当初より談合”事件”は、罪に問うことは難しいという見解が出されており、やっぱりそんな結末に落ち着きそうな気配を感じます。

ところで受注調整といった談合めいたことをやらざるを得なかったのは、

●巨大な規模であって人員等の手配が困難になる
●未知の要素や難工事を多く抱えているから発注元−ゼネコン間で事前協議が必要だった

といった背景があったためではないか、という指摘がなされています。

つい先日のNHKニュースの内容もそんな感じです。
大手ゼネコンの元社員がNHKの取材に応じ、「リニア中央新幹線は地中深くを掘り進めるトンネル工事や地下に新駅を建設する工事など、これまでに経験がないほどの難工事で高い技術レベルが求められる。発注元がどのような工法を選ぶかによって工事の設計が変わり、発注額にも違いが出てくるが、今回のような難工事の場合には実際に施工するゼネコン側の技術を取り入れて協議していかなければ設計自体が進まないのが現実だ」と話しています。 

素人目にも、そりゃそうなんだろうなあと思うのですが、すると別の疑問が湧いてきます。

中央新幹線整備事業は、2011年5月27日に建設指示が出されました。

これに先立ち、国土交通大臣からの諮問を受けた交通政策審議会陸上交通分科会鉄道部会中央新幹線小委員会が、「中央新幹線の営業主体及び建設主体の指名並びに整備計画の決定についての調査審議」を行っておりました(読みにくくてすみません)http://www.mlit.go.jp/policy/shingikai/s304_sinkansen01.html

中央新幹線小委員会が1年余りにわたって審議を行なった結果、
●JR東海が事業主体として妥当である
●南アルプスルートで建設可能
●走行方式は超電導リニア方式が適切である
という結論に至り、答申を国土交通大臣に提出し、建設指示が出されたわけです。


中央新幹線小委員会で使用された資料にはこんなことが書かれていましたが・・・
イメージ 1

いずれの調査範囲も適切な施工方法等を選択することにより路線建設は可能…そんなことが書かれていたのです。当然、ここでいう「適切な施工方法」とやらは、適切かつ透明性の高いプロセスを経て選ばれるものと判断していたはずです。

ところが、いざフタを開けてみると、現計画には様々な困難が多いがために、談合めいたことをしなければ実現不可能だったことが露呈しました。つまり「適切な施工方法」を導くために不適切なプロセスが不可欠であるのが現状だったようなのです。

後に出された答申には―


イメージ 2

こんなことが書かれておりました。JR東海の事業遂行能力はホントに十分だったのか?


そして中央新幹線小委員会の出した答申は妥当だったと言えるのでしょうか?




この記事に

開く コメント(1)[NEW]

昨年12月に、静岡市井川地区で行われた住民向け説明会にて、地元から掲げられていた道路整備に関し、JR東海から「市道閑蔵線沿いにトンネルをほろことなら検討しても良い」という内容の意思表明がなされました。

12月7日 静岡新聞 
リニア工事、市道トンネル案に不満 JR説明で静岡・井川住民 
 JR東海は6日、リニア中央新幹線の南アルプストンネル静岡工区の工事現場になる静岡市葵区井川地区で、工事契約後初めての住民説明会を開いた。地元要望のうち、工事車両の通行ルート整備に関して市道閑蔵線へのトンネル新設を提案。住民は県道へのトンネル開設を要請していたため、不満の声が上がった。説明会は非公開。
 同社は、市道トンネルについて長さ約2・5キロ、整備費は約100億円と試算する。説明会後に取材に応じた中央新幹線建設部の新美憲一担当部長によると「静岡市が整備するのであれば費用の半分を負担する」のが同社側の方針。市には提案を伝えたが、回答はないという。
 一方、井川地区は市街地につながる県道三ツ峰落合線へのトンネル設置を希望してきた。参加した男性(56)は「がっかりした。閑蔵線は川根本町に抜ける道。静岡市民としては県道に造ってほしい」と話した。
 このほか、JR東海は水資源や発生土置き場、地域活性化策に関する要望について提案を行い、出席した約70人の住民と意見交換した。新美担当部長は「厳しい声をいただいた。理解を得られたとは思わないので、引き続き議論を深めたい」と述べた。

その後、12月22日の静岡新聞記事
JR提案「おこがましい」 静岡市長、トンネル設置要望巡り 
 リニア中央新幹線南アルプストンネル工事の工事車両通行ルートを巡り、JR東海が静岡市の要望とは異なる市道へのトンネル整備を提案したことについて、田辺信宏市長は21日の定例記者会見で「おこがましいにもほどがある。地元の思いとは大きな隔たりがある」と非難した。
  市は工事現場になる葵区井川地区の意向を踏まえ、工事車両の通行ルート確保や地域振興の観点から、市街地へのアクセスが良くなる県道三ツ峰落合線へのトンネル設置を求めていた。しかし、JR東海は井川地区で6日に開いた住民説明会で、川根本町につながる市道閑蔵線へのトンネル設置を提案。「市が整備するのであれば費用(100億円)の半分を負担する」とし、住民たちの反発を招いた。
  リニア本線は南アルプスエコパークの地下を貫く。田辺市長は「(エコパーク登録までに)市民の時間と労力がかかっている。そこを毀損(きそん)することに、厳しい視点を持たなくてはいけない」と話した。
  今後、条件が折り合わないままJR東海が工事を行う可能性については「強行するのは難しいのではないか。県と連携して対応していきたい」と述べた。
 


さらに27日の記事。
イメージ 1



静岡市街地から井川地区へのアクセスは、一般的には、安倍川に沿って北上し、玉川地区を経て、大日峠(標高約1200m)を越えてゆく、というルートが使われています。その大日峠にトンネルが欲しいというのが井川地区の要望。

これに対しJR東海の提案は、井川地区から大井川に沿って川根本町に抜ける市道閑蔵線沿いになら、市と共同出資でトンネルを掘ることを検討しても良い、というもの。


イメージ 2

この件については、地元の意向にせよ静岡市側の魂胆にせよ、どうも共感できないのですが、それは横に置いておきます。
⇒一般論として、これは静岡市/県に陳情すべきなのにJR東海に不満を示すのは筋が違うだろう?

長野県や山梨県では、JR東海が自治体と共同で道路の拡幅や新設工事を行っています。いずれも、もともと地元から道路整備の要望があったところに、工事用車両を通行させたいというJR東海側の思惑とが一致し、事業が実施されたという経緯です。

同じように考えれば、大井川沿いを工事用車両のルートとして使いたいという意向があるのでしょう。

実は、環境影響評価の早い段階でその意向が示唆されていました。
イメージ 3
環境影響評価準備書(2013年9月)からコピーしたものです。

これによると工事車両は、市道閑蔵線を使って川根本町方面と行き来させることを想定していたことになります。井川地区住民が要望している大日峠越えルートは、この図では右下方向になりますが、そちらを使うとはしていません。

その後、評価書(2014年4月)および補正評価書(2014年8月)では、井川ダムより南側での車両通行ルートは示されておりません。どちらを使うのか再検討すべしと判断したのでしょう。

ただ、JR東海としては、元来は工事車両を静岡市街地と行き来させるつもりはなかったのですから、大日峠にトンネルを掘ってほしいと言ったところで簡単に受け入れられるはずもない。


なお仮に市道閑蔵線をメインルートと想定しているなら、次のような疑問が湧きます。

●環境影響評価では、事業実施対象地域は静岡市としており、川根本町内を対象とした各種予測は行われておらず、説明会等もなされていない。同町内への影響は皆無なのか?
※同町では大井川の流量減少でも影響が生じうる。

●市道閑蔵線は狭く、大雨で頻繁に通行止めとなるため、大型車両を大量かつ安定的に通行させることには支障があると思われる。このルートを用いるのなら拡幅工事ないし迂回トンネルの設置は必須ではないのか?
⇒グーグルアースのストリートビューでご確認ください。

●大井川下流部から資材等を搬入すると、南アルプス山中の工事現場までの輸送距離は片道130〜150㎞となる。途中にストックヤードを設ける必要が生じるのではないか?




この記事に

開く コメント(2)[NEW]

JR東海に対し、国から建設指示が出されたのは2011年5月のことでした。

月日が経つのは早いもので、リニア事業が具体的に動き出してから今年でもう7年目となります。

当時、中学生だった子供が、今年は新成人というわけです。

リニアの名古屋開業予定は2027年で、大阪開業はアベノミクスによる前倒し計画(?)によれば2037年ということです。国が3兆円を融資することにより、JR東海の予定より8年前倒しすることとなりました。

リニア中央新幹線はビジネス利用がメインになるらしいので、今年の新成人あたりの世代が、開業間もない頃の利用の中心になるということになります。

と同時に、リニア建設後の様々な影響―借金返済、自然破壊、経済なメリット/デメリット―をマトモに受ける中心となる世代でもあります。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇

ここ数日、こんなことをつくづく考えたのであります。

「リニアはんたーい!」と叫んでいる人々がそれなりに大勢いる。
しかしおそらく若者は少ない。

極めて主観的な感想であり、きちんと調べたわけではありませんが、公開されている集会等の写真、ないしSNSのプロフィールから察するに、おそらく「リニアはんたーい」の中心世代は50〜60代であると思われます。
フェイスブックのグループ

将来、リニア事業に現役世代として向き合う世代(現在の40代以下)が少ない。

これは何を意味するのでしょうか。


◇   ◇   ◇   ◇   ◇ 

これまた勝手な想像でありますが、似たような思考をもつ人間が集まり、仲間内だけでの議論を続けていると、やがて集団内でしか通用しない理論で思考が凝り固まってしまったりする恐れがあると思います。

「リニア反対!」の人が、同じような考えの人だけで話し合っているうちに、そこから出される理論は世間的に通用しなくなってくるかもしれない

例えば、昨年末の「リニア入札談合”事件”」については、公益事業を担う企業としての社会的な責任問題はあるにせよ、談合”罪”に問うことはできない、という意見があります。

この論評は説得力があると思うのですが、「リニア反対派」の間では、あまり評価されていません。その代り、日刊ゲンダイ等での「3兆円融資は“忖度”か リニア「国策化」の怪しいプロセス」のような記事は、えらく称賛される。

見たくないものには目をつむり、見たいものだけ見る、という思考パターンに陥っているとしたら、それは猪突猛進している推進側と一緒でマズいんじゃないのかなと思います。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇ 

思考回路、「がパターン化することは、「反対派」が掲げる懸念材料や反対の根拠について、客観的な評価をすることが難しくなる、というおそれもあるのではないかと思います。

住み慣れた土地を追われる
先祖伝来の土地が奪われる

と言うと、同じ「リニア反対派」なら同情し、憤り、JR東海や推進している行政への非難が相次ぐことでしょう。私も個人的には同情します。

けれども今の社会生活は、多くの人の生活を犠牲にしたうえで成り立っているという現実があります。そのことを考えると、安易な判断を下すのは難しい。

人によっては事業に賛同するとか、あるいはお金目当てで、積極的に土地を差し出そうとするかもしれない。

そもそも生まれも育ちもアパートやマンションならば、土地の問題なんぞ全くピンとこないかもしれない。

トンネルができると不動産価値が下落する

といった懸念も見受けられるけれど、土地など持っていない世代から見れば「雲の上の話」かもしれない。

自然破壊!

を叫んでも、おそらく普通の生活を送る上では何の支障も出ないだろうし、そもそも、部屋にこもりっきりで四六時中スマホやらパソコンをいじっている生活を送っていれば全く縁がない。南アルプスなんて、たぶんどーでもいいし、そもそもどこにあるかも知られてなさそう。

生活環境が悪化する!

というのは、もとより相対的劣悪な環境で生活している人からみれば、贅沢な悩みなのかもしれない。

私の乏しい想像力を働かせてみただけでも、現実の社会では、様々な意見・考え方があるであろうことは容易に想像されます。けれども「リニア反対!」のグループ内では、こうした反問は封印されており、それは現実からの回避なんじゃないのかと思うのであります。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇ 

リニア計画は、地域からの懸念、不安、をよそに、説明責任を放棄し、アセスはじめ諸手続きをザツにして進められています。 つまり推進したい連中は、仲間内だけで通用するヘリクツをごねて強引に進めているわけです。


だからこそ、こんな計画を非難する側こそ、その主張をより確固たるものにすべく、いろいろな考え方・世代の声を柔軟に吸収すべきじゃないのかな、と思った2018年の始まりなのでありました。

リニア開業予定まであと9年・・・

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事