天空のブログ!!

中央省庁の不祥事は偽善職員のサボタージュや偽善告発による事案多数

全体表示

[ リスト ]

事故を起した「張本人が起した事故の処理をする」常に官が上で企業は配下この構図が続く限り、この記事で表面化しても今日も明日も延々続いていく事であろう。
 
先ず朝日の原子力関連のスクープが続いている。特にこの記事に関して敬意を表しておく。
もっとも巷間では早くから飛び交っていた「原子力ムラは福島以後大変な焼け太り」と言われていた、ほんの一部が表面化したに過ぎない。
 
恐らく当関係先に問題を質せば「専門性を理由に発注には何等問題はない」と原発関連が使う専門性を多用して言い逃れるであろう。
鼻薬は「司法にも及んでいるから」立件起訴しようとしない。
この物事をうやむやにしてきた付けの最たるものが「社会保険庁の巨額の資金の消失」である。
政権交代以後「解明が進む」病巣の摘出が進むと期待した。
しかしミスター年金こと「長妻をもってしても巨大な病巣の牙城は切り崩せなかった」
彼がミスター年金から念願の大臣なってからは慎重な発言が多く成り「ミスター検討中」と揶揄する声に変わって行った。
 
社会保険庁と共犯関係にあった自民党議員から「保険制度そのものを知らない」所詮は素人・・・と人気大臣をこき下ろす作戦に転じた。
持ち上げて置いて「地獄に落とす」それが日本の報道の「視聴率稼ぎの常套手段」報道も既得権益を守る方に転じて「あえなくミスター年金も轟沈した」彼は能力が無かったわけではない。
ミサター年金の前にミスター質問主意書?と言われるほど「主意書を提出」関係担当者は夜を徹して回答書の作成に追われた。
その恨みは深かった。
彼が大臣になるや「彼等は獅子身中の虫」に転じ「サボタージュ」所謂怠慢という戦法で保険改革という「長妻の宿願」を潰して行った。
鳩山時代はまだ良かった。
しかし菅政権になり官庁街から「仙谷首相」と持ち上げられた官房長官「内閣府」の意見募集に長妻の悪評が山のように届いていた。
仙谷官房長官は庇護する立場にありながら逆に「長妻君の職員からの評判はすこぶる悪い」と長妻切りに転じた。
 
この手法小泉内閣時に「外務省」を伏魔殿と呼び「外務省機密費流用事件(9億円の内7億円を詐欺)」など問題の多い外務省の改革に取り組む姿勢を示していた。
田中真紀子外相外しの構図と酷似している。
 
長妻、同様に外務官僚は怠慢(サボタージュ)で応酬「ある事ないこと」をリークして垂れ流した。
全く構図は同じ・・・
「当時は外務省に利用されていた?」宗雄氏を使って激しく外相への攻撃を繰り返した。
 
小泉も長年連れ添った?
飯島秘書官との確執に及んで「田中更迭に動き外相が代わる事になり外務省は命拾いした」・・・・と言う次第・・・その後もこの手法を官僚は繰り返し…反省・改革は為されないままになった。
そのやり口を見て「学習したが民主党」だった。
学習した「菅」や「仙谷」などは寧ろ官僚を取り込み媚を売る「処世術を身につけて行った」その犠牲の1人が長妻である。
 
斯く長々と続けたが要はこの原子力機構も同じ構図である・・・といいたいのである。
日本は特に日本の政治家は能力が無くても大臣になれる「官僚の操り人形に過ぎないからだ」従って官僚の不祥事はなるべく見ないふりをする。
逆に担当する省の不祥事は隠蔽する立場に変わる・・・従ってこう云う事案は暇ないし・・このままでは何の反省も無く「次から次に」今後も続く事であろう。
外務省の改革といい社会保険の改革と言い「無鉄砲ではあったが実に良いタイミングで良い人物の登場と成ったものを官僚・マスコミが挙って潰してしまった」のである。
尚外務省の代理人を自称した宗雄氏はその後「謀反のレッテルを貼られて牢獄に身を窶し」今は議員の資格を剥奪された。
此れ即ち外務省改革を生き延びた「魑魅魍魎が最高裁にまで蔓延り」利用しつくした・・・外務省の恥部を知り尽くした。
彼(宗雄)を徹底的に陥れ排除した・・・結果である
 

原子力機構、再就職先に71億円発注 原発事故後

 原子力安全研究を担う独立行政法人・日本原子力研究開発機構(茨城県東海村)が、幹部職員の再就職先の企業・団体に随意契約で業務や物品を発注し、その額は東京電力福島第一原発事故後の9カ月間だけで計71億円分に上ることがわかった。機構は発注先の企業・団体に寄付を求め、4年間で計約4千万円を集めていた。
 機構の収入は9割以上が国の交付金や補助金による。再就職先に多額の公金が流れ、その一部が機構に戻る構図になっていた。福島事故後も原子力業界のもたれ合いが続いていた。
 機構は「課長級以上の職員が再就職し、機構との取引が業務の3分の2以上の企業・団体」を公表しており、2011年10月時点で16社ある。16社には計49人が再就職している。
 朝日新聞はこの16社について、情報公開請求で得た資料と公表資料を使い、受注と寄付の状況を調べた。
 その結果、福島事故後の11年4〜12月に、16社のうち15社が随意契約で機構の業務、物品を受注していた。受注の合計は60件で、総額は71億3千万円。この時期の随意契約による発注の2割にあたる。
 

閉じる コメント(5)

顔アイコン

天空さん 小沢一郎はこの様な無駄使いすべてゼロから見直して財源をねん出して、新しい日本を作る為に、子供手当や高速無料化を行おうとしていたと思います。
その当時現税調の藤井元財務大臣も、一般会計と特別会計を合わせてて200兆以上の予算から無駄と思われる1割りをカットすれば20兆の財源をねん出できると言っていたはずですが、財務大臣に成ったとたんにその様な事を全く言わなくなり、増税主義者に成ってしまいました。長妻氏も全く仕事をさせない様に官僚がサボタ−ジュを行い、仙谷に大臣を外す様に画策しました。やはりこの国は一回壊さなければ駄目な様な気がしてきました。傑作

2012/4/11(水) 午後 1:15 [ 如月 ]

顔アイコン

如月さん
これは酷いですよね。
これに反応を示さない日本の政治家は何の為に立法府があるのか知らないようですね。
ここまで来て動かない政治は不要ですね。
藤井は政治資金の件で当局に尻尾を握られた・・・其処から抜け出すために逆に小沢悪人説小沢政治資金不正使用の捏造に加担しましたね。
これは確実です・・・なぜならあれ以降小沢の無罪を身近で見ている本人が一回も擁護しなかった・・事から間違いないですね。
・・でなければこれほど姑息な人間はいませんね。
このままでは国民の生活は絶対に豊かにはならないですね。
長妻氏は民主党が加勢しないまでも・・・看過しておけばいい仕事をしたと思いますよ。
傑作ありがとうございます。

2012/4/11(水) 午後 3:58 [ 天空 ]

顔アイコン

天空さん、小沢氏は官僚に逆らうとこうなるというある意味見せしめではないですか。
年金機構も今や社会保険庁化してきてます。酷いものですよ。本人に年金記録を見せないように、見せないようにしてますからね。
その理由は間違ってたら困るからだそうです。
唖然とします。

日本は一度潰れて直ぐに立ち直れるような、そんな方法はないですかね。
何しろ司法も含めて行政、財界、マスコミはみんなグルですからね。
新聞を止めようかなって思うのですけど、扇動記事や偽情報も知りたいし。

2012/4/11(水) 午後 4:57 山海温泉

顔アイコン

天空さん、霞ヶ関もこのような悪い人間が蔓延り、正義の人間が頭角を現す時期に来たのではないでしょうか。
腐りきった中から新しい芽が出るものと思いますが、それもこれも官僚ですから確かな政治家が出るようにしないと正義の官僚も真綿で首を絞められる思いでしょうから。
ところであの藤井という男は体が悪いと言って突然辞めましたが何でこんなに元気が良いのでしょう。傑作

2012/4/11(水) 午後 4:58 [ country-gentleman ]

顔アイコン

膿を出さなければならないですね。
どうし出すか・・・出させるか・・・。

2012/4/11(水) 午後 5:51 [ 帝王の涙 ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事