天空のブログ!!

中央省庁の不祥事は偽善職員のサボタージュや偽善告発による事案多数

政治と暮らし!!

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
権力志向が、ここまで高じると周囲の情況は全く読めなくなるのでしょうね。

国家国民の人権や福祉向上等毛頭ない「 旧社党他、別れて存在する各野党もほぼ同じ」国家、国民の疲弊、過酷な末期状況を読めない悲しさ!!


https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3544302.html

開く コメント(0)

転載記事
久々にそのまま朝日記事転載

入管法改正案、問題次々と 野党反発「データ改ざんだ」

朝日新聞2018年11月17日 08時34分

入管法改正案、問題次々と 野党反発「データ改ざんだ」
入管法改正案、問題次々と 野党反発「データ改ざんだ」
朝日新聞
 外国人労働者の受け入れ拡大に向けた出入国管理法(入管法)改正案の衆院での審議がストップした。政府がまとめた関連データに誤りが見つかったことが影響した。来年4月の新制度導入に向け、政府与党は今国会での成立を目指しているが、問題点が次々と明らかになっている。

 「致命的なミス、許しがたい改ざん。法案の根幹部分がひっくり返った」

 16日、衆院法務委員会の理事懇談会の後、立憲民主の山尾志桜里理事は記者団に不満をぶちまけた。

 理事懇談会では、技能実習生の失踪をめぐる調査結果が誤りだったことが法務省から説明された。山尾氏を始め野党各党は、政府側に誤りの経緯の解明を主張。しかし、葉梨康弘委員長(自民)は理事懇談会を打ち切り、入管法改正案の審議に入ろうとした。

 野党側は態度を硬化。立憲の辻元清美国会対策委員長は自民党の森山裕国対委員長に審議入りの見送りを迫ったが受け入れられず、葉梨氏の委員長解任決議案の提出に踏み切った。

 与野党対立の焦点となった調査結果は、受け入れ先から失踪し、昨年に不法滞在で強制送還の手続きがとられた実習生ら2870人から聞き取ったものだ。

 失踪の動機について、政府はこれまで、「より高い賃金を求めて」が約87%で最多だと説明していた。

 7日の参院予算委員会では共産・小池晃氏の「技能実習生の失踪の理由は何か」との問いに対し、山下貴司法相は「賃金への不満が約87%だ」と答弁。野党ヒアリングでも同じ数字が示されていた。

 だが16日の法務省の説明では、聞き取り段階では「より高い賃金を求めて」という質問項目はなく「低賃金」という項目だったことや、割合も67・2%の誤りだったことが報告された。また法令違反にあたる「契約賃金以下」が144人、「最低賃金以下」が22人いた。

 ほかにも「指導が厳しい」が5・4%から12・6%に、「暴力を受けた」が3・0%から4・9%に増えた。実習内容が入国前の説明と異なったり、受け入れ側に不適正な取り扱いを受けたりしたことを訴える声も少なくないことが明らかになった。

 数字の誤りについて、法務省は「エクセルファイル上のデータの切り貼り作業中に必要な作業を忘れた」「類似のチェック欄に複数チェックしていた」「項目設定が適切でなかったことや担当者の理解不足」などと集計ミスを強調する。だが野党側は法務省が受け入れ先に問題があるのを隠すために意図的にデータを改ざんした疑いがあるとみている。葉梨康弘委員長(自民)は、法務省に対して誤りの原因を調査し、早急に報告するよう求めたことを記者団に明らかにした。

 政府が新在留資格で見込む人数は、2019年度からの5年間で最大約35万人。業種によってばらつきはあるものの、このうち5割程度は技能実習生からの移行が想定され、技能実習制度は新制度と密接に関係する。野党側は、技能実習制度の問題を検証せずに改正案を審議することを問題視している。19日には、調査結果の元データとなった個表を閲覧し、さらに検証を進める考えだ。(浦野直樹、永田大)

開く コメント(0)

実習制度という便利な日本企業による外国人労働者への拘束と徹底した搾取〜〜

この件に関しては、もう何年も前から「何回も取り上げ投稿して来た」しかしながら残念「実習生の待遇改善」は全く進んでいない。

特に悪質なのは農林水産業の零細企業に働く実習生への待遇だ。
会社としての体をなしていない上に就業規則等( 体裁は調えている)が明確に示されていないことから、1日数時間のタダ働きを強要する雇い主が多い。
彼等は多額の借金をして日本に来た、早々に帰るわけにも行かない。
この実習制度は日本国民に重大な禍根を残す。

日本の国民性は良いが日本の企業経営者は悪質で卑劣〜という記事が目についてきた。

実習生に対してだけではない。
外国人労働者の起用をチラつかせて派遣労働者賃金は上げず事業経営者だけが空前の内部留保〜〜どこか狂っていませんか?

TV業界に媚びる必要がなくなって企業経営者が新聞TVを気にしなくなった。

自社若しくは系列企業の「非難記事を載せた媒体からは即スポンサーを下りるなどは茶飯」媒体も打つ手なく「逆に媚びる報道が多くなった」事も労働者環境の悪化に繋がっている。


最近外出先から投稿していて誤字脱字は御容赦です!!

開く コメント(0)

ドイツのバランス感覚や移民への免疫が有ったはずのドイツ国民が長年信用し託した「メンケル首相」を辞任に追い込んだ。

ドイツが日本同様に目覚ましい経済発展をしていた80年代後半から90年代に掛けドイツ国内では人手不足も相まって合法非合法の移民がドイツに移民して来た。

当時取引で訪問した折の相手先担当者は賢明な人物で「当分はドイツ国民が許容しても将来は必ずドイツ国民感情と軋轢が出る」と言っていた。ドイツ国内で酸性雨の影響で山林が荒廃 俄かに環境問題がドイツ国民の重大関心となった頃である。

その被害とチェルノブイリ原発事故後がさらに相まってドイツは自然エネルギーへの転換など有数の先進国家となった。

その中で彼は言った「将来中東からの移入で宗教的理由から居住区が形成され国民との確執が起きる 」まさに現下のドイツは彼が指摘した通りの顛末となった。

その失敗例を生かさず「安倍政権」はドンドン移民を受け入れると言う〜気が狂ったとしか言いようがない。
我々世代が去った後の殺人多発、デモ多発、身体的に劣る日本人が格好の被害者となることを思うとまさに断腸の思いである。

開く コメント(0)

 
安倍首相の棄民政治が加速して来ましたね。


常日頃から〜
        安倍首相の保守というのは「まやかしと考えていた」が最後の任期で完全に本性を丸出し滅茶苦茶な政治に奔走〜結局「親韓首相」を完全に露呈「韓国の首相」か「財界代表」なのか見紛う様相〜〜

 商工会議所の会頭が国民感情を全く顧みない、無責任な韓国放任論〜これに厳しく非難を浴びせない自民党議員って腐り切っている。









開く コメント(2)

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事