ここから本文です

神保町花月 楽屋裏ブログ

書庫全体表示


11/10(金)〜11/12(日)
『愛にすべてを〜奇抜探偵・四条司の靉靆たる記憶〜』



脚本:福田晶平

演出:足立拓也(マシンガンデニーロ)

出演:囲碁将棋、井下好井、タモンズ、シューレスジョー、ピクニック、サンシャイ   
   ン、松田百香、160cm矢崎、野本真貴子(細いとメガネ)



あらすじ:13年の時を経て再び姿を現した連続殺人鬼。

     そして、探偵は過去と対峙する。



2014年7/11に行われた『ロシュ・リミット』から実に3年4ヶ月ぶりに、あのメンバーが帰ってきました!

イメージ 1

レギュラーメンバーの囲碁将棋さん、井下好井さん、タモンズさんに加え、信頼と安心のピクニックさん&シューレスジョーさんが脇を固めます。さらに神保町花月からの信頼も厚い若手エースのサンシャインも加わり、松田百香さんが彩を与えてくれます。

(ちなみに、ここまで紹介した皆さんは、一度は奇抜探偵シリーズに出演したことがある実力者たちです。楽しみですよね〜)

さらに、今作が初めての160cm矢崎くんと野本(細いとメガネ)さんがフレッシュ要因として出演しながらサポートもこなしてくれています。

(奇抜探偵は転換の美しさも大きな見所の一つなので、サポートも大事な役なんです)

以上のメンバーで構成された13名が、「新・奇抜探偵チーム」となります!



出演者もさることながら、奇抜探偵を語るうえで欠かせないのが、脚本の面白さです。この日の本読みでも……

「…なるほど」
「すげーそういうことね」
「やっぱり本がオモロイわ〜」

など、演者から感想が飛び交ってました。
本を読んだだけで、すでに成功を予感している人もチラホラ見受けられました。

イメージ 2

終始、気心知れたメンバーによる和やかな雰囲気で進んでいきました。
本読みが終わったところで、演出の足立さんから一言をいただき、本読みは終わります。


「今回が最終回ということで、四条シリーズへ皆さんなりの愛を注いでもらえればと
思います」


この言葉を聞いてこれで本当に最終回なんだなと改めて実感しました。出演者の皆さんの積み重ねてきた思いを見届けてもらって、奇抜探偵は完結します。

イメージ 3


〝チケット完売〟に表れている通り、お客様からの愛は出演者、スタッフ一同感じております。あとはその愛に応えるために稽古を繰り返して、これまでの集大成を観ていただくだけです。

きっと公演日は、劇場が愛でいっぱいになるんだと思います。

イメージ 4

『愛にすべてを〜奇抜探偵・四条司の靉靆たる記憶〜』
ついに始動しました!最後まで応援よろしくお願いします!


作家 長内



この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事