ここから本文です
人生、常に同じ事の繰り返しではない。一瞬一瞬を大切に生きましょう。

11月12日に「ブレード・ランナー2049」を観てきた。 この映画はまず「2つのキーワード」が前提だと、観てきて感じた。 1.「誠意」 2.「葛藤」 1.は本当に本当に「ブレードランナー」ファンに対して「誠意」ある作品に仕上がっている。 2.主人公「K」が「作られた者達と自分との葛藤」に苦しむ様が全体の主軸になっている。 あまりこのブログで書くと「ネタバレ」になってしまう。 まだ上映していますからね。 「イット」も若干ネタバレしてしまいました。特に「第二章」の事は。 ただ、「イット」の第二章の事は「イット」ファンのみならず「イット」の旧作を観たひとであればだいだいは察しがつくであろう。 今回の「ブレードランナー2049」は前作のテーマを 深く深くより深く掘りすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

    記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事