天空のブログ!!

安倍施政の中で[普通の国を目指す]大賛成その他施策は殆どが棄民政策!!賛同出来ない!!

全体表示

[ リスト ]

残念でしたね
何回も投稿したがこれが沖縄の現状・現実なのです。

余りにも滑稽だから取り上げなかったが「反対運動員が日当をもらっている」等の記事を取り上げ 事実無根謝罪しろと「テレビ局」に押し掛けていたが 事実_貰って行動しています。

生産的な仕事をしている訳ではない 元々収入が無い連中です 彼らとて「霞を喰って生きている」わけではないから金は必要不可欠ですよね・・・従って日当が出ているのです。

そしてこの選挙の結果みてください。
大差の敗退です 左翼の皆様 残念でしたね。
連続して基地反対者が敗退して 現実は沖縄二紙の主張とは真逆なんです。
お疲れ様でした!!

浦添市長に松本氏再選 又吉氏に8690票差

http://ryukyushimpo.jp/archives/002/201702/1e458d3d0cd379f26876f6355925b2d5.jpg
2期目の当選を決め、支持者らと万歳をする松本哲治氏(中央)=12日午後9時40分、浦添市屋富祖の選挙事務所(花城太撮影)
 任期満了に伴う浦添市長選は12日投開票され、前職の松本哲治氏(49)=自民、公明推薦=が3万733票を獲得し、前市議の又吉健太郎氏(42)に8690票差をつけて再選された。争点の一つだった米軍那覇軍港の浦添移設に関し、松本氏は4年前に掲げた移設反対の公約を任期中に撤回し批判にさらされたが、1期4年の市政運営や政治姿勢について有権者から一定の信任を得る結果となった。
 過去の市長選で3万票を超えた候補はおらず、松本氏の得票は、市長選が実施された1972年以降、最多となる。投票率は61・37%で、前回(63・3%)よりも1・93ポイント下がった。

 市長選では那覇軍港の浦添移設を巡る対応や西海岸開発の手法、公約の在り方などが問われた。松本氏は4年前に軍港移設に反対し当選したが、その後翁長雄志知事や城間幹子那覇市長が移設を認めていることを挙げ「足並みをそろえ公益を重視する」として受け入れを表明。市長選では「覚悟を持って決断した。市民に判断を仰ぐ」として、軍港問題を自ら争点化し訴えを展開した。又吉氏は市長選後の市民投票で移設賛否を判断すると公約していた。

 松本氏は4年前、政党推薦を受けない「完全無所属の市民代表」を掲げ初当選したが、今回は自民と公明の推薦を受けた。自公の支持層を固めたほか、無党派層にも浸透した。

 浦添市の当日有権者数は8万7525人(男性4万2047人、女性4万5478人)。投票総数は5万3717。有効投票数は5万2776、無効票は941。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事