朝顔と露

ざっくばらんにコメントしてくれると\(o^▽^o)/です。

放射能 編集中

すべて表示

樹木と森林の放射性物質汚染の変化に関する考察(スギ花粉)

1 はじめに コンピュータ故障中に付き中断 2 スギ花粉の汚染状況の変化  2012年から2015年までの結果を図1に示す。 近似累乗曲線を描くと、 2012年 y = 3149.3x^1.3403 R2 = 0.8814 2013年 y = 1678.7x^1.3407 R2 = 0.9092 2014年 y = 1305.4x^1.0565 R2 = 0.8698 2015年 y = 1045.5x^1.1328 R2 = 0.8247 となる。  低線量の地点になると、自然放射線量が影響を及ぼすことから、 今井 登氏の「 日本の自然放射線量 」を使って、各地点の自然放射すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

放射性セシウム含有土壌に対して、水酸化ナトリウム水溶液又は水酸化カリウム水溶液を混ぜ、セシウムが気化しない500℃以下で有機物を分解燃焼させた後、再度農地等に戻す方法。 【要約】 【課題】土壌中の放射性セシウムに汚染された農地から生産される農産物は、カリ系肥料の施肥等対策を行っても、食品の放射性物質の基準を超過したものが発生し、表土を削り取るし ...すべて表示すべて表示

1 群馬県赤城大沼のワカサギ 群馬県赤城大沼のワカサギの放射性物質については、 各湖沼データから予測を行ったところである が、当初年流出減少を見込んでいないことに気が付き、修正したところ、8月の検査結果から、既に流出しないレベルまでとなっており、今後は平衡状態となっていると判断し、予測値も元に戻したところである。 その後、2015年1 ...すべて表示すべて表示

1 赤城大沼のワカサギ 群馬県赤城大沼のワカサギの放射性物質については、 各湖沼データから予測を行ったところである が、当初年流出減少を見込んでいないことに気が付き、修正したところ、8月の検査結果から、既に流出しないレベルまで減少して今後は平衡状態となっていると判断し、予測値も元に戻したところである。 その後、2014年11月7日に群 ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事