Jimmyの明かり窓

今さらだけど、レスリーの映画評をHPから移し中

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
1996年:香港    原題:「色情男女」
監督:イー・トンシン 、ロー・チーリョン
出演:レスリー・チャン、スー・チー、カレン・モク
 
<ストーリー>
映画監督のシン(レスリー・チャン)は作る映画がヒットせず、仕事の依頼が無くなり、恋人メイ(カレン・モク)のヒモの様な生活をしていた。そんな時、プロデューサーのチャン(ロー・カーイン)から仕事の依頼があり打ち合わせに行くと、スポンサーの意向で、ポルノ映画になり、主演女優はスポンサーの愛人モニク(スー・チー)を押し付けられる。
 
芸術性にこだわるシンは一度は断ろうとするが、生活の為に昔の仲間をスタッフにして、演技の下手なモニクに手を焼きながらも撮影を開始する。何でも良いから儲けたいチャンとは意見の対立などもあり大喧嘩。しかし、モニクはシンの熱意に動かされ、演技も開眼し、成長していく。映画は完成するが火事になり、必死にフィルムを守ろうとするが最後のところが焼けてしまう。

<感想>
まったく期待しないで見たもので、題名からして「色情男女」ですからねぇ、
これが以外に面白かったんですよ。香港では成人映画だったらしいし、
日本でもR-15指定だったんですね。
レスリーは冴えない映画監督うまくやってて、可愛かったです。
 
でも何と言ってもスー・チー。可愛くて凄いナイスバディを披露してくれています。
今じゃスターのスー・チーも台湾でポルノ映画出身というのは有名な話で、
この映画の最後のベッドシーンは凄く綺麗です。
 
始めの「あーん、やめてー。」って言う棒読みの下手な演技と、
最後の成長したって言うところではまったく別人の様な素晴らしさで、
ポルノも演技次第でこうも芸術的になるもんだなぁと思いました。
 
イー・トンシン監督が映画界の裏話を描いていて、
香港映画界のその頃の現状が垣間見える。
シンが訪れるバーは若き映画監督達の溜まり場だとか。
レスリーはこの映画で劇中の映画「色情男女」を本当に監督したんですよね。
監督がしたかったレスリー、良かったねぇ。
 
レスリーのお葬式の棺の中には紙で作った映画のカメラだとか、
天国で監督が出来るように、色々入れたんだとか。
あの頃 そんな記事を読んで泣けました。
 
1996年香港電影金像奨・助演女優賞(スー・チー)、新人賞(スー・チー) 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事