Jimmyの明かり窓

今さらだけど、レスリーの映画評をHPから移し中

ブエノ的ゲイ映画評

[ リスト | 詳細 ]

「ブエノスアイレス」的映画とは、つまり解かる人には解かるけど、ポルノでは無い、人間と人生が描かれているゲイを題材とした映画の事です。それと変り種映画とか印象深いものを取り上げていこうかな♪ 以前書いたHPからの抜粋がありますが、あしからず。
記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

イメージ 1
 
2006年:韓国
監督:イソン・ヒル 
出演:イ・ハン(改名して今はキム・ナムギル)、イ・ヨンフン、キム・ドンウク
 
<ストーリー>
 男性同士の同性愛をテーマに描く韓国製インディペンデント・ムービー。監督はこれが長編デビューのイソン・ヒル。夢を抱いて田舎の孤児院からソウルへとやって来た青年スミン。思いとは裏腹に、バイトに追われるその日暮らしの日々。そんな時、彼に一目惚れした青年ジェミンに声を掛けられ、久々に心をときめかせるスミンだったが…。  <allcinema>

<感想>
何かやっぱり最後まで観ると韓国映画らしい緊張感があった。
ただのロマンスで終わらせない様な緊張感。最後のほうハラハラしたよ。
私はこの映画好きだなぁ。

最初 車の代行でジェミンに出会い、部屋で飲まないかと誘われた時、スミンは断ったけど
顔は笑顔だったから悪くは思っていなかったのにねぇ。
スミンはジェミンが派遣切りにあった工場の経営者の息子とわかってから素直になれなくなった。
工場のリストラからスミンに一目惚れしていたジェミンは外してくれたけど、
他の人をリストラしたから そういった格差の理不尽さってのもあり
スミンは怒って工場を辞めてしまった。
 
印象に残っているのは、色々あってスミンがゲイバーで男娼となってから客としてジェミンがやって
きて嫌々寝た後、夜の街で指についたティッシュを眺め、取るシーンだなぁ。
何とも生々しく切ない!
 
結局ジェミンの一途な愛情を受け入れて二人の愛し合う姿も美しいし、
身も心も通じ合った後、海に行くシーンは幸せいっぱいでこちらまで嬉しくなる。
 
イメージ 2
 
イ・ヨンフンは別に顔が良くもないけど切なくて素敵だった。途中から仕草や目つきで
かなりゲイっぽくなり、レスリー思い出したりして。
ジェミンが手を怪我してスミンの部屋を訪ねる辺り「ブエノスアイレス」に似てたなぁ。
二人でダンス踊るとか、車の後部座席を撮ってるシーンはアングルから色調まで
「ブエノスアイレス」だ。
映画出だしの川で裸で泳ぐシーン、キラキラと輝き音楽も良かった、が「僕の恋、彼の秘密」っぽい。
男娼達のたまり場は「美少年の恋」を思い出し、スミンを探してバスローブを着て
色んな部屋を探すシーンは「河」のゲイサウナみたいだった。
 
イ・ハン今は本名のキム・ナムギルでドラマなどで活躍されているけど、色っぽい人だわ。
この時より今のほうが体が引き締まり、髭のある顔が好き。
スミンは孤児院にいる時の後輩、また後輩に似た男娼のキム・ドンウクも好きだったんだろうけど。
キム・ドンウクは悲しい役回りだね。
 
ハラハラしたままラストにいくけど、ここからまた二人の未来は始まりそうで良かった!

イメージ 1

イメージ 2

2009年:中国/フランス
監督: ロウ・イエ
出演:チン・ハオ、チェン・スーチェン、タン・チュオ、ウー・ウェイ

天安門事件を扱った前作「天安門、恋人たち」が中国当局の不興を買い、5年間の映画製作禁止処分を受けたロウ・イエ監督が、その処分を無視して家庭用デジタルカメラでゲリラ的に撮り上げた作品。2009年のカンヌ国際映画祭ではみごと脚本賞を受賞。どんな相手とも決して満たされることなく、愛を求めて彷徨い続ける5人の男女の姿を、同性愛というテーマにも果敢に踏み込みつつ過激な性愛描写と共に描き出していく。
 中国の古都、南京。夫ワン・ピンの浮気を疑う女性教師リン・シュエは、探偵ルオ・ハイタオに調査を依頼する。ほどなく、相手がジャン・チェンという青年と判明、妻は激昂し夫婦の関係は破綻、ワン・ピンとチェンも破局を迎える。一方、ハイタオは恋人リー・ジンという存在がありながらチェンに興味を抱き、いつしかお互いに惹かれ合っていくのだが…。<allcinema>

主人公は昼は旅行会社に務める普通のサラリーマンで、夜はゲイバーで女装をして
踊ったりもする人気者だ。
彼には結婚しているゲイの彼氏がいる。奥さんは夫の浮気を疑い探偵を雇って調べ、
浮気相手が男であることを知る。

この妻に浮気を疑われる夫役が顔も体も不細工で主人公との結構過激なSEXシーンに
いやぁ〜このカップルで見せられるの?それは辛い!・・・と思ったけど、
途中からこの夫ではなく、妻に雇われた探偵とのシーンになったので
これならまだ見れるなぁ良かった良かったって・・・変な感想。

中国にも日本と同じようなゲイバーがあるんだねぇ。主人公役チン・ハオさんが
女装をしたら私には狩野英孝にしか見えず笑ってしまった。

探偵には女性の彼女がいるし、男性とのSEXには抵抗を覚えているようなのに、
何故に主人公にそんなに興味を覚えたのだろうか?
主人公はまぁその時の落ち込みとか事情は色々あるけど、愛というよりは
できる相手がいればSEXするというような感じで虚しさが色濃い。
まぁ誰しも欲望ってのはあるだろうけど。

私は最初、主人公が最後にわざわざ見える所に刺青を入れて、覚悟を決めた感じなのに
どうして女性といるんだろう?ロウ・イエ監督はハッピーエンドの映画だと言っていたのに
中途半端で納得いかないなぁってアサハカにも思っていたんだけど、かりおかさんに
あれは女性ではなくゲイカップルだと指摘され、思いっきり納得した!

中国でゲイでいることは日本よりも厳しいはず、自らの意思で選んだのね。
でもまぁ全体を通して主人公はもちろんの事、夫も妻も、探偵もその恋人も
みんな孤独で淋しい感じがした。

開く トラックバック(2)

◆「ぼくを葬る」◆

イメージ 1

2005年:フランス
監督: フランソワ・オゾン
出演:メルヴィル・プポー、ジャンヌ・モロー、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ

パリで活躍する気鋭の人気ファッション・フォトグラファー、ロマンは、ある日撮影中に突然倒れてしまう。診断の結果は末期のガン。
医師の勧める化学療法を拒んだ彼の余命は3ヶ月と告げられる。様々な感情がロマンの心に押し寄せる。愛しているものの、なかなかうまく折り合うことができずにいた家族には、このことを秘密にすると決めたロマン。一方、恋人の青年サシャには、冷たく別れを告げてしまう。
そんな中、唯一心を許す祖母にだけは自分の苦しみを素直に打ち明けるのだった。そして、死が迫る中、ロマンの心にある想いが芽生え始める。(allcinema より)

ゲイのリアル正常位セックスってあまり見たことなかったような・・・
「ブエノスアイレス」のようなバックからってのが多いよな。
3Pももっとエロいかと期待したけどそういう内容でもなく・・・。

恋人のサシャと別れてゲイたちが集まるお店へ行くロマン。
そこでロマンを地下へと誘う男性はエロティックだったけど、私はそこから
何も生まれないというようなどこまでもダークな洞穴にいるような気がした。

私はこう言う余命3ヶ月って告げられた人の映画って最後が案外安らかに
死んでいくからリアルじゃないと思ってしまうんだな。そんな簡単に死ねる?
きっと実際は最後の数日は動けなくなるだろうし、吐いたり苦しかったり
とっても辛かったり、胃が痛いとか頭が痛いとか吐いたり漏らしたり
色々ありながら死んでいくと思うんだけど・・・。
少しの薬とウオッカとコカインでごまかせるものなんだろうか?

まぁそういうのは映画的にダメというのもあるし、もちろんテーマの中心が
そんな所には無いからなんだろうけど。


ロマンはおばあちゃんには相談するけど(それはお互いもうすぐ死ぬっていう
共通点があるからってことだけど)会社の同僚や 以前から上手くいっていない家族にも
同性愛の相手サシャにも一言も言わない。

私はこういう人はやっぱり勝手な人だなぁって思ってしまう。
後から知ったらすっごく嫌だよ〜。特にサシャはたまらないと思う。
どうして僕に言ってくれないの?って絶対になるよ。お姉さんは
カメラにおさめられた自分と赤ちゃんの写真を見たら嬉しく切なく泣くと思うけど。
おばあちゃん役のジャンヌ・モローってしわくちゃになっちゃったけど存在感ありました。

「死ぬまでにしたい10のこと」の主人公も 夫や子供や母親など愛する人を
悲しませない為、自分一人でその事実を受け止めて誰にも話さなかった。
私にはわからない。
もし私が本気の余命三ヶ月をお医者さんから告げられたら理解できるのかな!?
いや私は絶対に家族や友達に言いまくるのではないだろうか。

幸せだった子供時代の自分が時々出てくるけど、ゲイとして生きる浮遊感や
上手く相入れられない家族への愛も感じた。


太陽がサンサンと降りそそぎ、キラキラと波が光る海辺。
はしゃいでいる家族連れは生そのものだ。
そういう場所を選ぶ気持ちも分からなくはない。

不妊で悩む夫婦と契約し遺言を残したことで死を受け入れる事ができたのだろうか。
結局何を残すかと言えば、子供ってことで・・・ゲイには難しいがある意味普通の事。
それこそ浮遊感に繋がっていくんだろうか?
フランソワ・オゾン監督自身ゲイということで自分のリアルな気持ちの映画かな。

◆「バードケージ」◆

イメージ 1

1996年:アメリカ
監督: マイク・ニコルズ
出演:ロビン・ウィリアムズ、ジーン・ハックマン、ネイサン・レイン

 「Mr.レディMr.マダム」のハリウッド版リメイク。フロリダの夜を彩るショー・クラブ“バードケージ”のオーナー兼演出家の夫アーマンドと、彼の良き相棒であり店のトップ・スターのアルバートは、仕事の上でも私生活でも最高のパートナー。
 そんなある日、突然息子のヴァルが結婚したいと言い出した。婚約者は超保守派で知られる上院議員キリーの娘。常識も性別も超えたアーマンドとアルバートの関係を理解してもらえないと考えた彼らは、ある作戦を思い付くが……。(allcinema より)

本筋のストーリーが分かっていながらもやっぱり面白くて飽きずに観られる。
何と言ってもアルバート役のネイサン・レインの芸達者ぶり最高!
ちょっとした事に傷ついたり怒ったりの女性的な感情表現も良い感じ。
男性っぽく見せる為に小指が立つのを我慢したり
ジョン・ウェインを真似して何とか男らしく振舞おうと特訓する所なんか特に笑えた〜。

ロビン・ウィリアムズももちろん良いし、それに対してガチガチ保守のジーン・ハックマン
またその妻ダイアン・ウィーストの人の良さそうなところが対照的で可笑しかった!

皆んなで食事するところのドタバタも面白いけど、それぞれの思惑と愛が合わさって
素敵なんですよ。
素直に笑えるコメディ映画でした。

イメージ 1

イメージ 2

1975年:イギリス
監督: ジム・シャーマン
出演:ティム・カリー、スーザン・サランドン、リチャード・オブライエン

 評判を呼んだR・オブライエン作のホラー・ミュージカル舞台劇の映画化作品。婚約したばかりの若い二人ジャネットとブラッドは、激しい雷雨のため古城に雨宿りした。二人を迎えたのは気味の悪い執事。
 やがて城の主が現われ、ロッキー・ホラーという名の人造人間を披露する。ジャネットは、その完璧な肉体にほれ込んでしまう……。劇中のキャラクターと同じアクションをしながら鑑賞する人が増えた事でも知られるが、それだけのパワーと魅力に溢れている。名曲『SF怪奇映画二本立』から幕を開けるこのユニークな作品は、単にSFや怪奇映画のパロディだから楽しいのではなく、全編に一本スジ(グロテスクでファニーな)が通っているから面白いのだ。70年代半ば生まれのキッチュ・ミュージカルとして「ファントム・オブ・パラダイス」と共に愛され続けるであろう名作だ。(allcinema より)

これを1975年に観ていたらどんな感想になったんだろうかと思うけど、面白かったですね。
ロックミュージカルなんだけど、今見ても斬新。チープさに笑えたりもする。
こんなのが嫌いな人はまったく受け付けられないだろうけど・・・。

とにかく網タイツ姿のティム・カリーが出てきたとたん虜になったわ〜。ステキ!
緑の手術着で真面目な顔をしてたのにも笑えた。
気持ちの悪〜い執事のリチャード・オブライエンにも妙に魅了されたり。
下着姿の可愛いスーザン・サランドンにもビックリ。
こんな映画にも出てたんだ!何かイメージに無かった。

ティム・カリーが処女のスーザン・サランドンのベッドと婚約者のブラッドのベッドの両方に
怪しい誘いをかけに行ったり、フランケンシュタインみたいな人造人間を愛したり。
ドタバタ、ノリノリ歌って踊ってとっても笑える。
DVDに付いてた劇場で観ている観客のツッコミや一緒に歌っているのを聞いていると
成程、この映画はこうやって楽しむんだなぁとわかります。

音楽も好きですねぇ。観た時よりも後になってもティム・カリーその他大勢の
個性豊かな出演者のそれぞれの表情が思い出されるのです。
公開当初はあまり評判が良くなかったのにジワジワ長く支持されるのが成程と思えます。

開く トラックバック(1)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事