ぼろぼろのデ・ローザ

アル中ローディ そろそろレース復帰したいなぁ( ・∀・)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ハワイ 完結編

レースについてのまとめ


イメージ 1



このレース、走ってみて自分なりに出した結論


目標タイムが3時間以上の場合(完走目的)

   → ヒルクライムではなくマラソン

目標タイムが3時間未満の場合(入賞目的)

   → 超長いヒルクライム


こんなイメージが成功への近道だと思った。

判りにくい?
つまり「まずは完走!」を視野に入れて考えるなら、マラソンでよく言う「キロ何分」みたいなペース配分が有効じゃないか。
実際には勾配に変化があるため一定のペースは無理。
なので一定の心拍&ケイデンスをキープし、「走り続けられる低負荷(ココ重要!)」状態を探した。
そのため結果的にコンパクト化はハマったと思う。
狙い通り筋肉への負担を小さく保ったまま、回転で乗り切れたからだ。
この走りで限りなく3時間には近付けると思います。

ただ3時間を切るにはきっとこれだけではダメなんでしょうね。
今回はTOP9が2時間台でした。
例年よりレベルが高かったそうで、過去最多?らしいです。
ここに割り込むには先頭集団に喰らいつく必要があるし、マイペースは通用しなさそう…。
まるさんはロングライドが得意そうだし、何より高回転の走りは有利かも。
もし参加するならココを狙って欲しい。
プレッシャーをかけるようですが…(゜o゜)

道中、キツイ傾斜は2ヶ所だけ。
11km地点とゴール前、それぞれ300−400mぐらい?で問題にはならんと思います。
他の傾斜は日曜日に実走しながらRumikoさんに説明しましたが、カレの感想は「そんなにユルイの!?」でした。
誰でも完走だけならできる緩さ。
その緩さ・長さ故に‘走り方’を求められるコースだと思った。

イメージ 2



最後に、うまく言えませんがワタシの感想は

「これヒルクライムレースじゃねぇよ! 別ジャンルだ!!」です。



お礼


年末に参加を決意してから、ずいぶんいろんなヒトに助けられたなぁ…
そんな想いがスゴク強いです。

中でも…

もともと2年ぐらい前に読んだサイスポの記事とアロハバイクトリップのサイトに掲載されていたレポート。
これで「いつか必ず参加する!」とは決めていた。
まだ具体的な目標ではなかったんだ。

まさかこのレポート、ブログ仲間だったpinarellorelloさんのものだとはユメにも思わず。
それを知った時、大きなオドロキとともに
「これが‘縁’というものか…」と思い、今年の参加を決めました。

その後も情報提供など面倒をみてもらいました。
そして何よりも有難かったのは、「経験者が身近にいる」「なんでも聞くことができる」と思うと気がラクになれたことでした♪
我が事のように愉しみに、我が事のように喜んでもらい…。

先達であるアナタのタイムを上回ったことで恩返しできたと思っています(^−^)


来年の自身のためにも興味を持って記事にお付き合いいただいたRumikoさんや皆さん。
「後にも続くヒトがいる」の想いがゲンキをくれましたし、いろんなコメントに勇気づけられました。
特に今シーズンは骨折や落車の影響に悩んだ年でもあったので。
励まし&お叱りのコメントが、

うれしかったなぁ〜


参加するたびにチームメイトとの練習会にも癒されていたし。
意外にもこのブログを読んで知っててくれたのにはオドロキましたが(゜o゜)
先日の報告会も愉しかったな〜♪


アロハのケンさん&アイさんにも一方ならぬお世話をいただきました。
おかげで3泊5日を安心して過ごせましたよ。




ホントありがとうm(__)m
これだけ愉しんで帰って来れたのも、皆さんのおかげです!




おしまい

(後で画像を掲載します)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事