流通の歴史と未来のブログ

食品流通は凄く面白い世界です。昔・今・未来を語りたい

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

近代化 16

 今日で近代化の話は最終です。近代化とは何か、ということを最近、考えるようになりました。近代化は人間の全活動領域に広がるものでしたが、個々の領域ごとに近代化の意味は随分、異なったものですから、一律的に近代化とは何かを語る事は難しいと思われます。

 私の専門は食品ですから、食品の世界で言えば、近代化は人間の食生活自体も、その生産も消費も大きく変えてきました。近代に入る以前においては、圧倒的に自分で作ったものを食べるというのが普通であり、加工食品も非常に多く家庭で製造されていました。
 味噌、醤油といった調味料にしろ、保存食であった乾物類、塩漬け品等々もです。それらを商品として購入できたのは、都市の住民、それも都市の中核に居住する人のみであり、全食料生産の数パーセントでしかなかったかと思われます。

 近代というのは工業化により、多くの食品は購入して食べるものに変わっていく。その範囲は初めは調味料や加工食品に、戦後も昭和40年代あたりになると、物流技術、コールドチェーンの完成により急激に生ものから惣菜化した製品供給されて行く形になりました。
 激しい競争環境の中で生鮮品にも、惣菜類にもブランド化が行われ、地域限定商品もマーケティングの立場から作り上げられる状況になりました。

 この流れで分かるように、どこかで止まるという事のない流れであり、時代を経る中で、あれが分岐点だったかもしれないと思う事は出来ても、ほぼ切れ目のない変化をもたらしており、途中での深刻な健康問題、安全性への疑惑が持ち上がっても、それをものともせずに乗り越えていく、より一層の拡大という、資本主義の強靭さを改めて思い起こさせるものがあります。

 このままどうなっていくのだろうかという不安がない訳じゃない、本当に食の持つ幸福が維持され発展できるのだろうかと思うのですが、いろいろ修正を加えながらも、この広大な世界はより大きく進んで行くのでしょう。

この記事に

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事