天空のブログ!!

中央省庁の不祥事は偽善職員のサボタージュや偽善告発による事案多数

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 健全野党が存在したら_今こそ政権交代のチャンスなのに残念ながら第一党の立民が僅かに8%だ。

 最近の自公政権は金持ち優遇政策ばかり_日本の「格差社会」は他の先進諸国より急速に広がりを見せている。

 権力は必ず腐敗する_安倍政権も違う事はなかった!!


内閣支持6ポイント低下 47%

2018年12月17日 04時00分
 読売新聞社は14〜16日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は47%で前回11月23〜25日調査の53%から6ポイント下がった。不支持率は43%(前回36%)。
 外国人労働者の受け入れを単純労働に拡大することに「賛成」は46%で、「反対」39%を上回った。その一方、外国人の受け入れを拡大する改正出入国管理・難民認定法が、先の臨時国会で成立したことを「評価する」は37%で、「評価しない」48%の方が多かった。政府は、同法の国会審議で、外国人の受け入れ業種や賃金水準など新制度の詳細は、法成立後に示すとした。この対応を聞くと、「適切だった」は18%で、「そうは思わない」が65%に上った。
 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)を移設するため、県内の名護市辺野古沖の埋め立て工事を進める政府の方針に「賛成」は36%、「反対」は47%だった。
 安倍内閣のもとで、景気の回復を「実感していない」と答えた人は70%を占めた。「実感している」は22%。
 政党支持率は、自民党が34%(前回41%)に下がり、立憲民主党8%(同7%)、公明党4%(同4%)などの順。無党派層は46%(同42%)となった。
2018年12月17日 04時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

開く コメント(4)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事