■ジョーイを追って ある外国人技能実習生の死〈上〉
 「ジョーイ、ジョーイ」。折りたたみベッドに横たわる体を同僚が揺り動かした。反応がない。
 岐阜県各務原市にある従業員寮の一室。昨年4月のある朝、27歳のジョーイ・トクナンが亡くなっていた。心疾患だった。
 フィリピンから来た外国人技能実習生。3年まで滞在が認められ、3カ月後に帰国するはずだった。
 亡くなる前日は休みで、「リサイクルショップに娘のお土産を買いにいくんだ」と同僚に話していた。
 職場だった鋳造会社では熱した金属を型に流し込んで機械部品などを造る。今回の件は労働災害事故として、長時間労働による過労死認定に向け手続きが進む。実習生への認定は異例だ。
 フィリピンの若者、ジョーイの死を追う。(小林孝也)
■「稼ぎたいと言われれば……」
高度成長期から中小企業が集積してきた、岐阜県各務原市の「金属団地」。昨年4月26日午前8時ごろ、その一角の従業員寮の一室で、フィリピン人の若者が心疾患で亡くなっているのが見つかった。当時27歳のジョーイ・トクナン。外国人技能実習生だった。
 ジョーイがいた鋳造会社ではパートを含め約50人が働き、当時うち9人が実習生のフィリピン人だった。元同僚のベンジャミン・ベルティン(27)が話す。
 「工場は熱した金属で室温は高く、化学薬品の臭いが立ちこめていた。真っ黒に汚れながら働いた」
 ベンジャミンの仕事は重い鉄骨運びだった。手先が器用なジョーイは、金属を流し込む型にハケで薬品を塗る作業を担った。
 岐阜労働基準監督署はこの会社と社長(47)を今年3月、ジョーイらに長時間労働をさせたとして、労働基準法違反(時間外労働)の疑いで書類送検した。
 社長は朝日新聞の取材に、午前7時半〜午後5時半の早番と午後1時〜午後10時半の遅番があり、早番と遅番は休日をはさみ20日間ごとに代わると説明。そのほかに、残業もさせたという。ベンジャミンの記憶では、早番は午前5時から、遅番は午前0時ごろまでになる日もあった。
 社長は「ジョーイは前日は休みで特に負担がかかっていたとは思わないが、亡くなったという結果から考えると疲れがたまっていたとしても否定できない」と話す。残業は仕送りをしていた本人が望んだという。「たくさん働いて稼いで帰りたいと言われれば、少しでも多く給料を持って帰ってもらいたいと思った」
 ジョーイが来日前に故郷で溶接工だったころは、日給で約720円。岐阜県では最低賃金でも時給で約720円。日本への出稼ぎは本人の強い希望だった。
 実習生9人は、寮では数部屋に分かれ、20畳ほどの和室を三つに仕切って個人のスペースをつくり、共同の台所で自炊していた。休日、ジョーイは同僚と近くのショッピングセンターに行き、ラーメンを食べるのが楽しみだった。クリスチャンで、フィリピン人が集う教会によく通った。
 前日まで元気に見えたジョーイの急死は、当時の同僚らに衝撃を与えた。怖くなったベンジャミンは予定を早めて帰国。「最低賃金で長時間働いた」と振り返り、「日本にはもう行きたくない」と話す。
 ジェスース・アルバイタール(35)も、同僚の急死に接し「ムードメーカーで優しかったジョーイが」と不安に襲われた。自分も死んでしまうかもと思ったが、残り3カ月の実習を終えて故郷に戻った。
 ジェスースも仕送りをしていた。工場長に希望して連日残業をし、月給は約5万円増えて16万円。約7万円を兄弟の学費などにあてた。面接でフィリピンに来た社長から、労働環境は厳しいと聞いていたという。それでも、実習生は多くの若者の憧れだ。
 「フィリピンは給料が安く、雇用も少ない。海外への出稼ぎは珍しくない。妻と4歳の子にいい生活をさせてあげたかった」
 ジョーイにも、妻と幼い娘がいた。=敬称略
     ◇
■増え続ける労災事故
 外国人技能実習生の労災事故が増え続けている。2013年度に初めて1千人を超え、ジョーイの場合のように過労死認定に向けた動きも出てきた。日本政府は途上国に技術を伝える国際貢献と位置づけるが、低賃金労働者として労働環境が劣悪との指摘は根強い。
 13年度に労災事故にあった実習生の国籍はアジアに集中し、中国705、ベトナム156、インドネシア118、フィリピン86。都道府県別では愛知が最多で129、三重71、広島64、岐阜60、大阪58と製造業が盛んな地域が目立つ。
 受け入れ企業側には、出稼ぎ意識の強い実習生が故郷への仕送りを増やそうと残業を望むといった主張もある。企業側を指導する国際研修協力機構は、法令順守の必要性に加え、「危険情報など日本語の理解不足で労災が起きたケースもある」と配慮を求める。
 安倍政権は人口減もふまえ3月に実習生の受け入れ拡大方針を閣議決定。一方で、制度を監視する認可法人や不正行為への罰則を設ける法案を提出している