全体表示

[ リスト ]

「虎杖」終刊

 12月3日
 荒れた朝であった。すさまじい雨音で目を覚ました。
 まずは昨日の朝日カルチャーセンター千葉俳句会の当日句の結果。
 
 秋尾 敏特選1   自由への威嚇となれり冬の海   諸藤留美子
 秋尾 敏特選2   重ね着の隠す動悸をもてあます  吉田季生
 秋尾 敏入選    カーテンの独り言聞く室の花    平岡育也
 小浜杜子男特選2 寒い海峡線引きの向こう側     諸藤留美子
 鈴木太郎入選    柿落葉透ける少女のたなごころ  吉田季生
 
 今日の午前は、吉川市で瑞穂句会であった。仲のよい句会である。
 どうだんの枝も密集冬紅葉       健一
 酒蔵の熟成までのクラシック      絢子
 蹲踞にも太き応援秋相撲       寿美枝
 隼の影の残像銀杏黄葉        登志子
 冬の月鎖が止めるガスボンベ     かづ子
 木霊しつつ木立は天へ枯れてゆく   裕子
 
 午後は春日部市で、花水木句会の忘年句会。席題は「冬の霧」「故郷」「時計」。山崎政江さんの指導で、軸の支部のなかで今年最も力を伸ばした句会の一つとなった。
 
 故郷の塩ふっている冬の朝       陽子
 故郷に大型店舗山眠る          悦子
 腕時計見ず足早に冬の暮       妙子
 故郷やわがまま言える白兎        啓
 唐物は時計廻りに寒稽古        紀子
 去年今年重い時計に厭きている   誠二
 時計台冬の運河を渡れるか       隆雄
 冬霧に巻かれたような死化粧     政江
 
 句会終了後、郵便局で会費をおろし、銀行口座に移す。帰宅して「軸」12月号の発送。
 郵便物を見ていたら、「虎杖」誌の上に、「終刊のようです」という木之下さんのメモが乗っていて驚く。開くと、確かに主宰の相原左義長さんが、「終刊に当り」と書いている。何ごとであろうか。何も聞いていなかった。編集長の松本勇二さんに電話を掛ける。深く事情を聞くわけにはいかない。ただただ今後を祈るのみと伝える。
 左義長さんとは2000年の第1回世界俳句大会を同行し、主宰としての生き方というものを見せていただいた。その後もいろいろ励ましていただいていたのだが、その左義長さんが主宰誌を閉じるとは。
 
 足音は足音として冬木立  敏
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事