天空のブログ!!

中央省庁の不祥事は偽善職員のサボタージュや偽善告発による事案多数

全体表示

[ リスト ]

尖閣の事件勃発前にトヨタが下記のような方針を打ち出していました。
       201094日掲載
 
先ず記事の一部から
 トヨタ自動車の豊田章男社長は3日、同社本社で社長就任後初めて朝日新聞の単独インタビューに応じ、「規模の追求だけの成長でなく、いい車づくりを目指 す」と述べ、拡大路線から転換する姿勢を鮮明にした。急速な円高には「状況は大変厳しい」との認識を示す一方、「日本でのものづくりにこだわる」と強調し た。
 トヨタはリーマン・ショックで販売が落ち込むまで規模重視の経営を志向していたが、豊田社長は「車づくりを通じて社会に貢献するのが我々の会社が生まれた理由」と、販売台数や利益規模にこだわらない姿勢を示した。
 1ドル=85円を超える円高への対応については、「基本は売れるところでつくる」とし、現地生産を進める考えだが、日産自動車のような国内主力車種の海外生産については、慎重な考えを示した。
 豊田社長は今年2月、大規模リコール(回収・無償修理)の問題に絡み、米議会下院の公聴会で証言。この際、「この立場でいられると思っていなかった」と、辞任を覚悟していたことを明らかにした。
 トヨタ車の急加速の原因について、米運輸省が電子制御システムに問題は見つからず、運転手の運転ミスを示唆する中間報告をまとめたことには「安全な車社会に向けて努力していく考えは一切ぶれない」と述べるにとどめた。(中川仁樹、久保智)
     
 トヨタ自動車の豊田章男社長が、朝日新聞の単独インタビューに応じた。主なやり取りは、次の通り。
 ――社長就任後、社員に「車好きになって欲しい」と言い続けているが、なぜか。
 「車づくりを通じて社会に貢献することが、我々の会社が生まれた理由。『原点回帰』を訴えるためには、それが一番分かりやすい。社員に車の楽しさやワクワク感、利便性を、頭ではなく体で感じて欲しい。車が好きであれば、仕事にも幅が出る」・・・
 
以下続くのであるが全文はURLに接続して読んで頂きたい。
さらに
昨日トヨタは軽自動車を系列のダイハツ(OEM)から受けて販売をすると発表しました。
これら新方針への取り組みは取りも直さず先のリーマン・ショックに端を発した危機感から危険負担の内外並びに車種の平均化という意味であろう。
米自動車産業の壊滅的被害とその反動の国策とも云えるトヨタへのバッシングに遭遇したことから、日本国内を機軸に確固たるものとして進まなければトヨタの真のバックボーンすら築けないと言う事ではないだろうか。
他の企業も同様だが世界に規模を誇っても所詮はその国にとってはよそ者だ。
今回のアメリカの仕打ちや中国国内での日本企業へのデモ・・などなど最期は今回のエコポイントなど母国日本(国民)に頼らざるを得ない。
今後は日本の企業もコスト感覚だけで海外移設しても程なく技術は移転され競争力は見る見る落ちていく事は明らかだ。
先覚以後俄かにいろいろな企業経営者の発言が出ているが、事件勃発以前の、この会見の内容は「さすがわが国を代表するトヨタの社長ならではの「先見の明」と今回は称えて記事にしました。
 
トヨタ社長インタビュー記事

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

天空さん 世界のトヨタは、国内の物づくりから始まっていると云う事ですね。リ−マンショック後で大量の派遣切りなどを行いましたが、エコポインなどの後押しもあって日本国内が大きくささえました。海外での販売は、やはり現地生産に成らざるをえないと思いますが、国内販売はしっかり国内に根をおろして、企業活動を行わなければ、海外の市場の動向にや政情に左右される事に成ると思います。
私は、一時三菱車に乗りましたが、社会に出てから何故か殆んどトヨタ車ばかりに乗っています。傑作

2010/10/2(土) 午後 5:45 [ 如月 ] 返信する

顔アイコン

豊田章男氏のニュースに接するたびに、好ましい人格を感じます。
厳しい時代ですが、モノづくり日本の再生に頑張って頂きたいですね。

2010/10/2(土) 午後 9:57 コロンブスの卵 返信する

顔アイコン

如月さん
思えば貴殿と小泉・竹中姿勢を批判していたころ奥田元会長が政府委員会に参加し派遣法等悪法の成立に積極的に加担していましたね。
もちろん程なく行き詰まると非難した訳ですが案の定リーマンショック以後トヨタの勢いは急激にしぼみました。
外様が失敗したら本家がという称して「大政奉還」などと貴殿が揶揄したのを覚えて居ます。
しかし急激に我々が見直し始めたのがアメリカの議会で発言の場に着いた御曹司は実に不遜なく立派でした。
できらたら国民に向けて日本の品質神話を傷つけたといって欲しかったのですがトヨタの何かが変わる気配を感じました。
今後は中国では肝心な研究開発に関わる部門は置けないでしょうね。
これを機に重要部門は国内回帰を促したいですね。
傑作ありがとうございます。

2010/10/3(日) 午前 9:21 [ 天空 ] 返信する

顔アイコン

コロンブスの卵さん
何回か危機を迎えたときトヨタは求心力を本家に期待し又その期待に本家も応えてきました。
本家の人材輩出がここまでつつく家系は余りないですよね。
確かに真摯な発言の中に本当の品格紳士を見られますね。
何時もはトヨタのカンバン方式などを酷評するのですがいい事は良いで記事にしました
コメントありがとうございます。

2010/10/3(日) 午前 9:28 [ 天空 ] 返信する

顔アイコン

利益追求のみが経済活動だと思っている経営者どもが競って「中国」で安物を生産して「技術」だけ「盗まれ」、賃上げストで居ずらくなり「工場」捨てて身の回りの物だけ「リュックサック」に詰めて「引き上げる」終戦後の娑婆と同じになるのが見えている。 違うのは船でなく飛行機で帰国ぐらいで後は変わらない。 経済活動は「人作り」が大事ということをトヨタは「実践」し始めたと思います。

2010/10/3(日) 午後 5:58 [ 生粋信州男児 ] 返信する

顔アイコン

信州男児さん
トヨタも相当骨身にしみたでしょうね。
アメリカでさえあの通りです。
中国が進出企業のことまで気を遣うわけがありません。
いい時に原点に返ったと思いますよ。
トヨタも常に外様のときに問題を起こすのですよね。
トヨタ自体への想い入れが違うのじゃないでしょうか?
何時もコメントを戴き有難うございます。

2010/10/3(日) 午後 7:09 [ 天空 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事