全体表示

[ リスト ]

句会

 12月11日(土)
 午前中は樟の会。男性二人はまだ初めて間もない。
 野の匂いさせて十一月の雨    保子
 椅子のない机は怖い夕時雨   ひろ子
 究極の美は黄落の一葉にも    澄子
 築百年隙間風にも道がある      豊
 落ちてこそ明日に繋ぐ山紅葉     収
 右脳など疾っくに空っぽ小六月  けい
 
 午後はかしわ句会。軸でもっとも古くからある支部だがメンバーは大きく替わった。50代が二人入ってきて頼もしい。
 耳からの童話が紡ぐ冬の夜   益江
 日溜りに銀杏落葉の免罪符   伸桂
 駅ビルの店また一つ閉じ初冬  章子
 故もなきいかりを白き大根へ   敦二
 冬至来る正午が作る影の位置  智介
 鶏頭の固き頭を慰める       寿一
 ひと言の電話で別れ寒椿    はるゑ
 
  
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事