全体表示

[ リスト ]

借地借家法によって、民法の契約自由の原則では、当事者の意思を優先させるために、契約条件は自由に決めることが出来るようになっています。




これを賃貸借契約に当てはめると、貸主の思い通りの契約条件が認められることになります。




このため民法上弱い立場にある借主の権利を規定しているのが借地借家法です。




特に32条では契約の途中であっても家賃の増減額の請求(家賃交渉・賃料値下げ)が出来ると定められています。




企業再生・事業再生をお考えの企業はいち早く見直すべきところと言えます。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事