Jimmyの明かり窓

今さらだけど、レスリーの映画評をHPから移し中

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
1999年:香港/日本
監督:ダニエル・リー
出演:レスリー・チャン、常盤貴子、星野有香
 
<ストーリー>
河村瞳(常盤貴子)はホテルに勤めている三沢達也(レスリー・チャン)と結婚間近だった。しかし、達也は交通事故を起こし亡くなってしまう。瞳は二人で暮らすことになっていた香港に行くがそこで達也とそっくりなガーボウ(レスリー・チャン)とホテルのロビーで出会い、いきなり抱きしめられてしまう。
 
実はガーボウは秘密捜査官でそのホテルでマフィアと接触していて、追ってくる警官達の目を逃れる為のとっさの行動だった。次の日、大怪我をしたガーボウが瞳のアパートに駆け込んでくる。怪我の手当をし、徹夜で看病する瞳。ガーボウも婚約者が自殺をするという過去があり、二人はひかれ合う。しかし仲間の裏切りでガーボウは指名手配されてしまい、瞳と逃げることになる。

<感想>
う〜ん中途半端かな。始めは亡くなった恋人を忘れられない常盤貴子の
恋物語かと思いきや、途中からギャング組織に潜入した捜査官の
サスペンスタッチになり、最後は取って付けたようなハッピーエンド。
レスリーファンだから見るし、レスリーかっこ良かったよ。
でもねぇ、余りにも瞳が身勝手なんだな。最後もそんなばかな!って感じです。
香港で試写会した後、香港の仕事仲間達に「ひどいねぇ、これ。」なんて
言われてレスリーは余裕で「いいの、これはこれで。」みたいな記事
(間違ってたら御免なさい)読んだけど、これはレスリーの負けん気の
成せるワザか、それとも日本向け戦略か何かだったのかなぁ?と
詮索してしまいます。
でもまぁ、この映画のお陰でレスリーは日本にプロモーションに来て
マスコミに取り上げられて、確かに日本国内での知名度は上がったと思うし、
身近な感じはしたなぁ。

あの頃KinKi Kids が香港で始めてコンサートをした時の
テレビの密着取材で堂本剛がレスリーのファン(姉と母はもっとファンらしい)
って事でレスリーがゲストで出てた。これも面白かったな。
まぁ兎に角、身近に感じられたから良かったか。
森高千里が歌ってる主題歌「まひるの星」は
今でもたまにカラオケで歌います。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事