全体表示

[ リスト ]

BOZAK CMA-6-2S

イメージ 1

一週間前に、送られてきたBOZAKミキサー。
今日になってやっと開封。

いやぁ〜〜!綺麗ですね!!かっこ良いですね!!
シルバーフェイスって言うのも、中々良い!!

BOZAKなる、ミキサーを知ったのはUrei62XXシリーズのアンプを探してる時に、稀にUrei1620ミキサーの原型なる文言でオークションに出品されていた。
このUrei1620は、その筋では相当有名な名機らしく、今でも高値で取引されているようで、復刻版の1620LEというのが今でも販売されている・・・・のかな??

で、このCMA-6-2Sについて調べてみた。

Urei1620の発売が1982年、その約10年前の1971年に原型となるCMA10-2DLが発表された。
それ以前にCMA10-2Dというモデルが在り、そのモデルが一番音が良いらしい!
このCMA-6-2Sは、そのCMA10-2Dと同時期の製品らしい? ・・・(期待大)
ということは、今から40年も前のミキサー!!・・古臭さを感じさせないどころか、正常に稼働するところが・・・・・凄い!!

早速、2階に持ち上げて音だしチェック!!

その前に、お譲り頂いたヨハネス様からのアドバイス。
「このボザークは、バランス接続ですが中身はアンバラです。ホット、コールド、グランドの接続にはコツが必要です。」・・・・??????

気になったので、卿のブログの中でボザークに関連した記事を読み返す!!
1,2番ショート、入力トランス、バランス出力・・・????

解ったのは、このミキサーは3番HOT。

解らないことは、気にしないで3番HOTのフィリップスのCDPを2階に上げて!

LHH500→Bozak→Urei6260→SP

いざ!・・スイッチON・・・・緊張しますね!

あっさりと、音が出た!!・・・・当たり前か!!

一応、使い方を知る為に、彼方此方のノブを・・グリグリ!!
さほど、難しいことも無いので一安心。

ただ、鳴らした感じでは、パワーアンプ側でゲインを上げるとノイズが出るので、インプット側でゲインを上げることに。

このミキサー、120V仕様、Urei 6290も120V仕様ですが、トランスの唸り音も無いので、そのまま100Vで使っていましたが、そろそろステップアップトランスを準備居しないといけませんね!!

本体に組み込むのは、まだ先になりそうです!!

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

無事音が出て安心しました。
こいつは置き方によって(電源トランスの位置によって)ノイズが乗ったりしますので、セッティングもいろいろ試してくださいね。
ハムやノイズは必ず止まります。

2009/10/25(日) 午後 10:42 [ alp**e475 ] 返信する

顔アイコン

有難う御座います。
これから、いろいろ試してみようと思います。

2009/10/26(月) 午後 9:04 [ jik*bo*4*55 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事