天空のブログ!!

中央省庁の不祥事は偽善職員のサボタージュや偽善告発による事案多数

全体表示

[ リスト ]

この学者「中国やロシア」の最高権力者であっても「おちょくる」事が本当に出来るでしょうかね?
権力者をおちょくるのも趣旨内容が重要ですよね!!
    単なる下品はいけませんよね。
       最低限のマナー品格が必要でしょうよね。
そこに気づいて削除した・・・という事でしょうね。

日本の学者はこの手の手法(奇を衒い)で時たま気を引こうと軽薄な発言が飛び出しますね。

今日は国会質疑を見ていても似た感想になりました。
肝心要の法案の目的を無視して只々「揚げ足取りに終始」代案を示すなど他に何か国民に訴えるものはないのでしょうかね・・・野党の議員も。

最後に一言_
この学者も「当事者」になって大いに権力者を「おちょくったらいいでしょうにね」・・・




政治学者の山口二郎氏「最高権力者をおちょくることに、何の遠慮が必要か」 朝日新聞支局長の書き込み削除

 政治学者の山口二郎氏は13日、朝日新聞の神田大介テヘラン支局長が安倍晋三首相を中傷するような投稿を行い、インターネットで批判を受けて削除したことについて、「最高権力者をおちょくることに、何の遠慮が必要か」と自身のツイッターに書き込んだ。
 山口氏は民主党のブレーンとして政権を支えた。橋下徹氏や安倍晋三首相らを批判している。
 神田支局長は、日本時間11日未明に米ワシントンで行われた安倍晋三首相とトランプ米大統領の首脳会談を伝える映像を引用し、「安倍首相、大丈夫かな…またおなか痛くなっちゃうのでは」と自らのツイッターに書き込んだ。
 この投稿にネット上で批判が相次ぎ、神田支局長は投稿を削除し、「このツイートは不適切だったので削除しました。安倍首相をはじめ、病気を揶揄するつもりはなかったんですが、そのように受け取られて当然のひどいツイートでした。お詫びし、撤回します。申し訳ありませんでした」と釈明した。
 さらに神田支局長は「自分の考えの至らなさ、まったくお恥ずかしい限りです。以後、このようなことがないよう注意いたします。重ねて安倍首相をはじめ、みなさまにお詫びします」「本当に、トランプ氏の登場による首相への重圧を心配してツイートしたんですが、そのように伝わらなくて当然だったと思います」「意図が伝わらないようなツイートをしてしまったこと、記者として恥ずかしく思います」などと連続して投稿たしていた。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事