TPP は、日本破滅の連鎖

TPPとは、一体何なのか
米を守って、牛肉を安く買える なんて思ってはいないか
TPPは、アメリカ企業を他国においてもその権限を他国に対しても、大きく発展させたISDS条項を含め
アメリカ企業覇権拡大運動である
その中になぜ日本は入ってしまったのであろうか、そこには
対米従属姿勢を執拗に取る、外務官僚と防衛官僚の自国民を無視した、権威維持、既得権益維持その二つの構図しかない

以下 田中宇(さかい)の国際ニュース解説より 抜粋引用する
米国は、アジア太平洋諸国とのTPPと、欧州(EU)との協定であるTTIPという、2つの似た内容の自由貿易圏を同時並行的に交渉して設置することで、米国中心の新たな経済覇権体制として構築しようとしてきた。だがTTIPは、24の全項目のうち10項目についてしか米欧双方の意見表明がおこなわれておらず、対立点の整理すら未完成で、まだ交渉に入っていない。EUでは、署名活動として史上最多の300万人がTTIPに反対する署名を行った。 (TTIP negotiations not even half done
 TPPもTTIPも、企業が超国家的な法廷(裁定機関)をあやつって国権を超越できるISDS条項や、交渉中の協定文が機密指定され国会議員でも見ることが許されていない(米議会では数人が見たらしいが、日本の国会議員は誰も見ていない)など、国民国家の主権を否定する傾向が強い。EUの調査では、欧州市民の96%がTTIPに反対だというが、当然だ。 (国権を剥奪するTPP) (TTIP Negotiations Fall Apart As EU Big Hitters Abandons US

 すでに書いたように、EUは今後、米国との同盟関係を希薄化して露中への接近を加速し、米単独覇権体制を見捨てて多極型世界の「極」の一つをめざすだろう。欧州がTTIPに同意する可能性は今後さらに低くなる。おそらくTTIPは破棄される。TPPだけが残るが、TPPは拡大NAFTAであり、米単独覇権体制の強化でなく、多極型世界における米国周辺地域の統合を強化するものになる。(米国の中枢には、単独覇権体制を声高に希求する人々と、多極型世界をこっそり希求する人々がいる。ベトナム戦争もイラク戦争も、単独覇権を過激に追求してわざと失敗させ、多極型世界を実現する流れだ。単独覇権型の貿易体制が多極型の体制に化けても不思議でない) (The Trans-Pacific Partnership charade: TPP isn't about `free' trade at all

 以前、日本はTPPの交渉に入っていなかった。日本がTPP交渉に途中から参加し、今や米国より熱心な推進者になっている理由は、世界の多極化が進む中で、何とかして自国を米国の傘下に置き続けたいからだ。日本の権力者が国際的に自立した野心を持っているなら、対米従属の継続を望まないだろうが、戦後の日本の隠然独裁的な権力者である官僚機構は、日本を対米従属させることで権力を維持してきた。対米従属下では、日本の国会(政治家)よりも米国の方が上位にあり、官僚(外務省など)は米国の意志を解釈する権限を乱用し、官僚が政治家を抑えて権力を持ち続けられる。近年では、08−09年の小沢鳩山の政権が、官僚独裁体制の破壊を画策したが惨敗している。対米従属は、官僚という日本の権力機構にとって何よりも重要なものだ。 (日本経済を自滅にみちびく対米従属


以上引用終わり 

日本の政治においては、いや官僚にとっては、国会議員などは無能の集団である
日本は官僚の官僚による官僚のための政治体制をとっている
時として官僚出身の議員はでるが、それは単にOBとして所属省庁への圧力を保持し続けるだけの意味しかない

国内政治において官僚のとる政策は、既得権益の維持、規制の強化、そして天下り先の確保、拡大である
一方、国際政治においては、宗主国であるアメリカへのこびへつらいと、アメリカ企業利益向上への努力を続けることで、外務、防衛官僚が、自国民の利益を無視してまでも、アメリカをたたえることで、官僚たちの権威を維持すること以外にはない
それがTPP交渉であり、普天間基地移設問題である
鳩山は言った「最低でも県外」これは沖縄人、日本人にとっては当然のことである
「最低でも県外、最善は国外である」しかしこの理想もたいこもち幇間外務防衛官僚により見事に覆された
それをあざけるマスコミはたいこもち幇間以下のまさにマスゴミである
真の日本の独立を勝ちとろうとしている言葉を、嘲笑ったのである
日本に真の民主主義はなく、真のジャーナリズムも存在しない
信じられるのは多くの情報の中から得られる、ごくわずかの真実であるが
それを見つけるのは至難の業である
しかし、日本の国内政治・国際政治に限ってみれば、単純である
国内は天下り先の確保と権益維持 外交は米国従属と機嫌取り
そしてグローバルの国際政治は、アメリカ覇権維持とアメリカ企業(特に軍需産業)を守るためには
戦争も辞さないというアメリカを裏で動かすユダヤ・イスラエル。ロスチャイルド家であり、ロックフェラー財団である
冷戦時には敵国としてソ連をつくり、冷戦後は9.11に代表されるようにイスラムを敵国として紛争を起こしつづけることで、軍事産業を潤しのである
イスラミックステイトIS、最近はISISイラクシリアイスラミックステイトは、アメリカ軍が軍事訓練を主導したというのは、B級市民以外にとっては常識である。
今回のロシアの空爆にしてもシリアの正式要請のもとに行われている。
ウクライナ問題は、米よりのチョコ会社の社長が米の要請でロシアと紛争を起こしているのも常識
メディアでは、ロシアのプーチンをさも悪者といった風に報道し、ここに日本懸案の北方領土問題を取り込めばもっと悪者として報道できるが、プーチンの冷静な判断が、アメリカをさらに逆上させている姿がより一層目立つ。
しかしB級市民にはそうは映らないので、悪者、悪者と刷り込まれている
もしかするとサブリミナル効果も併用しているかもしれない
日本はアメリカから離れ、グレートイーストアジアヨーロッパ連合Great East Asia Europe Union GAEEUを作り、アメリカ傘下から脱却すべきである

さようなら官僚組織 Good bye Bureaucracy
さらばアメリカ     Adieu     U.S.A.          
   最後までピリオドつけましょう
    USAはたんにユーサ、あるいは大分県の宇佐 
   U.S.Aはユナイテェド ステーツ オヴ エー  でいずれもアメリカ合衆国ではありません

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

庭に勝手に生えてきたヤマハゼあるいはヌルデ、いずれにせよウルシ科の木がある
この木は秋になると葉が真っ赤に紅葉して美しいが、ウルシ科だけに樹液は皮膚炎を起こすらしいが今のところ被害はない
この木の高さ160cmとかなり低い位置に巣箱と餌台を作って早数年 住民はいない
この季節になるとツバキの花ぐらいしか餌がなく、ジョウビタキやヒヨドリ、メジロは、空腹の時期が多いか?


http://blog-imgs-79.fc2.com/j/i/n/jinennan/P1000960.jpg
球根用のネットに古いミカンを入れておいたら、ヒヨドリは数秒で飛んでくる
その合間を縫ってメジロがやっときた

食うべきか食わざるべきかの迷いののち、ネットに飛び移る

http://blog-imgs-79.fc2.com/j/i/n/jinennan/P1000988.jpg
周囲を見渡しながら まさしくメジロの横顔である

ヒヨドリの影がちらつくと
落ち着いた食事もできず 生垣に隠れる
そのごヒヨドリがネットを破って食いつくした

メジロの名前は 「メイ」あるいは「ジロー」、そしてヒヨドリはおおきいので「オオドリー(大鳥)」と読んでみた
春になったらみな、北へ帰っていく

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

宮本常一を読む

「民俗学の旅」「忘れられた日本人」 
前者は自伝的エッセイ、後者は聞書きで収集した莫大な民俗学の情報のうちの
極々一部を一般受けするように面白おかしくまとめたものである
これで宮本を語ってはいけない
いか読了した順にあげる
塩の道  ふるさとの生活(講談社学術文庫)    
庶民の旅  日本の宿 旅の発見 旅の民俗はきものとのりもの  伊勢参宮 (現代教養文庫) 
家郷の訓(岩波文庫)  山に生きる人々(河出文庫) 
庶民の発見 民間暦 (講談社学術文庫)  
 
武士や寺社仏閣、政治関連の記録は文字による記録に残っているが、常民の生活史や風俗、慣習は口づてに伝承されることも多いため聞き取りによる情報収集が必要である
記録がないものは存在しないという短絡的思考をしてはいけない
また政管が記録したものは正確なものであるという思い違いもしてはいけない
 
古い常民の伝統習慣を知ることは、無意味なことではない
近代日本は高々140年である 神仏分離など政治主導による理不尽な改革も数多い
今後の日本未来を生きるためには、ほんの140年に集約された赤子の一歩のような日本を見定め
その基盤となっている常民文化を考えることは必要であろう
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

プラッツ 1/144 航空自衛隊UH-60J 40周年記念塗装機を製作したが、やはり洋上迷彩色塗装機も作りたい
このキットは白黄色塗装機なのでデカールは洋上迷彩機仕様ではない
いざとなったら手書きでということで製作開始
40周年記何塗装機にはかなりの時間がかかったぶん、今回はかなり早くできた
製作過程は省き、ほぼ完成写真を載せる
http://blog-imgs-79.fc2.com/j/i/n/jinennan/P1000852.jpg
塗装指示色は上面MrカラーNo14ネイビーブルー下面No72ミディアムブルーだが、実機写真(本当の色はわかりづらいが)よりもグレーが強いので、それぞれにスカイブルーを30%ほど入れて混色した

http://blog-imgs-79.fc2.com/j/i/n/jinennan/P1000854.jpg
メインブレードは実機でもブレード自体の重さでたわんでいるので、ろうそくであぶって曲げたが、すぐ溶け段差ができた

http://blog-imgs-79.fc2.com/j/i/n/jinennan/P1000857.jpg
マスキングテープでカバーしたのでフロントキャノピーの汚れが少なかった

http://blog-imgs-79.fc2.com/j/i/n/jinennan/P1000859.jpg
前回、40周年記念塗装機では塗料が厚く、せっかくのモールドがほとんど消えたので、今回は薄い塗料で何度も筆で重ね塗りした

http://blog-imgs-79.fc2.com/j/i/n/jinennan/P1000860.jpg
透明プラスティックなので機体内部を同系色で塗装したが、写真を見るとかなり塗料のりが悪いところが目立つ

http://blog-imgs-79.fc2.com/j/i/n/jinennan/P1000861.jpg
前方ドアの「レスキュー矢印」は同梱デカールを使用 日の丸はデカールを小さくくりぬいて周囲を筆で白塗り
機体番号と航空自衛隊ロゴは「それらしく」手書きで逃げる

http://blog-imgs-79.fc2.com/j/i/n/jinennan/P1000865.jpg
下面の塗装色は実機よりも少し暗くなった エッチィングパーツをつけてとりあえずほぼ完成した

http://blog-imgs-79.fc2.com/j/i/n/jinennan/P1000886.jpg
ダイソーでディスプレイケース300円を購入 黒い厚紙でひな壇製作

http://blog-imgs-79.fc2.com/j/i/n/jinennan/P1000881.jpg
40周年記念塗装機と洋上迷彩塗装機

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 

プラッツ 1/144 航空自衛隊UH-60J ”空自40周年記念機” making 1より続き
 
筆塗りは塗料の厚みが一定にならないので、美しくないのは分かっているのだが
エアブラシ使用だと屋内での塗装ができないので、車庫に行くしかない
寒い中での作業は望まないし、気温が低いから乾燥しにくいだろうといろいろ理由はつけるが
簡単にいえば、面倒なのである 
白黄色塗装後、コンパウンドで磨くが色落ちしてしまい白塗装部が薄く黄色になったり
細かな塗装片が白塗装部に付着したり、デカールが剥がれおちていたり
やればやるほど修正箇所が増えてくるという 難儀
どこかで妥協せねば、一生終わらない

http://blog-imgs-62.fc2.com/j/i/n/jinennan/P1000820.jpg
このくらいの明るさとスケールでみると雑さはあまり目立たないが、乗降口の「rescue矢印」が剥がれ紛失したので黄色のデカールの端切れが貼ってある

http://blog-imgs-62.fc2.com/j/i/n/jinennan/P1000822.jpg
窓枠の塗りも不満 ワイパーも浮いている 機種先端気象レーダーには白線が入るがこれも細かくて難しい
メインブレードはろうそくであぶって「しなり」をつけた メインローター軸は曲がっているので、あとでパテを詰めて修正した

http://blog-imgs-62.fc2.com/j/i/n/jinennan/P1000823.jpg
こちら側は「rescue矢印」がある  左右増槽の角度が違っている

http://blog-imgs-62.fc2.com/j/i/n/jinennan/P1000829.jpg
撮影アングルとしては実機に近いが

http://blog-imgs-62.fc2.com/j/i/n/jinennan/P1000828.jpg
後方から デジカメのscene選択で「料理」にすると一番明るいが、白がかなり飛ぶ

http://blog-imgs-62.fc2.com/j/i/n/jinennan/P1000830.jpg
大体こんなところで 終了しよう
機体はもう一機あるが、やはり白黄色の塗装機
UH60Jなら紺系の洋上迷彩色がある こちらもまた姿が美しいので作ってみたいが
まずは1/700世界の軍用ヘリコプターでUH60Jを作り、色の具合を見てみようかと考えている

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事