全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 11月15日、青山の草月ホールで、セシル・テーラー京都賞受賞記念公演が行われた。セシルのような本当の意味でジャズを深め、その可能性を広げてきた人にこの賞が贈られるのは素晴らしいことだ。
 公演は舞踏の田中泯とのデュオで、休憩を挟んでの2部制であった。
 スタートは暗転の中での入場から。ここですでにその身体性において、セシルが泯を圧倒してしまった。上手からゆっくりと一歩ずつ下手のピアノに近づくセシル。泯の舞踏はそのセシルを迎え、影となってピアノに導く妖精であるのだが、しかしセシルの日常を超越した存在感に対して、泯の身体はいささか日常であった。
 むろん素(す)であることが、泯の目指してきたことであろうし、ことさらのおどろおどろしい演技力など、彼の望むところでないことは分かっている。だが、セシルの身体は、泯の<おどり>を越えて、ありのままのオーラを放ち、あるがままの姿で聴衆を非日常の空間に導いていった。
 ピアノの最初の音が鳴らされるまで、20分近く経過したろうか。ジョン・ケージの「4分33秒」をはるかに超える深く長い沈黙が会場に満ちる。やがてセシルのヴォイスに続いて、ベーゼンドルファーが低く唸りはじめた。
 休憩までの第1部は、異なる二つの文化がそれぞれ独自の唸りを放っていた。分かりやすく言えば、やはりセシルの音楽は西洋のもので、泯の身体は徹底して東洋なのだと感じ続ける時間帯であった。しかし、休憩を挟んでの第2部、セシルはほんの少し何かを変えてきたように思う。一流のサッカーチームが、ハーフタイムを挟んで絶妙の変化を見せるように。
 後半のセシルは、泯の身体と完全にコミュニケーションを取り合っていた。たとえて言えば、それが映画「ほかいびと伊那の井月」のバックに流れていたとしても何の違和感もないであろうと思わせるものであった。
 それにしてもセシル・テーラー85歳。アタックの鋭さは多少丸みを帯びたかもしれないが、その指は完璧に和音のバランスを保ち、高らかに生命を歌い、ピアニッシモの低音までも極限まで響き渡らせる。ジャズメンとしてもピアニストとしても京都賞にふさわしいアーティストである。
 開演前のロビーで、京都賞の審査委員でもある細川周平さんに初めてお会いした。松岡秀明さんの紹介である。細川さんは、私の著書の「文学する」という概念を引用して下さっていて、いつかお礼をと思っていたので、有意義な日となった。
 
 
 

開く コメント(0)

橋本雅邦

 句会の吟行で、埼玉県立歴史と民俗の博物館を訪ねた。 特別展「狩野派と橋本雅邦−そして、近代日本画へ」が目当てである。
 江戸時代に権勢を誇った狩野家の絵師たちも、明治になると職を失い、海軍の海図を書いたり、一般の役人になったりして糊口を凌いでいたらしい。それがまたフェノロサらに評価されて、「日本画」が美術学校で教授されるということになり、その教授となったのが橋本雅邦である。
 雅邦は横山大観らを育て、画壇の中央に坐るが、それだけに嫉みも受けたのであろう、怪文書が出回ったりもしたようだ。
 そもそも橋本家は、狩野派の本流ではない。中枢の木挽町狩野家に代々学ぶ家筋なのである。それが教授ということになり、狩野家の画法を越えた近代日本画を作り出していったのだから、批判が出ないわけがないのである。
 雅邦という人は、そういうことをものともしない強靱な精神を持ち合わせていたのであろう。考えて見れば、雅邦という名前自体が、国の絵を再生し、あらたな画法を作り出すという意味を持ち合わせている。これも意図的なことで
あったかもしれない。下位の実力者がトップに立つというのが明治維新の図式だから、雅邦もまた明治維新の典型を生きたと言えるのではなかろうか。
 
 仄暗き雅邦の鶴の雪間より     敏
 雅邦とは国の春待つ名なるべし  〃
 雅邦展出て冬晴の辞書開く   〃
 
 

開く コメント(0)

新宿PITINN

 はじめて新宿PIT INNでSaxを吹いた。と言っても、Jazzスクールの発表会であるからたいした話ではない。曲はOn Green Dolphin street。半音進行がキモのやっかいな曲である。1週間前に1時間のリハーサルがあって、そこで初めて出会った人たちと本番を迎えた。ジャズだからそれで十分である。何とイントロでつまずいたのだが、土俵際で持ちこたえた。トランペットの女性の性格がしっかりしていたためである。あらためてジャズは”性格”だと思った。
 ジャズにはブルーススケールという必殺技があるから、どんな曲でもそれで何とかなってしまう。しかし、それを克服しようとしてスクールに入ったのである。ビバップスケールとかディミニッシュスケールとか、先週などは完全4度の積み重ねの使い方まで丁寧に教えて頂いたのだが、なかなか本番で取り入れるというレベルには行かない。いざとなると、またコードトーンとブルーススケールに戻ってしまう。くやしいなあ。
 まあ、今回は少しテンションノートも使えたし、何よりもトンネルの出口が小さく見えてきたのがうれしい。カキリブ(あらかじめ譜面に書いておくアドリブを冗談でこんなふうに呼ぶ)に逃げなかったのも良かった。
 驚いたのは大学ジャズ研OB会の会長がいたことだった。「緊張が音に出てましたよ」と笑われてしまった。もう2年も通っているという。私よりずっと年下だが、どうやら本気らしい。60歳までになんとかすると言っていた。
 最後に先生方の演奏があった。何が違うかといえば全部違うのだが、結果からいえば自由度が違うのである。自由であるということは、技術があるということで、どこまでやっていいかという枠を知っているということでもあるし、音が全て内発的に出ているということでもある。私たちは、外部にある曲というものを再生しようとしてしまうのだが、先生方は内部の音を自在に表現している。六十の手習いだが、そこまで行きたいなあ。

開く コメント(0)

 第23回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を恩田侑布子さんの評論集『余白の祭』(深夜叢書社)が受賞した。俳句論がこの賞を受賞するというのは画期的なことである。恩田さんに心からのお祝いを申し上げるとともに、選者の松本健一氏に敬意を表したいと思う。今日(11月8日)に、渋谷の文化村で授賞式があったのだが、席上でのお二人の対談はなかなかに聞き応えのあるものだった。
 松本氏は、完成度の高い作品ではなく、これからの文学シーンを切り拓く本を探したと述べられた。一方、受賞者の恩田さんも、巧い俳句ではなく、読み手の心を切り拓く俳句を求めていらっしゃた。
 文学の評価は難しい。完成度、時代性、流通性・・・さまざまな観点があるが、〈誰も語っていないが今語るべきことと〉に切り込むという姿勢がもっとも尊いのではないかと思う。
 ひとつ作品が売れると、そのテーマや描き方を真似る人が必ず出てくる。俳句では〈類想句〉などと言ってよく問題になるが、それは絵本でも小説でもシナリオでもよく起こることだ。
 最初の一人になるのは難しい。知性のほかに勇気も要る。だが、そこを目指さなければ、文学に関わる意味はないのではないかと思う。

開く コメント(0)

ジャズだぜ

 大学の学園祭でサックスを吹いた。久し振りのことである。42年もの昔、我々の代が吹奏楽部内の同好会からジャズ研をサークルに昇格させたのだが、それが今も続いている。感慨深い。
 私のサックスなどはほんとにヘタクソで、到底ジャズと呼べるようなシロモノではないのだが、それでもバンドに加わって、それなりに音が合ったときには心が震える。
 細川周平さんの『日系ブラジル移民文学 I 日本語の長い旅[歴史]』(みすず書房, 2012)には私の著書も引用して頂いているのだけれど、そこに「参加型」と「提示型」の音楽というのが出てくる。ペルーの民族音楽研究家トマス・トゥリノの論なのだが、要するに参加することに意味がある文化はたしかに存在するということなのである。
 細川さんはそれを文学に適用し、日系ブラジル移民が書き続ける俳句や短歌に意味を見いだそうとする。
 それはもちろん日系ブラジル移民だけの問題ではない。
 いったいなぜ私たちは俳句を書き続けているのか。
 凡庸であろうとも、月並であろうとも、そこにはそのことによって得られる何かがある。やってみれば分かることだ。
 言うなれば、俳句もジャズもスポーツである(すでにそういう本も出ている)。見たり聞いたりするのもおもしろいが、下手でもやった方が楽しい。
 ごいっしょにいかがですか。
 
 

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事