前後裁断

以前のブログの避難所。

全体表示

[ リスト ]

さてさて、現在あたしはParthenonというレンダリングソフトで遊んでおります。
Metasequoiaのデータを美麗にレンダリングしてくれるレンダラです。
イメージ 1

こちらの公式ページからダウンロードできます。http://www.bee-www.com/parthenon/
が、導入してからちゃんと動くまで、資料が少なくてかなり苦労しました。
自分用の資料及びうまくいかなかった時用に、チェック項目を並べておきます。

・面をすべて三角形化しておくこと
四角形面はParthenon上に表示されず、レンダリングされません。
全ての面を選択し、選択部処理(S)→四角形面を三角形化(T)で処理してから保存して下さい。

・Metasequoiaのファイルはメタセコイアオブジェクトver.2.2互換で保存すること
普通に保存したファイルを展開すると、ウインドウ内が真っ暗・真っ黒になります。

・特殊な材質のみで構成しない
ガラス質や鏡面、半透明は美しい材質です。光源もとても便利です。しかしこれだけで構成すると、Parthenonがフリーズします。
.mqoのどこでもいいので、材質が『不透明度1 拡散光1 その他のパラメータ0』の物体を描き入れておきましょう。

・テクスチャーは全て.mqoファイルと同じフォルダ内に
模様も透明も凹凸もきっちり反映されますが、材質で指定する時、パス名を入れると高確率でエラーになります。ファイル名と拡張子のみで済ますために、テクスチャーは.mqoファイルと同じフォルダ内に置いて下さい。

・テクスチャーは.jpgで
このブログを書いている時点(2013/05/27)では、テクスチャーに.bmpも.pngも使えません。使えたように見えても、反映されません。

・背景は.bmpで
Parthenonには背景をつける機能がありますが、今のところ.bmpしか受け付けてくれないようです。


素人の自分用データなので、読みづらいかもしれません( ̄▽ ̄;)
また気がついたことがあったらブログに書きます。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事