ここから本文です
LOVE CW〜♪ QRPな日々
CW(モールス)に再挑戦

DXデビュー

交信相手を探して、バンド内をうろうろしていると、日本国外からのCQを結構耳にします。下手な国内局より強力に入感している海外局はたくさんあるもので、CWデビューをしたGW中にも、7メガでW1AW局など応答してみました。しかしながら、国内局でさえ拾うのに四苦八苦な当局の微弱電波が海を越えた北米まで届くはずもなく(?)、こちらのコールが終わる前にCQの再送出が聞こえてくる始末(笑)。

その後も、懲りずに聞こえている海外局にダメ元で何回かコールしてみましたが、結果は同様。一度QRZ?と聞き返されたことがあったのですが、意地の悪い局にビートをかけられ、CQ局も怒ってQRTしてしまったりで、ああ、やっぱり新しいリグ買わないとDXはお話にならないのかなぁ…と諦めかけておりました。

ところがところが…

5月の24日土曜日のことです。この日は午後から用事があったため、午前中からワッチしていたのですが、なぜかふと28MHzという普段閑散としたバンドに行ってみる気になったのが始まりでした。

この日はCQ World-Wide WPX Contestが開催されていて、聞いていると、ニュージーランドの局が結構強力に入感しています。ネットで調べてみるとコンテストナンバーはRSTの次に001からの続き番号を送ればよいだけの簡単なもののようです。コレなら出来るかも知れないなぁ…。

ただ私はこれまで一度もコンテストに参加した経験はないのです。CWデビューして一ヶ月も経っていない者がコンテスト、それもワールドワイドのコンテストなどに参加してしまって好いのだろうか、とビビる気持ちもありましたが、よく考えてみれば、それは私の電波が相手に届いてしまったときの話で、今までの経験から自局電波が外国に届くことはまずない、というのがありましたので、半ば冗談半分で、CONDXが上昇してきたピークあたりで、JI1BJKと打ってみました。

まぁ、万が一届いたとしても何度か聞き返されるだろう、と思っていたのですが、一発で「JI1BJK UR599 07○」と返ってきてしまったのでびっくり仰天(笑)。落ち着いて落ち着いてとは思いながらも正確にレポートを送出するのがやっと。コンテストナンバーを送り忘れそうになってしまいました。

あまりにあっけなく、初のDXQSOができてしまったわけで、しばらくは呆然としていました(笑)。我に返って相手のコールをネットで調べると、QSLはダイレクトのみとのこと。拙い英語で、自分にとって初めてのDXであること、自分のQSLカードの日本語は読めないと思うので、図柄の説明として書いてある日本語を英語で説明した文章を添えてIRCとSASEを同封。航空便で送ってみました。

するとすると、約二週間ほどで返信が来ました。確かに交信したと記載されたQSLカードと親切なお手紙が入っていました。手紙によれば、1970年に日本に来たことがあり、日本語も少し話せるとのこと。今回のDXをきっかけにがんばってDXCCを目指してください、なんて激励までいただきました。

いやぁ、うれしかったです。それにこのQSLカードは1stDXのQSLであると同時に、コールサインJI1BJKで初めて手にしたQSLカードで、もひとつ付け加えれば、ダイレクトで交換した初めてのカードだったわけで。これはいわば私の大切な宝物です。

後日気がついたのですが、ニュージーランドと日本て距離的に随分離れているのですね。時差があまりないので、もっと近いのだとばかり思っていたのですが、私の大好きな北欧のフィンランドよりも実際は遠距離にあって、8000km以上離れているのです。そういえば、飛行機で十数時間かかるとか聞いたことがありましたっけ。。。

こんな5Wの微弱な電波がベランダの軒先に突き出した釣り竿アンテナから発射されて、はるばる海を越えて南半球の彼方まで届いてしまうなんて、ホントしばらくは信じられない気持ちでした。

しかし、ハイバンドでは特にそうですけれど、DXていったんオープンした状態になると、出力は余り関係なく、届くときは届くものですね。もちろん、パイルアップ状態では無理ですが、ノーパイル状態であれば、condxさえ整っていればQRPでも交信可能です。実際このあと、8月14日現在で、計10回DX交信できています(のべ総交信数87)。それもこれもCWだから、なのでしょうね。。。

この記事に

QRPな日々ではあるが…

このブログのタイトル、「LOVE CW〜♪ QRPな日々」となっています。

私の持っているリグは、二台。二つとも八重洲無線の製品で、ひとつは、12年前(2002年)、初めて局免を手にしたときに購入したVX-5というハンディ機。50MHz、144MHz、430MHzのFMモードに出られるもので、最大出力は5W。主に山岳運用はこれでやっていました。

もうひとつは、アマチュア無線家なら誰もが知っているFT-817。ご存じの通り、オールモード、かつ、1.8MHz〜430MHzまでのすべてのアマチュアバンドで運用可能。マイクなどの付属品を除いた重量はなんと900gという素晴らしい製品です。これも改造などしなければ、最大出力は5W。
FT-817って普通はお車などお持ちの皆さんが、フィールドに出て運用するときに使うサブのリグっていう位置づけがほとんどなんじゃないかと思いますが、私はコレを自宅の固定機として使っています(笑)。

や、確かに2,3回山に持って行ったことあるんですけど、普通の登山をすると、FT-817でさえ、かさばるし、防水などの点でいまいち不安なこともあって、もっぱら固定機、メインリグ(笑)として使っています。


QRPって、本来の意味は「送信電力を下げる」ということなので、私は意識してQRPしているわけではなくて、本当は、最大にがんばってQRO(送信出力を上げる)しても5Wしか出ない、という些かミジメな状態なわけです(簡単に言うとショボ波しか出せないということ)。

それでも、タイトルにQRPを入れたのは、やはり、QRPという言葉が、5W以下の小電力で運用する、という意味で使われることがほとんどで、自分の出した電波が相手に届く頃には息も絶え絶えになっているのが、交信相手の受け答えでよくわかるからです。これはCWで電波を出すようになってからむしろ強く感じるようになりました。

強力に聞こえている局に思い切ってコールしてみると、自分のコールが終わる頃に相手のCQが再送出されているのを聞くのはよくあることです。まぁ、最初の頃は、うまく相手の送信周波数にゼロイン出来てなかったというのも原因のひとつなんですが…。あと、DX局が空振りCQを出し続けているのに思い切ってコールしたときなども、同じようにCQが再送出されているのを耳にしてため息をついたり…。
あんまりショボ波ばかりで呼びかけて、相手の局長さんに迷惑かけてばかりでもなぁ…なんてふと頭に思い浮かんだりして、いっそのこと新しいリグ買っちゃおうかな〜なんて時々考えたりもします。

免許では、200Wまで出す権利はあるので、何もこんな状態をずっと続けなくても好いわけですが、それでも、少なくとも1年ぐらいは新しいリグを買うのはやめておこうとおもっています。最大の理由は、また飽きてやめてしまうかも知れないから(笑)ですが、CWの方でコールしていると、皆さん親切な方が多くて、こんなQRPな電波でも何度か聞き返して大抵は頑張ってとってくれるんです。
そして、特にハイバンドの方でいったんDXがオープンしてしまうと、こんなショボ波とへっぽこアンテナでもなんと8000km以上離れた遠くの方と交信できてしまったりします。そういうDXが出来た時ってホント感激で、CWっていいなぁ〜との思いを強くします。

しばらくは、この脆弱な無線設備でどこまでやれるものなのか、毎度毎度相手の局長さんには迷惑かけっぱなしなんですけれども、そのあたりが今無線をやっていて一番おもしろいなって感じているところなので、あえてこの状態でしばらく頑張ってみたいと思っています。



eQSLなどではカードにQRPと表示したりしてますけど、実際の交信では私はJI1BJK/QRPとは打ちません。ときどき、感じの良い局長さんや、8J?VLPなどに、73ではなく72と打ったりはしますけど。。。理由は、あまりQRP(小電力)を喧伝して得意になったりはしたくないということと、時々いますよね、QRPと聞くと目の敵にして(?)ビートかけてきたりする心の貧しいお方の餌食になるのがヤなためです。

そうは言うものの、今、欲しいな〜と思っているリグが実はあります。KENWOODのTS-480SAT。これなら100W出せますし、かつ場所を取らない、オプションのCWナローフィルターとDSPでかなりハードな状況にも対応できそう、…それに私KENWOODのリグって今まで一度も使ったことがないんですよ…デザインも気に入っているし、買うのならコレかなぁ〜、なんてよくカタログ眺めてます。

まぁ、買ったら買ったでいろいろ不満も出てくるのかも知れませんし、100ワットも出すとアンテナや近所へのインターフェアなど気にしなければいけないことがいろいろあるし、そこら辺もねぇ…。

ただ、この機種、発売から10年ほど経っているので、突然生産完了なんてことになっちゃったりしないことを願っています。

この記事に

CWデビュー

アンテナができあがり、実地でいろいろワッチしているうち、だいぶ、CWバンドの様子もわかってきました。和文交信を除くと、交信のほとんどは「UR 599 5NN BK」のいわゆるレポート交換のみで終わってしまうものばかりで、ラバースタンプというのは耳にしないわけではありませんが、欧文局では寧ろ少数で、コンテストでなくとも俗に言うJCCサービス局のCQもほとんどレポート交換だけで交信成立させてしまっています。

今までCWでQRV経験がない者としては、名前もQTHも言わないで交信成立というのは、ちょっと抵抗がありますけど、CWデビューを狙っている私にしてみれば、相手のコールサインを打たなくてすむ=自分のコールサインさえ打てればいい&聞き取りにドン詰まって頭が真っ白になってしまう心配もあまりない→「UR 599 BK」 最後に 「TU VA E E」と打てば好いだけ、というのはかなり気が楽です。

コンテストだとスピードが速すぎて焦ってしまいますが、通常の交信で、和文やラバスタではなく、レポート交換だけでいいのであれば、私の今の実力でもなんとかなるのではあるまいか? そしてこの頃に購入した『実践ハムのモールス通信』(芦川栄晃 著)でも、同様の方法で舞台慣れ(=度胸をつける)するのがCWデビューする手っ取り早い方法、とむしろ推奨しています。

本当はLCWOでLesson40まで進んでから、CWデビューしようと思っていたのですが、この本に書かれていることを読んでなるほどと思ったことや、A1クラブのスケジュールQSOの体験記で、「泳ぎを覚えるのに、プールサイドで見ているより、プールの中に入って練習する方がいいでしょ」という言葉にハッとさせられたこともあり、GWの4月29日、いつまでも頭の中でいろいろ考えているより、失敗してもいいからとにかく飛び込んでみよう! 最初は誰でも一年生、最初っからスンナリいく方がおかしい(?)と、CQを出し続けている局に、思い切って「JI1BJK」と打ってみました。

これで、「JI1BJK UR 5NN BK」と返ってくれば、余り焦らなかったのでしょうけれど、コールを一部だけ取っていただいて、「BJK? AGN」と返されてしまったので、少々焦りました。落ち着いて落ち着いて…と言い聞かせながら、再度自分のコールサインを送出。何とか取ってもらえて、しかしレポートは419(笑)。。。7メガで1エリアだったので、おそらく直接波な分、こちらの信号が届きにくかったのでしょう。詰まりながらも「UR RST 599 5NN BK」と何度か打ち返して、交信を終了しました。

交信終了後、最終的に返ってきた自分のコールサインが正しかったかどうか、いささか不安にもなりましたが、今更聞き直すわけにも行かず(笑)、ちょうどすぐそばで8J4の記念局が聞こえていたので、こちらにも”勢いで”コールしてみると、またまた、何度かこちらのコールサインを聞き直され、「JI1BJK?」に対し「C」などと生意気な返事をして(笑)、無事レポート交換を終了しました。

ああ、やっぱり、5W+このへぼアンテナじゃ、私の電波、相手に届く頃には減衰しまくってカスカスなんだなぁ…と、予想はしていたものの、ちょっとしょぼくれた気分のCWデビューとなりました。

このときのFT-817のエレキーの速度は13wpm。向こうにしてみたら、のろのろした符号がカスカスの状態で届いたわけで、辛抱強く取ってくださったことに今更ながら感謝しております。
m(__)m

この記事に

 eQSL と JARL入会

私の場合、いちど、アマチュア無線に飽きてしまったクチ(リグも売ろうとしてしまったぐらい)なので、再開してカムバックハムとなって思ったことは、また飽きてしまうかも知れないから、新しくリグを購入したりせず、なるべく今あるものだけで(お金をかけずに)しばらくやってみようということでした。

それで、当初、JARLの入会さえも見送っていました。入会金1000円+年会費7200円(半年払い3600円)はやはり私には高く感じてしまいます。JARLに入る目的って、おそらくQSLカードをビューロー経由で交換することなんだと思いますが、前回閉局してしまった際の交信数はのべ161局。その間払ったJARL会費を考えると、私の場合大損だったということになります。

そして、はっきり言ってQSLが届くのが遅い。早くて3ヶ月。出す人の性格にもよるのでしょうけれど、遅いと交信から半年以上経ってQSLカードが到着。いずれにしても、もうどんな交信だったか余り記憶に残っていない頃です。ふた月に一度しか届かないというのもちょっとねぇ…。

そんなわけで、電子QSL(eQSL)に最初は登録しました。これは無料でできますし、日本語の案内も結構充実しています。早ければ、交信後数分でカードが届いたりするわけで、これだけネット社会になったのだから、eQSLでもかなりカード交換できるのではないか、と思ったからです。

しかししかし、実際にワッチしたり交信したりして聞いてみると、「カードはJARL経由で…」というひとがほとんど。ここらへんは、再開する前の状況と余り変わっていない様ですね。慣れてくれば山からCQを出すことも考えていましたから、CQを出しておきながら「カードはeQSLかノーカードで」とはとても言える雰囲気ではありません(笑)。観念して、とりあえず一年だけJARLにお世話になることにしました。

実際のeQSLの状況ですが、私の場合、6月24日現在で59局交信して、うちeQSLメンバは18局で割合としては約30%。7割はeQSLに登録をしていない勘定になります。そして、私のeQSLカードを閲覧してくださった局長さんは18局のうちの7局、さらに私にカードを送ってくださり実際にカードの交換ができたのはたったの5局という、ちょっと悲しい結果が出ています。

eQSLの場合、自分のオリジナルデザインのカードを作成するには寄付(donation)をする必要がありますし、寄付の額も「できたら30ドルぐらいオネガイ」と言ってくるので、ここらへんがちょっと問題なんですが、実際は年間5ドルでもオリジナルカードは作成できますし、既存のデザインを選べば無料でカードを発行し続けることができます。「実際に手にできないカードなんて味気ない」と考える方もいらっしゃるかも知れませんが、受け取った電子QSLは印刷することも可能ですので、紙のカードがほしい場合は各自印刷すれば良いのです。

イメージ 1
(私の現在のeQSLカードデザイン: 三ッ森北峰からの富士山)


ですので、ノーカードなのでCQ局に声をかけるのをためらっている方などは、とりあえずeQSLに無料登録して、声をかけるようにしてみるのも一つの手だと思います。応答局に「eQSLは?」と聞かれることが多くなれば、eQSL登録していないCQ局も登録を考えるようになるかも知れません。

コンテストなど、大量のQSL発行も電子QSLで経費・手間など大幅削減できるので、もう少し日本でも普及してくれて好いと思うのですが、やっぱりまだ我々無線家の方がJARL依存なのでしょうかね〜。

JARLからは、入会してから一ヶ月ほど過ぎた頃でしょうか、コールサインを刻印した門標板が送られてきました。私のところは集合住宅なので、玄関に出していませんが、皆さん、コレどうしていらっしゃるのでしょうかね〜。シャックでもあればそこに飾っておくのもいいかもしれませんけど、私のところ、シャックと呼べるほどのものがないんで、どうしたものかなぁ…と。

イメージ 2




この記事に

釣り竿アンテナの製作


イメージ 1
(釣り竿アンテナ:伸ばしたところ)


CWの独学レッスンは、根気よく続けていましたが、そろそろ、HFのアンテナを製作しないことには、いざ、というとき、お空に出られません。まさかUHFでCWの相手を探すわけにもいきませんから、とにかくアンテナ作りに着手しないと話が始まりません。

製作するのは、選択の余地もなく(笑)釣竿アンテナです。で、まずはグラスファイバーの釣竿を調達しないといけないわけですが、これはアマゾンで難なく見つかりました。
「Guts(ガッツ) 万能竿H 二代目 剛 630」という伸ばしたときの全長が6.3m。
重量600gと釣り竿アンテナにはうってつけのグラスファイバー竿で、お値段も送料込みで2300円程度でした。

釣り竿はすぐに届いて、『新・手作りアンテナ入門』(CQ出版社)に載っている「超簡単ベランダ用ロングワイヤーアンテナ」の製作に取りかかりました。これには同書に掲載されている「HF用超簡単アンテナ・チューナー」というものを作らないといけないわけですが、コイルに使うプラスチック板も、偶然と言っていいほどほど ”うってつけ”のプラスチック板がみつかり、三角形にカッターで切れ目を入れて折り曲げ、寸法通りにホームセンターで買ってきた銅線を巻いて作り上げました。

あとは、ポリバリコンを鰐口クリップで着脱できるようにして、タップも鰐口クリップで取るだけですから、これにロングワイヤの材料(ラジアルの材料)=ビニールコードを取り付ければ完成です。『新・手作りアンテナ入門』にも書いてあるとおり、一日で完成してしまいます。

『新・手作りアンテナ入門』には、このあと、出力を絞って各バンドの同調ポイントを見つけ、そのコンデンサの容量を同軸ケーブルを切って着け直す、と書かれていますが、私のところでは、最高に出力を上げても5Wですから(笑)、ポリバリコンを取り付けたまま、運用しています。運用からそろそろ二ヶ月ほどになりますが、バリコンには今のところ何の問題も起きていないようです。

使ってみた感想は、まず、ワッチだけの段階で、こんなに聞こえるのか!ということでした。日本全国はもちろん、海外のCW局がこんなに聞こえていると言うことに驚きました。バリコンだけで同調点を取っていたのですが、SWLするだけであれば、コイルなしのバリコンだけも十分実用になり、昔BCLで珍局とされていたRAEの日本語放送も強力に入感しているのを耳にしたときは、ちょっと感動してしまいました。

そして、実際に電波を出すときですが、SWRの落ちるポイントを見つけるのはそれほど難しくありません。まず、聞いていて一番感度が良くなる地点をバリコンで探し出します。そのあと、タップを少しずつずらしていきながら、FT-817のメーターをSWR表示にして電波を出し、一番SWRメータが振れない地点を見つければいいわけです。私のところでは7MHz と18MHzがなかなかSWRがうまく下がってくれませんが、それでも、SWRメータ三つまでは追い込めます。10 14 21 24 28ではSWRメータ0か1まで下がってくれるポイントが見つかりました。

製作した日時は余り定かではありませんが、4月の中旬頃、ちょうど局免が下りて一ヶ月ほど経過したあたりだったと思います。アマゾンの釣り竿の注文日付が4月の10日、そして、このアンテナを使ってついにCWデビューしてしまったのが4月の29日(昭和の日)でしたから、その間のどこかで作ったようです(笑)。

このアンテナの好いところは、まず安いこと。それから、これ一本で7〜28MHzまでのHFのどのバンドにも出られること、運用中以外は畳んでしまっておけること、そして、おそらくですが、私の乏しいアンテナ知識で言わせてもらえば、アンテナチューナーがエレメントのすぐ近く(給電点)にある為に、フィーダが無駄な電波をまき散らさない=エレメントに無駄なく電波を供給していることではないかと思います。

イメージ 2
(釣り竿アンテナ 畳んだところ)




この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事