Jimmyの明かり窓

今さらだけど、レスリーの映画評をHPから移し中

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全138ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

◆「欲望の翼」◆

イメージ 1
 
1990年:香港  原題「阿飛正傅」
監督: ウォン・カーウァイ
出演:レスリー・チャン、カリーナ・ラウ、マギー・チャン、ジャッキー・チュン 
 
<ストーリー>
1960年代、5人の若者の鬱屈した青春を描いている。サッカー場で働くスー(マギー・チャン)の所にヨディ(レスリー・チャン)がやって来て、時計を見せて言う「1960年4月16日午後3時1分前、この一分 僕は君とここに居た。忘れないよ。」などと言って、マギーをくどいといて 相手が本気になったら捨ててしまう。
 
警官タイド(アンディ・ラウ)は、スーを慰めている間に好きになってしまう。次は踊り子のミミ(カリーナ・ラウ)と付き合うヨディだが、これまた心の中は冷たい。そのミミに思いを寄せる、ヨディの友達のサブ(ジャッキー・チュン)。
 
ヨディと母親の関係は複雑だ。継母であるこの母を時に守り、時には非情に憎んでいる。ヨディは実の母に逢いにフィリピンに行くが会ってもらえない。
パスポートの事で 町のやくざ達と喧嘩になりヨディはフィリピンで友達になった元警官で今は船乗りをしているタイドと電車に乗るが・・・

<感想>
ムードがあって好きな映画だ。何回か観てるとなるほどなぁって思う。
つまりこの映画はウォン・カーウァイ監督の初期の作品だけど、
あれから私は監督の色んな映画を見たけど、結局いつも、誰も、
上手くいかないという訳です。「天使の涙」も、「恋する惑星」も、
「ブエノスアイレス」も、「楽園の瑕」も、「花様年華」においても、
常にみんなすれ違いそれぞれの場所でそれぞれの人生を送る事になる。
人生のある時、すれ違い影響を受け日々を生きている。
 
・・・最後に突然、トニー・レオンが出てきてラテンのリズムにのって
お出かけの用意をして映画が終るというシーン・・・これって完成することの
無かったパート2の始めらしいね。
私はブエノスアイレスに一種通づるものがあるのかと思ってた。
 
レスリーの、淋しくて人恋しいが、近付くと冷たく突き放す虚無的な
キャラクターを引き出したのはウォン・カーウァイ監督だと言われてるけど、
ほんと上手いよねぇ。
だけど死ぬ少し前に、アンディに「去年の4月16日3時 何をしていた?」と
聞かれて、「彼女といた。肝心な事は忘れない。だけど、彼女には
忘れたって言っとけよ。」なんて心の奥底の温かみは最後にチャンと
用意されていて、救われた気になるんですよね。
 
後半母親を訪ねてフィリピンに行くが、母に会えず、スローになる後ろ姿、
訴えるものあります。肩で背中で語ってます。
電車が通るフィリピンのジャングルは、ラテンのリズムと相まって、
緑がむせ返り熱帯だ〜って感じと、若者達の熱気とやるせなさが出てます。
 
「脚のない鳥がいるらしい。脚のない鳥は飛び続け、疲れたら風の中で眠り、
そして生涯でただ一度地面に降りる。それが最後の時。」
レスリーのナレーションで入るこの言葉は哀しいです。
 
 香港電影金像奨・作品賞、監督賞、主演男優賞、撮影賞、美術賞
 台湾金馬奨・監督賞、助演女優賞、編集賞、録音賞、造型賞、美術賞
アジア太平洋映画祭・審査員グランプリ、監督賞、助演女優賞、撮影賞
 中時晩報電影奨・作品賞
ナント国際映画祭・主演女優賞(カリーナ・ラウ)
 
イメージ 1
 
1996年:香港    原題:「色情男女」
監督:イー・トンシン 、ロー・チーリョン
出演:レスリー・チャン、スー・チー、カレン・モク
 
<ストーリー>
映画監督のシン(レスリー・チャン)は作る映画がヒットせず、仕事の依頼が無くなり、恋人メイ(カレン・モク)のヒモの様な生活をしていた。そんな時、プロデューサーのチャン(ロー・カーイン)から仕事の依頼があり打ち合わせに行くと、スポンサーの意向で、ポルノ映画になり、主演女優はスポンサーの愛人モニク(スー・チー)を押し付けられる。
 
芸術性にこだわるシンは一度は断ろうとするが、生活の為に昔の仲間をスタッフにして、演技の下手なモニクに手を焼きながらも撮影を開始する。何でも良いから儲けたいチャンとは意見の対立などもあり大喧嘩。しかし、モニクはシンの熱意に動かされ、演技も開眼し、成長していく。映画は完成するが火事になり、必死にフィルムを守ろうとするが最後のところが焼けてしまう。

<感想>
まったく期待しないで見たもので、題名からして「色情男女」ですからねぇ、
これが以外に面白かったんですよ。香港では成人映画だったらしいし、
日本でもR-15指定だったんですね。
レスリーは冴えない映画監督うまくやってて、可愛かったです。
 
でも何と言ってもスー・チー。可愛くて凄いナイスバディを披露してくれています。
今じゃスターのスー・チーも台湾でポルノ映画出身というのは有名な話で、
この映画の最後のベッドシーンは凄く綺麗です。
 
始めの「あーん、やめてー。」って言う棒読みの下手な演技と、
最後の成長したって言うところではまったく別人の様な素晴らしさで、
ポルノも演技次第でこうも芸術的になるもんだなぁと思いました。
 
イー・トンシン監督が映画界の裏話を描いていて、
香港映画界のその頃の現状が垣間見える。
シンが訪れるバーは若き映画監督達の溜まり場だとか。
レスリーはこの映画で劇中の映画「色情男女」を本当に監督したんですよね。
監督がしたかったレスリー、良かったねぇ。
 
レスリーのお葬式の棺の中には紙で作った映画のカメラだとか、
天国で監督が出来るように、色々入れたんだとか。
あの頃 そんな記事を読んで泣けました。
 
1996年香港電影金像奨・助演女優賞(スー・チー)、新人賞(スー・チー) 
 

阪神9−0巨人

能見が6安打7奪三振の好投を見せ、今季初の完封で2勝目を挙げた。
昨日も、阪神5−1巨人でメッセンジャーが好投して勝ったし、
上本、大和、ゴメスなども大活躍。鳥谷も復調。
何よりマートンが絶好調!今日も3ラン打ったし。
今や神となっている。

今季は当初ピッチャーが打たれまくってどうなる事かと思ったが
強力打線の巨人相手に2連勝!
先は長いけど何とか応援する楽しみができたかな。
最近ハリウッドスターは中国市場が大きくなったことで中国に行くことが多くなっ
ている。最近も「アメイジング・スパイダーマン2」で主演を務めるアンドリュー・
ガーフィールドやエマ・ストーン、ジェイミー・フォックス。
「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の主役クリス・エヴァンス、女
優のスカーレット・ヨハンソンなどなど。
去年もクエンティン・タランティーノ、ニコール・キッドマン、ニコラス・ケイジ
、その他にも行っておられます。
ハリウッド映画も中国資本頼みで内容も配役も
擦り寄っていってるとか(TmT)ウゥゥ・・・
 
イメージ 1
 
2014年3月31日、米俳優ジョニー・デップの最新主演作「トランセンデンス」の世界
初プレミア上映会が北京市で行われ、初訪中したジョニー・デップが出席した。
21CN娯楽網が伝えた。
米国および中国で来月18日から公開されるSF映画「トランセンデンス」。
主演のジョニー・デップは、頭脳を人工知能にアップロードされ、全知全能の存在へと進化する科学者を演じている。31日、初めて中国にやって来たジョニー・デップが、北京市で行われた世界初のプレミア上映会に出席した。
ギターの腕前でも知られるジョニー・デップは、中国のファンの前で演奏する大サ
ービスも。台湾の人気アーティスト、デビッド・タオ(陶[吉吉])と一緒に、中
国のカリスマ的ロック歌手ツイ・ジェン(崔健)の名曲「一無所有(俺には何もな
い )」を披露した。「一無所有」は1989年の天安門事件において、抗議に参加した
大学生たちに熱烈に支持された歌だ。
さらにこの日は、著名な書家を招いて書道にもチャレンジ。「トランセンデンス」
の中国語タイトル「超験駭客」の4文字を、太く鮮やかに記して大きな拍手を浴びて
いた。(翻訳・編集/Mathilda)
 
イメージ 3

新浪の記事では
故宮など中国の伝統的な建築物を初めて目にし、「驚きと感動があった」と語った
。さらに、中国の「八卦」にヒントを得た右腕にあるタトゥーを自ら披露するサー
ビスも見せた。中国に対して好印象を抱いた様子で、「ここに定住して、何もない
時は街を散歩するのもいい」としている。配給元のDMG社によると、今回のスケジュ
ールには北京の伝統的な家屋を訪ね、昔ながらの北京料理を学ぶことも組み込まれている。
今年1月には23歳年下の米女優アンバー・ハードとの婚約が報じられた。2人の熱愛や結婚について、中国メディアも高い関心を寄せている。「永遠の愛を信じる?」
と聞かれたデップは、「もちろん。例えば家族や子どもを愛することは永遠の愛だ
。人生において、2人がお互いを見つけ、そして愛し合うという永遠の愛も必ず存在
すると思う」とコメント。インタビュアーから、「外見はクールなのに、中身は子
どものようにピュア」と批評されると、笑顔を見せていた。(翻訳・編集/Mathilda)
 
イメージ 2
 
ハリウッドスターの来中が増加していることに関して、ハリウッドのある広報担
当者がインタビューに応じた。以下はその内容。
 
記者:ほとんどのハリウッドスターが中国で取材に応じる際、中国の映画監督と
タッグを組みたいと語る。
 
広報担当者:確かにそうだが、決まり文句で言っているわけではない。現在、ハ
リウッドでは、東洋に行くというのが主流になっている。ハリウッド大作の製作費
は増加の一途をたどっているが、俳優の出演料は減少している。ジョニー・デップ
やウィル・スミスなどのスーパースターでさえも、減俸の危機にさらされている。
そのため、中国での活躍の機会があれば、ハリウッドスターにとって今後の重要な
チャンスになる。(編集KN)
 
う〜ん・・・なんだかなぁ・・・
 
イメージ 1
 
 
1995年:香港    原題:夜半歌聲
監督:ロニー・ユー
出演:レスリー・チャン、ウー・チェンリン、ホアン・レイ
 
<ストーリー>
1936年北京。売れない劇団が火事で荒れ果てた劇場にやって来る。若い劇団員ウェイチン(ホアン・レイ)はそこで管理人マーから 壮大なオペラハウスの設計者で人気役者だったソン・タンピン(レスリー・チャン)と財閥の一人娘ユンエン(ン・シンリン)との悲しい恋物語を聞かされる。
10年前、タンピン演じる「ロミオとジュリエット」は大変な人気を誇っていた。タンピンとユンエンは恋人同士だったが、実力者ツァオ家の息子にみそめられたユンエンの縁談に両親は乗り気で、邪魔になったタンピンは顔に劇薬をかけられ、劇場に閉じ込められて火をかけられる。絶望したユンエンは発狂し、タンピンは死んだと噂されていた……。
ウェイチンは暗い劇場の奥で黒装束に身を包んだ男に出会う。舞台で成功したいならばこの演目をやるようにと「ロミオとジュリエット」の台本を渡される。

<感想>
レスリーがプロデューサーを努め、音楽製作にも関わった作品。
前に見たときはロミオの舞台衣装である、白タイツにかぼちゃパンツ姿が
気になって仕方なかったけど、何故かそれはそれとして慣れたせいか気にならず。
 
ウェイチン役のホアン・レイって可愛い、だけどウェイチンの恋人役が
どうも海老名みどりに似ていていまいちなんだな。
レスリーは力強くて、ン・シンリンは儚げで良いんです。
 
だけどソン・タンピンよ いくら顔が醜くなっても、気が狂うほど愛していた
ユンエンはそんな事ちっとも気にしなかったと思うよ。
それなのに10年も歌だけうたって誤魔化しているなんて、
ウェイチンの言うように自分が傷つきたく無いだけの勝手な奴なんだ。

しかし最後はツァオ家の親子が火事を仕組んだ事を告発して、
失明したユンエンとずっと一緒に居る事になるんだけど、
病院から馬車に乗って帰るときのレスリーの何と優しい顔をしている事か。
全編に流れるレスリー作曲の主題曲も凄く良いんですよねぇ。ほれぼれします。
 
香港電影金像奨:美術賞、服飾デザイン賞

全138ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事