天空のブログ!!

中央省庁の不祥事は偽善職員のサボタージュや偽善告発による事案多数

全体表示

[ リスト ]

まだ醒めませんか!!

沖縄の基地反対行動は現地事情や感情とは「かけ離れた欺瞞」である。

ネットのお陰で_
最近ドンドン「化けの皮は剥げつつある」が大半が「基地反対を理由にした反日活動の一環・・・不穏分子「工作員」が常に暗躍している。

中核・中枢は好戦的な過激派がリーダーであり「現地活動家」は単なる彼らの旗持ちに過ぎない。

彼らの思想は排他的であり破壊工作の一端が沖縄基地反対なのだ。

平和を望んで活動している者は「中核にはほとんどいない」むしろその逆です。

記事にある様に在日の活動家も多数いるが本来の生業は持たない連中です_彼らは何を糧にしているのでしょうね。

中には生活保護を受けていながら基地反対・・・反日活動というトンデモナイ食わせ物もいるのです。

日本を取り巻く外交関係は日に日に厳しい・・・このまま浸食を許したら沖縄は確実に中国の自治省の一つになる・・・その時一番初めに粛清されるのが扇動されて活動した現地沖縄県民と成ろう・・・。




沖縄の米軍基地反対運動 「逮捕者のうち4人は韓国籍」と警察庁



 警察庁の白川靖浩官房審議官は21日の参院沖縄北方特別委員会で、沖縄県での米軍基地反対運動に関連して平成27年以降に沖縄県警が威力業務妨害などの容疑で41人を逮捕し、このうち4人が韓国籍だったと明らかにした。「逮捕した4人の国籍はいずれも韓国だ」と述べた。自民党の山田宏氏の質問に答えた。

 米軍基地反対運動をめぐっては、東村などの米軍北部訓練場や名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ周辺での抗議活動参加者による威力業務妨害事件が相次いで発生している。

 9日の参院内閣委員会では、警察庁の松本光弘警備局長が「反対運動を行っている者の一部には極左暴力集団も確認されていると承知している」と指摘し、反対運動に過激派が関与している実態を明らかにしていた。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事