JR東海が、トンネル内への湧水を全て大井川に戻す方針を県に伝えているとの報道がありました。

静岡新聞
JR東海が姿勢転換「湧水全量回復」 リニア工事大井川問題

産経新聞
JR東海、リニア地下水問題で静岡県に歩み寄り 静岡工区着工へ前進

朝日新聞
静岡のリニアトンネル工事、わき水全量戻す JR東海


これは当たりまえというような気がします。というのも、毎秒2トンの湧水がトンネル内に発生するとの予測に対し、今計画されている導水路で戻せる量が不確実である以上、JR東海としても全量をくみ出さねば都合が悪いように思えるのです。

JR東海による流量変化および導水路によって戻せる量の予測値は次の通り。
イメージ 1
これだと毎湧水量のうち秒0.7トンは導水路で戻すことができず、トンネル内を山梨側に向けて流れてしまうことになっています。


いっぽう、静岡市が専門業者に委託しておこなった同様の試算結果は次の通り。
イメージ 2

こちらだと導水路で戻せる量は毎秒0.51トンで、毎秒0.9トンは山梨側に流れて行ってしまうと試算されています。


毎秒0.7トンにせよ0.9トンにせよ、かなりの流量です。日光の華厳の滝の流量が通常1.0トンに調整されているらしいので、それに近い量の水がトンネル内を流れるのだとしたら維持管理が大変になるでしょうし、山梨側の川に放流するにしても問題が生じるのではないでしょうか(発電目的でもなく一級河川の流域変更をやれるのか?)。だから、元よりポンプアップはJR東海としても不可欠だったんじゃないかと思うのであります。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇

それはそうと、これで懸念が払しょくされるかというと、そうとも思えません。

あくまで仮定の話ですが、湧水量が僅少で、なおかつ基準値以上の重金属等を含んでいたとすれば、そんな水をくみ上げるのはデメリットのほうが大きいといえます。一応、そういう可能性も考えておかねばならぬ以上、安易に全量くみ上げで全面合意するのは危険だと思います。現に南アルプスの東側の麓で行われている中部横断自動車道のトンネル工事では、自然由来の土壌汚染で四苦八苦してますので。

それとこれが一番肝心なのですが、導水路出口より上流の対策はどうするのでしょう? 

水力発電用の取水堰が3ヵ所あるし、水生生物への影響の程度や対策なんて全く不明のままなんですが。
イメージ 3


◇   ◇   ◇   ◇   ◇

さらに新聞報道を眺めていて、あたかも水問題が唯一最大の懸案のように取り扱われていることも疑問に感じました。

南アルプス山中に置き去りにされる東京ドーム3杯分(370万立米)の発生土はどーすんの?

イメージ 4
国土地理院ホームページ 電子国土Webより複製・加筆。
次の図にJR東海による発生土の盛土計画を重ね合わせ。
イメージ 5
イメージ 6

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

JR東海が、今度は神奈川県駅の施工業者の募集を開始しました。
神奈川県駅は地下駅となり、ここの工事だけで115万立米の発生土が生じます。ほぼ東京ドーム一杯に匹敵する量となりますが、発生土の処分はどうするつもりなのでしょうか?
神奈川県内での発生土量は1140万立米。このうち140万立米は川崎港で海岸埋め立てに使う方向で手続きが進んでいますが、残り約9割については目途が立っていないようです。

発生土置き場をめぐっては、最近、長野県内で気になる動きがありました。

松川町では、町内3地点に合計620万立米もの発生土を埋め立てようとする計画がありました。しかし過去に土砂災害を経験している地域であるため懸念が強く、結局、町として2地点590万立米分については取り下げることとなったそうです。
9月29日南信州新聞 松川町の残土処分候補地が難航 

この3地点では、計算上、南アルプストンネル長野工区と伊那山地トンネルからの発生土(530万立米)全てを受け入れるだけの容量があることになっていました。
また、同じ松川町内にガイドウェイ製造施設設置のために発生土20万立米を使って盛土するという計画もありましたが、これも土地利用制度の面から困難であるとされ断念することとなったそうです。
10月12日信濃毎日新聞 「リニア ガイドウェイ製作・保管の作業場 松川町、候補地を断念

このほか豊丘村では、「半の沢」という谷にかかる橋を、発生土30万立米を使った盛土構造に転換して道路拡幅を行う計画も浮上してきてます。しかし県の委託を受けて現地調査した専門家からは盛土するにはリスクがあると指摘されたそうです。
9月27日中日新聞 盛り土計画、安全を審議 技術検討委が発足

ちょっと調べてみると土石流危険渓流に指定されているようです。傍観者の感想になりますが、あえて盛土構造にするメリットは薄そうですので、この計画も紆余曲折しそうに思えます。


また、「すでに本坑掘削を開始している」とされる山梨県早川町でも、発生土の取り扱いが迷走しているようです。

同町への発生土量は329万立米になる見通しで、最終処分場1地点(3万立米)と仮置き場6地点(計24.7万立米)が決定してますが、すでに一杯のようです。120万立米を早川芦安連絡道路(山梨県事業)の盛土工事に、10万立米を別の道路盛土に使うとされていますが、今のところ搬入作業が開始されたとの情報はなく、どうなっているのかよく分かりません。



さらに早川町内では、中部横断自動車道から掘り出された発生土も数か所に運び込まれているようです。グーグルアース(2018年5月撮影)で眺めてみると古墳のような発生土の山が狭い谷底のあちこちに築かれており、これ以上、仮置き場を増やすことは困難に思えます。


◇   ◇   ◇   ◇   ◇

やっぱりリニア計画はムリが多いじゃないかと思うのであります。

中部横断自動車道の例に見るように、道路建設でも大量の発生土が生じます。資料の出所は失念しましたが、新東名高速道路の場合、静岡県内だけで7200万立米もの発生土が出たということです。これだけでリニアの東京−名古屋間の発生土量の約1.3倍にもなります。


どのように処分計画が立てられたのか分かりませんが、ところどころに超巨大な盛土構造区間が設けられています。下の写真は静岡のサービスエリアですが、撮影位置から向こう側1.2㎞ほど先まで、谷を延々と埋め立ててあります。ここだけで300万立米以上を使っているらしい。
イメージ 1

下の写真は反対側から撮ったものです。右手の光っているところに川が流れていて、その左手斜面全てが盛土です。
イメージ 2

ムチャクチャに大規模な盛土ですが、自らの事業内で「活用」されています。あちこちにこのような巨大盛土区間を設け、場所によっては住宅地造成などにも当てながら、7200万立米を使い切ったことになってますす。

ここがリニア計画と根本的に違う。


静岡市内の図書館に「東海旅客鉄道20年史」というものが置いてあります。
この本には山梨リニア実験線の検討経緯が掲載されており、その148ページに次のような記述があります。
「…山梨実験線は、上記運輸大臣の暫定技術指針及び配慮すべき条件に適合するよう、全長42.8㎞、うち複線区間24㎞の規模で全体を計画した。このうち、インフラ構造物については、トンネルが全体の8割以上を占めることとなり、最長は御坂トンネル(仮称)で約14㎞の延長となる。明かり構造物は、高架橋及び橋りょうが愛部分を占めるが、切取り区間も一部存在する。盛土構造については、超電導リニアの地上1次モーターと高速性に由来する厳しいガイドウェイ精度管理の面から採用しないこととした」 

赤く記した部分が、実は超電導リニア方式の隠れた盲点なんじゃないかと思います。

トンネルばかりなのに、事業内で発生土を再利用することが難しい。

これは致命的な弱点じゃないのかなぁ。


発生土処分計画の情報についてリンク集を設けてありますので、ご興味のある方はご覧ください。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

そういえば、宿舎建設に先立って公表されたJR東海の事後調査報告書にはこんなことが書かれています。

イメージ 4


移殖個体の変化は特に見られなかった

これに違和感を覚えたのでございます。

個人的な感覚ですが、菌従属栄養植物(いわゆる腐生植物)、なかでもランのグループは、地上部分の変化が非常に速いと感じます。

ナヨテンマという菌従属栄養の生態を持つランの一種を例にとってみます。一般的には腐生ランといった方が通りがいいかもしれません。静岡県中部の某低山で見つけたものです。ちなみに環境省のレッドリストでは絶滅危惧ⅠB、静岡県版のレッドリストでも絶滅危惧ⅠBに指定されています。

こちらは2016年6月12日に撮影したものです。まだつぼみが固い状態です。このような状態のものを15本ほど見つけました。
イメージ 1

当時、ブログ作者はナヨテンマというものは図鑑でしか見たことがなく、「これは何じゃい?」という状況でしたので、次の週末に再度訪問しようと考えました。ところが当日は朝からお腹を壊してダウン。というわけで、再訪問は2週間後の6月26日となりました。

ところが・・・

こちらが26日に撮影したもの。
イメージ 2
最初に見つけた15本すべてで花は終了し、果実(櫺漫Г気か)となっていました。中で種が成長している段階です。また、次の開花中のものと比べて分かるように、花が終わると柄の部分がニューッと伸びるよです。

かわりに、少し離れた場所で開花中のものをみつけました。ただ花はしおれ始めています。
イメージ 3

あくまでナヨテンマの例ですが、2週間の間に、大きく見た目が変化しているのです。このほか、ブログ作者が個人的に観察した例に限りますが、菌従属栄養植物であるムヨウランの仲間、ヤツシロランの仲間なんかは、一般的に形態の変化が著しい傾向にあると思います。


JR東海の事後調査報告書の話に戻りますが、アオキランの生態についての報告書をみると、JR東海が移殖した時期は、果実が成長〜裂開して種子を散布する時期に相当するそうです。

それなのに「変化がない」というのは、なんとも腑に落ちない。果実がこれだけ成熟したとか何とか、いろいろと着眼点はあるはずでしょうが、ちゃんと観察しているのでしょうか。


9兆円の超・巨大ビックプロジェクトに対し、重箱の隅をほじくるような話です。

別にこれをもってリニア批判に結び付けようという気はないけれど、ただ、モニタリングするつもりで移殖したなら、ちゃんと責任をもって第三者の検証に耐えうるものにすべきじゃないかと思うのであります。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事