ここから本文です

書庫全体表示

焼き餃子

餃子と言えば中国では水餃子。日本では焼き餃子。

実際中国に行ってみると、餃子と言えば水餃子というのは本当でした。しかし、予想外にあちこちで焼き餃子をみかけます。


イメージ 1
々東省東莞で夜みかけた自転車で引く屋台。
奥のほうの鍋ではトウモロコシを茹でています。鉄板の上では、いろいろな餅や餃子のようなものを焼いています。品目を書いていないので、私にはわかりませんが、餅類にもそれぞれ固有の名前があるんでしょう。餃子のようなものは、食べてもやっぱり餃子のようでしたが、別の名前があるのかもしれません。


イメージ 2
∨無東安門夜市の固定された屋台。
焼いてますね。これは煎餃というそうです。

イメージ 3
9東省東莞の市場にあった屋台。
煎餃ばかりでなく、このように蒸餃も屋台で売ることが可能です。


イメージ 4
じ欺撒箸僚撒反声劼虜徇蕕砲董
驚いた。水餃子も茹でて売ることができるんですね。


イメージ 5
ゥ好撻ぅ鵐丱襯札蹈覆痢RESTAURATE CHINO LONG JUAN・龍皇酒楼」。
バルセロナでも水餃子より焼き餃子のほうが多いようです。メニューには「GUO TIE・鍋貼」と書かれていました。


イメージ 6
餃子の王将武蔵小杉店の焼き餃子。
厨房ではこれのことをコーテルと呼んでいます。


イメージ 7
東京神保町スヰートポーヅの焼き餃子。
北京ではこういう形のものは鍋貼と呼びますよね。


イメージ 8
┘侫.ぅ費子の焼き餃子。


イメージ 9
金春麺麺の焼き餃子。
この羽付き餃子の羽の部分は、大連という店の人の話では、皮を作った時の打ち粉の有効利用のためなんだそうです。余りものを焼いたのではなく、はじめから焼いたということなんでしょうね。


イメージ 10
東京町田小陽生煎饅頭屋の生煎。
ファイト餃子の焼き餃子に似ていますね。


イメージ 11
上海の鍋貼。
画像は花猫さん提供です。ファイト餃子よりも餃子っぽい形をしています。


中国で餃子と言えば水餃子というのは、餃子という名前が指すものは水餃子のことという意味なんですね。日本人の目から見れば餃子に見えるものでも、名前が違う良く似た食べ物が中国にはたくさんあるようです。

この記事に

  • 顔アイコン

    今集まってる資料から、鍋貼は一旦茹でることなく直接焼いた物のようです。冷めた水餃子を焼いて温めて出すというのは、私は実際に台湾の工場の食堂で経験しました。でも名前が変わるわけではないと思います。値段も同じでした。

    ジミー荒川

    2007/2/18(日) 午後 8:21

    返信する
  • 顔アイコン

    凄い〜全部食べてみましたの?

    [ rie ]

    2007/2/18(日) 午後 9:30

    返信する
  • 顔アイコン

    浮かばないです。ところで、なぜ餃子という名前なの?

    [ ACRJ ]

    2007/2/18(日) 午後 9:39

    返信する
  • 顔アイコン

    餃子も色々あるんですね、見た事ないものばかりです(*^^)v

    小樽のカモメ

    2007/2/18(日) 午後 10:31

    返信する
  • 顔アイコン

    ↓は食べていません。特にの上海の鍋貼は一度食べたいなぁ。

    ジミー荒川

    2007/2/18(日) 午後 10:42

    返信する
  • 顔アイコン

    CRJさん、先入観を持たないうち聞きたいから、その質問の答えは後でね。サクラさんやリリーさんはどう思う?

    ジミー荒川

    2007/2/18(日) 午後 10:47

    返信する
  • 顔アイコン

    日本では以外は全部餃子と呼ばれていますね。または焼き小籠包と呼んでしまっています。日本人は結構アバウトです。

    ジミー荒川

    2007/2/18(日) 午後 10:50

    返信する
  • Δ離魁璽謄襪辰篤蘚修里海箸世隼廚い泙后「鍋貼」は通常、北方語っぽく語尾をR化(巻き舌)させて発音しますので、日本人の耳にそう聞こえても不思議はないと思います。

    mai*o*aido4*49*n

    2007/2/18(日) 午後 11:02

    返信する
  • 顔アイコン

    きっとそうでしょうね。日本で餃子を”ぎょうざ”と読んでいるのは山東方言からきているという説もありますが、僕にはjiǎoziがぎょうざと聞こえないことはありません。

    ジミー荒川

    2007/2/19(月) 午前 0:54

    返信する
  • 顔アイコン

    旧暦大晦日の日に餃子の記事、素晴らしいです!遅くなりましたが、私も頑張って「餃子製作プロセス」の関連文章をアップしました〜TBさせていただきました、良かったら是非見に来てください^ー^祝荒川さん春節快楽、健康平安!ことしもよろしくお願いします〜

    伶音坊

    2007/2/19(月) 午前 2:05

    返信する
  • 顔アイコン

    素晴らしい製作記ですね!僕のほうは、餃子の日中の違いが生じた理由にについて僕なりの考えを語る予定でしたが、事前に方々の焼き餃子を食べていたら、いままで気がつかなかった事実に遭遇して迷ってしまいました。まだ続けます。

    ジミー荒川

    2007/2/19(月) 午前 7:59

    返信する
  • 顔アイコン

    これだけ研究できる人がすくないですね。

    hua*g0*03jp

    2007/2/19(月) 午前 9:47

    返信する
  • 顔アイコン

    僕は中国語の資料を読む時間も能力もないので、日本語の本やネットの情報が頼りです。huangさんも教えてくださいね!

    ジミー荒川

    2007/2/20(火) 午前 0:19

    返信する
  • 顔アイコン

    餃子=焼餃子;中国では:餃子=水餃子;焼餃子=茹でたor余った餃子を油で焼いた餃子です(油煎餃子);上海の鍋貼は日本の焼餃子に一番近いでしょう(具が違うんだけど…)

    [ wav*00*jp ]

    2007/2/20(火) 午後 4:21

    返信する
  • 顔アイコン

    リリーさん、水餃を油で焼いて油煎餃子にするんですね。鍋貼にはならないんですよね。

    ジミー荒川

    2007/2/20(火) 午後 11:06

    返信する
  • 顔アイコン

    そうですね^^ 削除

    [ lily1993jp ]

    2007/2/21(水) 午後 4:35

    返信する
  • ただいまTBしました。ぎょうざはうんざりです!

    みどり

    2007/2/21(水) 午後 8:20

    返信する
  • 顔アイコン

    リリーさんサンキュー!餃子については第2弾が水餃子をで最後にまとめをやります。まだまだ色々教えてほしいことがあるから、よろしくね!!

    ジミー荒川

    2007/2/21(水) 午後 9:06

    返信する
  • 顔アイコン

    僕は炸醤麺と水餃子が好きだから中国にも興味があるんですが、みどりさんはきっと旦那さんが好きだから中国に住んでいるんでしょうからね(笑)。北京には初一餃子初二面という習慣もあるそうですが、炸醤面は出てきませんか?

    ジミー荒川

    2007/2/21(水) 午後 9:21

    返信する
  • 顔アイコン

    次は水餃子の記事を書かないといけませんが、時間がかかりそうなので今夜は軽い記事にしてきます。なぜ餃子という名前なのかというCRJさんへの回答もその時までのお楽しみに・・。

    ジミー荒川

    2007/2/21(水) 午後 9:50

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事