ここから本文です

書庫全体表示

久々の元祖ぎょうざ苑

関西方面に出張で行く機会があると、まずこの店に寄れる時間があるかどうか確かめる。今回の旅行は仕事じゃないので、2日間まるまるフリー。当然2日目は神戸南京町に移動だ。


イメージ 1
予告編で行列していたのはこの「元祖ぎょうざ苑」。実に6年ぶりの訪問。


イメージ 7 イメージ 2
左は2001年撮影。昼も水餃子が食べられるようになったのは嬉しいな。炸醤麺が630円に値上げしたのもしかたないか。


イメージ 3
これが当時、麺がちゃんと白い色をしているけど平たくない玉うどん(ゆでうどん)だったり、胡瓜が載っていないという違いはあっても、我が家そっくりの味に感動した炸醤麺。


イメージ 4
少し変わってしまったみたい・・・。


イメージ 5
こちらは世界一うまかった水餃子。


イメージ 6
ワンタンみたいに皮がシワシワ。今も当時と同じように、店内でパスタマシーンでのばして型抜きして作っているんだけど・・・。皮が薄くなった。焼きぎょうざ向きに改良されてしまったのかなぁ?


元祖「ぎょうざ苑」 [ ギョーザ・飲茶 ] - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=34.41.04.619&lon=135.11.25.481&width=240&height=240&sc=3&size=p&prop=gourmet


住所: 兵庫県神戸市中央区栄町通2−8−11 
営業時間、定休日: 11:45〜(L.O.14:00)、17:00〜(L.O.20:00) 月休(祝の場合営業、翌休)
最寄り駅: 元町
Yahoo!グルメでこの店舗のクチコミを見る

※2007年10月27日時点の情報です。
ID:0002424451


https://s.yimg.jp/images/gourmet/map_blog/img/logo_s.gif

この記事に

  • 6年もたつと、チョコチョコっと変わってしまうんですね。

    zhen0126

    2007/10/27(土) 午前 8:57

    返信する
  • 顔アイコン

    炸醤麺も餃子もずいぶん変わっていますね。炸醤麺は醤の赤みが弱そうで見た目、いわゆる日本のジャージャー麺ですね。しょっぱさよりも、甘さが勝った味なのかしら。餃子も茹でてから具に張り付くようなのは、市販の皮を使っているみたいに見えてしまいます。焼き餃子の注文の方が多いからでしょうかね。 削除

    [ ぴろ中村 ]

    2007/10/27(土) 午前 11:08

    返信する
  • 顔アイコン

    味の方はどうでしたか?
    我が家は、今夜水餃子です。さっき皮を捏ねたところです。

    ちぇんふい

    2007/10/27(土) 午後 0:08

    返信する
  • 顔アイコン

    麺類ばかりの旅でしたね!お土産をありがとうございました。

    [ ACRJ ]

    2007/10/27(土) 午後 5:29

    返信する
  • 今日のお昼は手打ち麺を作りました。適当な餡をつくってかけて食べたけど結構美味しかったですよ。

    未音

    2007/10/27(土) 午後 5:57

    返信する
  • そうそうこないだ炸醤麺をつくったんでTBします。

    未音

    2007/10/27(土) 午後 6:12

    返信する
  • 顔アイコン

    この店のオーナーは中国人ですか??

    hua*g0*03jp

    2007/10/27(土) 午後 7:08

    返信する
  • 顔アイコン

    作ってる人が三代目じゃなかったんです。

    ジミー荒川

    2007/10/28(日) 午後 10:23

    返信する
  • 顔アイコン

    甘さは以前もあったけど、ごま油の香りが強かった。でも見た目が違っていたからそう感じたのかも。

    ジミー荒川

    2007/10/28(日) 午後 10:26

    返信する
  • 顔アイコン

    ちぇんふいさん、この店の餃子は家で作っていたものにそっくりだったので、世界一うまい餃子だったんですが、今はそうでもなくなってしまいました・・。

    ジミー荒川

    2007/10/28(日) 午後 10:35

    返信する
  • 顔アイコン

    ご飯は一回も食べなっかたよ。

    ジミー荒川

    2007/10/28(日) 午後 10:38

    返信する
  • 顔アイコン

    近々また中国の麺を作った人たちの記事をまとめて紹介します。

    ジミー荒川

    2007/10/28(日) 午後 10:58

    返信する
  • 顔アイコン

    この店は中国東北地方から引き揚げて来た人が始めた店だよ。6年前はその孫がやっていたんだけど、この日はいなかった。

    ジミー荒川

    2007/10/28(日) 午後 11:00

    返信する
  • 顔アイコン

    多分食べたことあります。ここの炸醤麺。昔ですが行列が出来ているので並んで入りました。ぎょうざ苑という名前だから餃子と、みんなが注文していたので炸醤麺を。正直なんじゃこれは?!っておどろいたのを覚えています。当時はなぜ人気があるのかわかりませんでしたが、今食べてみたらまた違った印象を受けるかもしれません。炸醤麺は柔らかいうどんでもOKなのですねっ。 削除

    [ ぴんじん ]

    2007/11/2(金) 午後 3:12

    返信する
  • 顔アイコン

    関西では、ここの茹でうどんと、邯鄲小吃館の注文を受けてから麺棒でのばし始める切面という、両極端の炸醤麺の麺を紹介しました。なぜその中間の、製麺所で作った生麺を買ってきて使うという選択が出来なかったのか?この問題はおいおいびんじんさんと一緒に考えて行きたい思います。
    6年前より薄くなった餃子の皮は、「Yahoo!グルメでこの店舗のクチコミを見る」(下記)
    http://gourmet.yahoo.co.jp/0002424451/P006995/ktop/
    にあるように、焼き餃子好きの人にとっては、まだ厚すぎるんだそうです。

    ジミー荒川

    2007/11/2(金) 午後 11:50

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事