☆★☆時事チップス★☆★別刊・歴史チップス[最新報道版]

時事チップスは川柳・風刺チップスと統合して引越しました。→ http://jijichips.blog.fc2.com/

全体表示

[ リスト ]

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

「バグダディはイラク人ではなくてユダヤ人」
「バグダディはイスラエルの諜報機関モサドの出身」
「バグダディとアメリカのマケイン上院議員が一緒に写っている写真が何枚もある」
 ネット上では様々なデマが飛び交っているが、これらは単なるデマとはいえまい。
「イスラム国の指導者であるバグダディは、モサドとCIAとMI6が育てた」
 スノーデン元CIA局員の言葉は、まるで米英やイスラエルが「イスラム国」を作ったかように聞こえるが、真に受ける訳にはいかない。
 スノーデン氏はロシアにかくまわれている身である。
 当然、ロシアと対立するアメリカ+舎弟をおとしめることも言うであろう。

 ただし、過去にアメリカがバグダディとつながりがあったことは確かのようである。
 彼がアメリカらによってソ連(ロシア)やイランやシリアと戦うために養成されたことは誰も否定しない。
 今でも「イスラム国」を率いている彼は、シリアやイランと戦い、ロシアと対立している。
 彼がアメリカらと仲間割れしたのは、その後の話なのである。
 当然、
「アメリカとイスラム国は、まだつながっているのではないか?」
 という疑惑も持たれるであろう。
 そういえば、アメリカはイスラム国の兵士に食料を空輸しちゃったり、イラク軍を誤爆しちゃったりしたことがあった。
「米軍はいったいどっちの味方なんだ!」
 イラク軍がアメリカを信用し切れていないことも、イスラム国を温存させている一因であろう。
 そんなイラク軍が近く大規模地上戦に乗り出すという。
 いったいそんな莫大な戦費を、どこのアホの国が出したのであろうか?
 そういえば、ヨルダン軍は日本から「人道支援」を受けた途端、奮起してイスラム国を空爆した。
 どうやら日本が払ったのは「お薬代」ではなく「花火代」だったようである。



● イスラム教スンニ派過激派武装組織「イスラム国」 ●


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事