☆★☆時事チップス★☆★別刊・歴史チップス[最新報道版]

時事チップスは川柳・風刺チップスと統合して引越しました。→ http://jijichips.blog.fc2.com/

全体表示

[ リスト ]

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。



 イランは「悪の枢軸」だという。
 アメリカが悪魔呼ばわりしていたのである。
 アメリカは、その悪魔と手を結ぶという。
 アメリカにとって、もはや正義など関係ない。
 それもありかもしれない。
 そもそも「元祖悪の枢軸」の日本は、アメリカの「トモダチ」である。

 敵の敵は味方である。
 鼎立(ていりつ)という泥沼を打破するにはそれしか策はあるまい。
 アメリカとイランの共闘は、自然の流れであろう。
 が、アラブやイスラエルの手前、共闘は限定的になる。
 本気を出さない限り、イスラム国壊滅は無理であろう。
 アメリカは自信がないのである。
「たとえ本気でイスラム国を駆逐したところで、その後に平和が訪れるとは考えられない」
 無駄なことはしたくないから、時間を稼いでいるだけであろう。
 結局、延々と泥沼が継続するのである。
 敵の敵は味方というのは、アメリカとイランだけに当てはまることでもない。
 イスラム国にとっての敵の敵はアメリカであり、イランでもあるのである。



● イスラム教スンニ派過激派武装組織「イスラム国」 ●


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事