TVB+L(真善美+愛)

春の3月です。訪問者が4万人を越えました。 ただただ感謝 感謝・・。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全261ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 3

'''昨日 お伝えしたように 5年にわたるYAHOOの
ブログが 総容量が満杯? になり これ以上 更新を
続けることが 出来なくなりました。'''

大変残念なことですが 言わばルールですので 仕方
ありません。 昨日も16000枚もの写真を掲載、保管
して頂いて 感謝の気持ちを 述べたばかりでしたが・・。

今後どうするか 考えなくては なりませんが この春の
季節 百花繚乱の花たちを お伝えするブログの「使命」を
思えば 1日たりとも 休んでいる訳にはいかない?! と
思い ニフティーのブログへ 緊急移動することにしました。

私のブログは写真が多いし その容量を受け容れてくれる
ブログ先を求めています。この際 デザインや機能も向上
させたい とも思っています。本格復旧には 少し時間が
かかりますが(被災地の話の ようですね・・)見て下さる
皆様には ご不便をかけますが 下記のようにお願い致します。


上記の URLをクリックして下さい。 「ジミーの自然ブログ」 
が出たら 「お気に入り」に入れて頂ければ 以降 お気に入りを 
クリックして頂くだけで 簡単に見て頂けます。 よろしく!!

        ジミーブログ  Jimmy Fujii

イメージ 1 河口湖辺りから見た富士山 少し角度が違うでしょう。
イメージ 2 こぶし やはり遅咲き 一輪の美しさが あります。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今日で 更新1300回となりました。 一つの節目ですね。
1日13枚で 1300回とすると 16900枚となります。
これは もう立派なアルバムですね。YAHOO!ブログ が
私の為に こんなにも大きな 「写真庫」 を用意してくれたこと
感謝ですね。

そして忘れてはいけないのは 自然の豊かさです。

季節はめぐって 6回目に入りましたが いつも新鮮な素材を
提供してくれます。さすがに12月から 2月までは 花捜しに
苦労しますが 3月に入ると 開花が勢いを増し 4月はもう
止められない感じで 次から次へと 新しい花が咲いていきます。

その2月さえ 今年は休みなく 更新出来ました。有り難いことです。

忍野へ行っている間に サクラはあっという間に 満開!
散り急ぐサクラを惜しみながら 新しく咲いてくる つつじや石楠花
花水木などにワクワクする 花のブロガーとしては 何とも忙しい季節
おまけに 5時過ぎには もう外が明るくなるので 散歩の時間も早まります。

こんな時に 残念ですが 記念すべき1300回を期して このブログを
一応閉じることになりそうです。 アップロード出来る写真の量が上限に
なったようです。

緊急対策 ? として 下記の ココログ の軒を お借りします。


上記の URLをクリックして下さい。 「ジミーの自然ブログ」 が出たら
お気に入りに 入れて頂ければ 以降 お気に入りを クリックして頂く
だけで ご覧頂きます。    

忍野は早春

イメージ 13

無事に帰ってきました。

富士急行沿線はサクラが満開でした。
面白いことに 気付きます。忍野では サクラが開花寸前でも 
富士吉田では しっかり咲いていて 大月に近づくほど 満開度は
増していき 大月から高尾のJR中央線では もう散りぎわに 
なっていきます。

それだけ温度が 上がっていくのですね。土田さんの小諸では
GWが見頃とか・・ 多分忍野と同じか さらに 寒いのでしょうね。
花も 太陽が与える光りと熱を感知して 開花の時を計っている
のでしょう。勿論 DNAにそのプログラムがあるのでしょう。

春は花の再生の時です。 数日咲いて 葉が出始め 栄養分を貯え 
秋実を作り 冬を蕾で越して 来春を準備する 植物は絶えず
再生を繰り返しています。動物はそういう循環でなしに ある期間
春を体験し 秋冬と年齢を重ねて 土に還ります。

「土(自然)から生まれたものは 土に還る」 印象的な言葉です。
被災地のサクラや水仙が 人々の心を慰めている と聞きます。
「万物同根」 同じ自然から 生まれたものです。こんな時だから 
自然の理(ことわり)を思い出します。被災地も 自然の再生と共に 
人間も復興していくのだと思います。 

どうか周りの自然、植物、動物の為にも 復興計画をたてて頂きたい
と思います。塩を被っても 花は咲きます。少しづつ 再生していきます。
自然を思って 復興計画をたてて下さい という意味です。

TOPは 何故か 甲州名物 B級グルメの 鳥モツ煮

イメージ 1 東の方角 朝が明けてきました。5時45分です。 
イメージ 2 南の方角 久しぶりに雲です。薄い水蒸気の集まり。
イメージ 3 3ヶ月も 水無しで過ごした サボテン。しっかり生きてます。
イメージ 4 公園の前で ポプラでしょうか 植林をするのでしょう。
イメージ 5 紫陽花 まだ緑もなく 枝だけです。
イメージ 6 公園事務所の中で しいたけの栽培? 沢山ありました。
イメージ 7 姫踊り子草  春には必ず咲いてます。
イメージ 8 あせび この花も春の代名詞
イメージ 9 春と言えば タンポポがやはり 代名詞の筆頭格
イメージ 10 れんぎょ 鮮やかな黄色なので 遠くからでも分かります。
イメージ 11 桃か 杏か ピンクが鮮やか。
イメージ 12 こぶし 白木蓮に先駆けて 咲き出します。

4日目は 光りなし?

イメージ 13

朝5時過ぎ 富士山は見えています。でも輝きがありません。
昨日の今頃は 朝焼けが見えていました。今は墨絵の世界です。

さすがに4日連続 というのは 欲が深いなー と思います。
しばらく来なかった私に 山のサービスだったと 慰めています。
昨日も よく動きました。全てサイクリングですが 最後は充電が
切れ ギアチェンジしながら 帰ってきました。

忍野八海(おしのはっかい) さすがに観光地で 結構観光客は
いました。でもいつもの半分で やはり静かです。勝手知ったる
場所ですので 忍野らしい風景を求めて 細かくまわりました。
多分20℃ぐらいの暖かさ 適度に風もあって もう鯉のぼりが
泳いでいました。 

花は水仙 ムスカリー タンポポが見頃 梅もまだ咲いていました。
芝桜も咲き始め 来週からの「富士芝桜まつり」に備えています ?
コブシも白く咲いており やはり一月くらい 季節が遅いかな と
思います。サクラは固いつぼみです。ウグイスがよく鳴いています。

花の都公園にも 足を伸ばしましたが 花は全く見えません。
チューリップが 芽を出し 葉を伸ばし始めていました。5月に
なると 本格的な春になる 未だ水が冷たい早春の忍野でした。

愚痴を言っていたら 雲間から 太陽が顔を出しました。
富士山も少し 輝きが感じられます。空気はヒンヤリ 
三度目の よいサイクリング日和りになるかも・・。

イメージ 1 朝焼けの富士 
イメージ 2 しばらくして 落ち着いた富士
イメージ 3 忍野八海近くから見た富士山
イメージ 4 松の木がポイントになると いいですね。
イメージ 5  少し場所を変えた富士 真っ白い富士も印象的。
イメージ 6 何か久しぶりのコブシ(辛夷)
イメージ 7 青い空に 白い花が一杯になるでしょう。
イメージ 8 水仙は 今が見頃 あちこちで咲いていました。
イメージ 9 色がいい なんとも言えないやさしさですね。
イメージ 10 川の土手に 揺れながら咲いていました。
イメージ 11 ムスカリー これも自然な中に咲いています。
イメージ 12  鯉のぼり いいですね。 これだけは季節は先取りしています。



 

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

ご指摘頂いて 初めて知りました。
有り難うございます。

以前も 忍野で同じ様な体験をしました。
Eーモバイルの電波が弱いので 窓近く 
時には ベランダへパソコンを 出して
更新します。それでも送れないことがあり
何度もやり直します。 ところが後になって
それらの幾つかが 送られていたことが分かる
のです。送るのに とても時間がかかるのです。

昨日はブログを更新してから 朝陽の富士山を
撮りに出かけました。いつものポイントです。
帰って 食事をしてから 又管理人さんに駅へ
送ってもらい 河口湖ー青木ヶ原樹海へ再び
行きました。 まぁ少々忙しかった という
訳です。そんなわけで 自分が幾つものブログを
送ったのに 気がつきませんでした。申し訳け
ありません。

今朝 再び いえ三度 雲のないスッキリした
富士山を部屋から 眺めています。こんなことは
滅多にないでしょう。富士山のご機嫌が非情に
良いということです。ベランダに何度も出ました。
外はまだまだ寒いです。昨日は0℃近く 今朝は
2℃です。 部屋の中でも12℃ですから。

3ヶ月ぶりの富士山ですので 凝縮して眺めています。
真っ白い山肌が さっきまで赤く染まっていました。
今は 輝くような白さ(当然ですが・・)です。目の
前に 大きく広がっています。圧倒されています。
今日は 忍野八海から 少し周辺をサイクリングです。

全261ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事