天空のブログ!!

中央省庁の不祥事は偽善職員のサボタージュや偽善告発による事案多数

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

勇気ある発言をしましたね_まさにジャーナリストの鏡というべきでしょうか・・・。

今のイスラエルは異常下にあった第二次世界大戦時のホロコーストを現代版に置き換えて「無力のパレスチナ住民」同じ辛苦を長年に亘り与え続けています。

今_
世界は地獄絵図化しているのではないでしょうか?
中国然り北朝鮮然りイスラエル然りです・・・
      それを又看過する米国・日本広く世界も然りです

「この国では アパルトヘイトが 続いて いる」 イスラエルの 人気司会者、 番組で パレスチナ 人への 扱いを 非難
Nick Visser
イスラエルのテレビ司会者が、深夜番組の最終回で自国のパレスチナ人に対する扱いを厳しく批判し、パレスチナ自治区ガザやヨルダン川西岸への入植地を拡大する計画を、南アフリカのアパルトヘイト時代のようだと例えた。
深夜のコメディー番組「アッサフ・ハレルと素敵な夜を」で司会を務めるアッサフ・ハレル氏は番組の最後、イスラエル人には「たった数キロメートル先で起きている事態を無視できる素晴らしい能力がある」と批判した。この番組は今シーズンで打ち切りとなり、2月末で最終回を迎えた。
---
我々の生活を広い視野で捉えるならば、よくやっているように見えるでしょう。本当に。素晴らしい気候、素晴らしい食べ物、素晴らしい人々、素晴らしいビーチがあります。大まかに言えば、イスラエルでの生活はそう悪いものではありません。私たちがうまくやっていること自体は良いことなのですが、それでも私たちは他の数百万人の人々に対しても責任を負っている。そういった人たちは、悲惨な状況にあります。インフラ、食べ物、医療、教育。何百万人もの人が、苛酷で貧しい生活を送っています。ガザは伝染病の危機にあり、何時間も電気や水を使うことができません。イスラエルが、パレスチナに出入りするあらゆるものを管理しているのです.....
保守派のネタニヤフが政権を握って以来、アパルトヘイトが起きるとますます多くの人々が声を上げています。冗談でしょ? アパルトヘイトは、イスラエルでもう何年も前に起きてますよ。もう何年も前からね。私たちは良い側にいるので、それほど困っていないだけの話ですよ。
---
この動画はSNSで拡散されている。そして、イスラエルが政治的に重要な時期にこの発言が飛び出した。
アメリカとイスラエル間の冷え切った外交関係が何年も続いた後、アメリカのドナルド・トランプ大統領はイスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相を支持する姿勢を示している。トランプ氏とネタニヤフ氏は1月22日に電話会談した直後、エルサレム当局は東エルサレムの入植地でおよそ560軒の住宅建設を承認した。その2日後の24日にはヨルダン川西岸への入植地拡大を認め、新たに2500軒の住宅建設を承認している。これは1月15日、70カ国が参加したイスラエルとパレスチナ自治政府の和平交渉再開を促すためのパリの国際会議で、イスラエルの入植活動がパレスチナ国家樹立とイスラエルとの共生を目指す「2国家共存」の原則を危険にさらすことになるという警告を軽視したものだった。
このような状況では、イスラエル・パレスチナ間の和平プロセスの行方は不透明だ。トランプ氏は2月15日、ネタニヤフ氏とホワイトハウスで会談した際、「私は2国家共存も、1国家も見据えている。私は双方の当事者が望む解決策で良い。両当事者が望む解決策で私は満足だ」と、2国家間の解決にはこだわらないと述べた。
これは1993年、クリントン大統領が仲介したオスロ合意以来、アメリカが貫いてきた2国家共存を放棄したかのような対応だった。しかしその翌日、アメリカの国連大使ニッキー・ヘイリー氏はアメリカは「2国家共存の解決策を強く支持する」と発言している
アメリカとイスラエルの関係の進展は、イスラエル右派の動きを勢いづかせている。一部のイスラエル右派の政府関係者は、トランプ大統領の発言で「新たな時代」が始まったと語り、さらに「オスロ合意から24年、パレスチナの国旗が揚がっていた場所にイスラエルの国旗が揚がる」とも述べた
ハレル氏はそういった発言を批判し、イスラエル人に対し国境の向こうに目を向け、パレスチナ自治区で今も続いている苦しみを見過ごすのは終わりにしようと訴えた。
---
イスラエルには素晴らしいイノベーションがあります。それはどんなハイテクな事業やラファエル社(イスラエルの軍事企業「ラファエル・アドバンスト・ディフェンス・システムズ」)の武器よりも優れているものです。それは、たった数キロメートル先に暮らす我々の隣人が体験していることを無視できる素晴らしい能力です。すべての人々が透明で、まるで存在しないかのような扱いなのです。
一方では過激主義者が他人の命を奪い、また別の一方ではその「過激主義者」が意見を言う。一方では過激主義者が他人を火あぶりにし、また別の一方では過激主義者が自分たちの人権を要求するのです。
---
ハフィントンポストUS版より翻訳・加筆しました。
▼画像集が開きます
(スライドショーが見られない方はこちらへ)



全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事