出掛けた人も、この時期は花粉でツーリングどころじゃない!って人も、JHRMA CUPで大いに刺激を受けちゃってくださぁい♪

では、3月7日、HSR九州で行われた「ドリーム カップ スプリング フェスタ」のリザルトが発表されましたので、早速集計です。

対象クラス「空冷鉄馬」
リザルトPDFファイルの直リンクです。
http://www.hsr.jp/2010/result/serkit/ds02.pdf


このクラスは旧車レースではありませんので、リザルトから旧車のみをピックアップし繰上げ採点となります。
レース結果は、出走台数5台、内旧車4台。
1位が旧車ではありませんでしたので、2位以降が繰り上がり、以下のポイント獲得となります。

1位、吉松選手、GSX750S、50点(暫定12.5点)
2位、渡辺選手、GPZ750、49点(暫定12.3点)
3位、鶴丸選手、KZ1000Mk2、48点(暫定12点)
4位、西村選手、Z400FX、47点(暫定11.8点)

ドリームカップは、対象となるレースがスプリントレース年4戦になりますので、今回取得ポイントとその4分の1を暫定獲得ポイントとしてカッコで掲載しました。

レース当日、リザルトには天候:曇り、コンディション:ドライとはありますが、関東では朝から雨。
HSR九州のある熊本は、朝には雨が上がったとの事ですが、前夜の雨にはやきもきさせられ精神的に良くなかったんじゃないかと察します。参加された選手の皆さんお疲れ様でした。

リザルトを見ると、大型車の中に、1台400FXがいらっしゃるのが解ります。
この西村選手、九州を中心にレース活動をされている様ですが、2008年6月のテイスト・オブ・ツクバ「モンエボ」にZ750RSで出場されていました!
理由など解りませんが、排気量オープンのクラスにミドルでチャレンジする姿勢が、草魂と言いますか、応援しないではいられません!


当日の模様は、KENZさんのブログにアップされています。
kyushu KZ crazy blog
http://kengpz3756.exblog.jp/13050194/

リザルト参照
HSR九州
http://www.hsr.jp/mo-index.html
リザルトページ内、Superドリーム/Sundayレースの「3月7日結果表」


次回は、3月28日に筑波サーキットで行われるオートボーイ杯「オーバー200」が対象レースとなっております。
このレースがシーズンインという方も沢山いらっしゃる様で、今年を占う意味もあり、要注目です!



始めての方は、こちらもお読みください。
「JHRMA CUP 2010」概要になりまぁす。
http://blogs.yahoo.co.jp/jhrma2007/58926024.html

また、対象レースにないレース情報を引き続きおまちしております。
対象条件は上記概要をご覧下さい。



日本の旧車スピリットを世界へ!
−− JHRMA INTERNATIONAL −−

チャレンジしようと思う気持ちを応援する
  SHIFT_challenge spirit JHRMA

           がお送りしました。


イメージ 1
画像は、モンエボ出場時の西村選手です。

ゼッケン その2

同じ書庫内にある「ゼッケン」記事にも書きましたが、テイスト オブ ツクバではゼッケン文字は「Futura Heavy(フーツラヘビー)」フォントを基本としています。
これは、MFJも同じと言いますか、準じているんだと思います。

このFutura Heavy、インターネットがどんなに便利になっても、フリーでダウンロードできるところが見当たりません。
基本となるFuturaはフリーでダウンロードできるサイトがいくつかあります。
しかし、このフォントの「1」にはつばが付いていますが、Futura Heavyの1はただの棒なので違うものです。

いろいろ探していると、なにやらこのFuturaは由緒正しいフォントだそうです。

フーツラ (Futura) は、1923年にドイツのバウハウスにおいて非常勤講師として勤めたパウル・レナー (Paul Renner) によって発表されたラテン文字のサンセリフ体書体。futuraとはラテン語で「未来」の意。
いわゆるジオメトリック・サンセリフの一種で、幾何学的な造形が特徴的である。現在でもよく用いられているサンセリフのひとつで、フォルクスワーゲンやルイ・ヴィトンのロゴ等にも使用されている。
なおこの書体が「ナチスを連想させるため、使う文化圏には注意を払った方がよい」と日本ではよく言われるがそれは誤りであり、欧米諸国をはじめ世界中で普通に使用されている。
カタカナ表記には他に「フツラ」「フツーラ」「フトゥーラ」などが見られる。

とは、ウィキペディアから。

最近では、家具ブランドIKEAが、これまで使ってきたFuturaをやめてVerdanaにしたらしいと、デザイン業界ではちょっとした話題になったそうで、そう言われてよく見ると、なんだか良いかもと思えてくるのが不思議です。

結局フォントを見つける事が出来なかったのですが、とあるサイトに画像データがありましたので、リンクしておきます。


車検の時に、無用なトラブルは避けたいもの。
まぁ見やすいし、見慣れてくると悪くないかも。


 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事