今日は広島県廿日市市にある、湧き水の「つゆ太郎」 http://hc2.seikyou.ne.jp/home/n-koi/column1/tuyutarou1.html に行きました。

イメージ 1


広島県内の湧き水スポットでは、北広島町の「よみがえり」 http://www.honji.eek.jp/ によく行っていましたが、家から遠いために最近は廿日市のつゆ太郎に行くことが増えました。

(*´∀`*)アハハハ〜♪やっぱり湧き水は美味しいなぁ〜。

そのまま飲むのも美味しいけど、コーヒーとか焼酎の水割りに使うと抜群に美味しいらしいです(私はコーヒーもお酒も飲めません)

ポリタンク片手にレッツゴーーーーε=ε=ε=ε=ε=ε=ヽ(*゚∀゚)ノ

※写真を撮り忘れちゃったので、画像はネットで拾ってきました。。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

昨日は職場の先輩から情報を得て、広島市安佐南区古市の長浜ラーメン 博多屋 http://hakataya.org/sp/imgs_pages.php?id=5 に行きました。

もちろん狙いは「毎週水曜日の替え玉無料サービス」です(*゚∀゚*)

博多屋では、トッピングのからし高菜が食べ放題でレジの横や通販でも販売しているようです( ・∀・)

イメージ 1


今日は一番安い620円の長浜ラーメンを注文しました。

イメージ 2


濃厚なトンコツラーメンを期待していると、肩すかしを食らうほどアッサリトンコツラーメンなので、替え玉を3個も注文してしまいました(´・д・`)食べ過ぎた・・・。

濃厚なトンコツラーメンを食べたい人には、730円の「こってりラーメン」もあります。

麺の固さを7段階から選べるシステムで、好みの固さを選べます(o・д・)b

この不景気のご時世のなか、毎週水曜日替え玉無料サービスとは太っ腹ですね(*´∀`*)

この記事に

開く コメント(5)

3年くらい前に買ったけど、ひと冬しか使わずに押し入れに眠っていた薪ストーブを使い始めました。

イメージ 1


新保製作所 http://www.maki-stove.jp/SHOP/337481/list.html のキャンプセットというものです。

私の薪ストーブは11000円ですが、小さい薪ストーブなら6000円くらいからあるようです。

この薪ストーブに2年くらい前に大量に作って、少しづつ使っているキャンプ用の自作の薪(薪割り用の斧が無かった為、切って乾かしただけのものです)を入れて燃やします。

イメージ 2


熱による劣化を防ぐ為に薪ストーブの底に少し土を入れ、空気の流れを意識して薪を組んだ後、下に敷いておいた新聞紙にバーナーを数十秒当てれば簡単に火を起こせます。

薪ストーブはこんな感じで開ける事もできて、焼肉や直火が必要な料理にも対応できます。

イメージ 3


天板は結構広く、鍋を2つくらいなら置けるので夜に食べる煮込み料理を作りながら、昼の食べ物の調理をするといったツーバーナー的な使い方ができます。

横からも上からも薪を入れる事ができます。

イメージ 4


     焚き火台と比べた時の薪ストーブの利点

◎煙突が上に伸びている為、煙を浴びて目が痛いということがほとんど無い。
◎火の粉が飛ばないので服に穴が開かない。
◎焚き火台は主に上に熱が行くけど、薪ストーブは上に加え横にもかなり熱が行くので、周囲がかなり暖かく焚き火台と比べ暖房効果が高い。
◎燃焼効率が良いのか燃え残りが少ない。
◎薪で焼くので天板を開けて調理すると、焼いた食べ物に香りが付いて楽しめる。

     焚き火台と比べた時の薪ストーブの弱点

◎煙突が組立式で薪ストーブ本体に入れられるとはいえ、本体は折り畳めないのでかさばる。
◎重量が重い(私が使っているのは大きめなので8・8kgくらい。小さい薪ストーブは、もう少し軽いです)
◎キャンプ場で薪ストーブを使う人がほぼいないので目立つ。
◎焚き火台の方がなんとなく雰囲気が良い(これは個人差があります)
◎薪しか使えない。炭が使えない。
◎慣れれば大したことないけど、最初は火力調整が難しいかもしれない。

弱点もあるけど、それを補って余りある魅力を薪ストーブは持っています(*´∀`*)

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事