全体表示

[ リスト ]

フタを開けてみれば、バカバカしいほどの自民圧勝に終わった総選挙。
大方の人間にとって当面どうでもいい「郵政民営化」というテーマは、格好のトロイの木馬として機能したようです。
同時に、半世紀にわたりほぼ一貫して同じ党が与党であり続けることに異常さを感じない国民性が、より際立つ結果となりました。

観客の注意をトリックからそらすのはマジックの常道です。
このテーマがあたかもすべての改革の端緒であり唯一の争点であるかのように演出し、政策の内容よりもそれが「いかに語られるか」という語用論偏重による“なんとなく改革気分”蔓延に成功したのが、圧勝の大きな要因でしょう。

それは、この記事に見られる有権者の声にも象徴されています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050911-00000525-yom-pol
「郵政民営化は関心がない。小泉さんが頑張ろうとしている姿にひかれた」「小泉首相に今までの自民党総裁とは違う決断力を感じた。保守的というイメージが変わった」「小泉さんは、郵政民営化を断固やり遂げるという姿勢がはっきりしていた」などなど。
政策内容の是非に触れた意見はむしろ少数派です。

たとえば以下のような論点を、「民営化支持」で自民党に投票した有権者のうちどれだけの人が考えたでしょうか。
http://blogs.yahoo.co.jp/x3xclashy0w0/10257128.html
http://blogs.yahoo.co.jp/x3xclashy0w0/10757773.html
「官から民へ」と言えば聞こえは良いが、ここで言われている「民」とは国民のことではありません。要するに日本の大銀行、アメリカの生保業界が儲かる仕組みを作ること。それが郵政民営化の本質です。
民営化法案では、郵政公社の完全民営化は2017年です。その間に国の借金は今のまま急速に膨張し続け、財政再建は進みません。
12年待ってようやく完全民営化が果たされたとしても、税収が増えるどころか逆に赤字で、税金を払うどころではなくなる可能性が高いと言われています。

しかしこうしたことを考える余地を与えられず、もしくは自ら放棄した有権者は「民営化推進=旧体制に挑む改革派」「民営化反対=既得権にしがみつく抵抗勢力」という図式にまんまと乗せられました。郵政民営化などどうでもいいと思っていた人ほど、「どうでもいいけど、やるなら早く改革してよ」という軽い気分での支持に回りやすかったと考えられます。これがトロイの木馬たるゆえんです。

では、これを突破口に誕生したガリバー与党が目指す社会とは、一体どんなものでしょうか。
民営化反対派を口汚く罵っていた竹中平蔵経済財政郵政民営化担当相(舌噛みそうな名前…)が、慶応大学教授だった当時に語った言葉が、それを端的に示しています。
経済格差を認めるか認めないか、現実の問題としてはもう我々に選択肢はないのだと思っています。みんなで平等に貧しくなるか、がんばれる人に引っ張ってもらって少しでも底上げを狙うか。道は後者しかないのです/米国では、一部の成功者が全体を引っ張ることによって、全体がかさ上げされて、人々は満足しているわけです。実質賃金はあまり伸びないけれども、それなりに満足しているのです。
(『日経ビジネス』2000年7月10日号)
竹中氏はこのほか「明らかに金持ち優遇税制が必要な時期なのです」ともはっきり述べています。これこそが、新自由主義を基調とする小泉政権の方向性と考えて良いでしょう。
「金持ちを優遇すれば、低所得層もそのおこぼれにあずかれる」という思想を「トリックリング・ダウン・エフェクト」と呼ぶそうですが、一部の金持ちとそれ以外の大多数を入り口の段階から差別する社会を、多くの有権者は本当に望んでいるのでしょうか。ここでは人間個人としての尊厳など全く切り捨てられ、「(社会)全体がかさ上げ」されさえすれば良いとする全体主義すらうかがえます。
このようなメンタリティを持つ政治家たちが語る「官から民へ」などという白々しいスローガンを聞いて怒りを覚えない人たちは、本当にどこまでも従順ないい人なんだなぁと尊敬します。

衆院でこれだけの強大な権力を握った巨大与党は向こう4年の間に、今回の選挙でひたすら隠し通した争点である憲法に必ず手を付けてきます。彼らの狙いは、海外での戦争に参加できる憲法へ、そして権力を縛る憲法から国民を縛る憲法への改変であると断言します。「郵政」の一点のみで今回の投票を行った有権者は、この隠された争点の白紙委任状を与えてしまったことを自覚すべきだと思います。

閉じる コメント(20)

顔アイコン

あああ こんな 明晰な話は 民主に 言わせたかったなああ。 政権交代 政権交代って アレぐらいなら わたしでも 言える。中学の 演説会じゃあ ないんだし コイズミなんか 小学生語彙だ 勝っちゃあった。

2005/9/14(水) 午前 8:34 ita**434i*ai34*5 返信する

顔アイコン

本当に恐ろしい国に、有権者はしてしまったと思います。形式的には民主主義でも、選挙の結果は事実上の一党独裁。北朝鮮や旧イラクを笑えない…。

2005/9/14(水) 午後 0:11 もーちゃん 返信する

顔アイコン

鴨之嘴さん、もーちゃんさん、はじめまして。 どうも最近のこの国では、正しさや緻密さよりも、分かりやすさが至上の価値とされているようです。書店に平積みされる本の帯には「絶対泣ける!」のキャッチコピーが躍り、商品のネーミングでも「頭がいい人、悪い人の話し方」「野菜一日これ一本」みたいなミもフタもないベタなものばかりがヒットします。そんな有権者、というか消費者の心理をよく分かっていたのが小泉という人なんでしょう。言ってみればマーケティングの勝利です。

2005/9/14(水) 午後 9:52 Jinne Lou 返信する

顔アイコン

竹中さんって、そんなこと言っていたんですか。どうりで小泉さんが起用するわけだ。ブログを使って、これからやってくる庶民にはとても厳しい政治を告発していきましょう。

2005/9/14(水) 午後 11:46 oku*osh*_*183*0001* 返信する

Jinne Louさんの言われるとおり、トロイの木馬だったと思います。与党が3分の2の議席を確保し、早速、憲法改正の話題がでています。私は憲法9条改正にだけは反対です。9条があるからこそ、自衛隊派遣がされたとはいえ、戦争せずに済んでいます。現行9条にて解釈できる範囲に留まってほしいと思っています。

2005/9/14(水) 午後 11:59 [ pho*b*_weat*er*cau*f*eld ] 返信する

顔アイコン

臆余子さんいらっしゃいませ。「小泉改革」とやらによって最も冷遇されることになる庶民が、熱烈に政権を支える図は滑稽ですね。高値で出荷されるために喜んでエサをむさぼる家畜に見えます。

2005/9/15(木) 午前 0:08 Jinne Lou 返信する

顔アイコン

>Phoebeさん 本当にそうですね。自衛隊はそもそも違憲の存在ですが、9条がなければもっとひどいことになっていたでしょう。アメリカによるベトナムやイラク侵略にも堂々と加担して、市民を含む多くの人間を殺戮していたはずです。

2005/9/15(木) 午前 0:14 Jinne Lou 返信する

本来は9条の趣旨・意義だけで合憲・違憲を解釈すべきですが、現実は外交問題が影響してますからね・・・ヘンに解釈されがちです。「日本は人的支援をしない。金だけだ」などと海外より避難されますが、戦争に人的支援をするほうがおかしなことです。

2005/9/15(木) 午前 0:23 [ pho*b*_weat*er*cau*f*eld ] 返信する

あ!言葉が足りてませんでした。ごめんなさい。「本来は9条の趣旨・意義だけで合憲・違憲を解釈すべきですが、『イラク復興ナントカ法が成立するなど、』現実は外交問題が影響してますからね・・・ヘンに解釈されがちです。「日本は人的支援をしない。金だけだ」などと海外より避難されますが、戦争に人的支援をするほうがおかしなことです。」でした。

2005/9/15(木) 午前 0:43 [ pho*b*_weat*er*cau*f*eld ] 返信する

顔アイコン

郵政民営化がもたらすもの・・・手数料、保険加入拒否、、国民は自分の首を自分でしめちゃいましたね・・・。

2005/9/15(木) 午前 9:50 [ tom ] 返信する

顔アイコン

>Phoebeさん コスタリカのような小国でもアメリカの戦争には協力しない姿勢を貫いているのに、日本は憲法を曲げてまで戦争に加担しているのは情けない話です。

2005/9/15(木) 午後 11:42 Jinne Lou 返信する

顔アイコン

>tomさん 自分でしめていることに早く気づいてほしいものですね。

2005/9/15(木) 午後 11:46 Jinne Lou 返信する

顔アイコン

道は、後者(がんばれる人に引っ張ってもらって少しでも底上げを狙うか。)しかない、なんてのは許すわけにはいきません!!その道の行く先は、貧困層の死です。これは殺人政策です!大げさですが、カトリーナが証明しました。上を上に上げるのはいいですが、そのために下を下に下げてはいけない!下を上にを条件に全ての政策を行うべきです。

2005/9/17(土) 午後 9:50 [ ito*a1*454* ] 返信する

顔アイコン

>itota124541さん その通りです。昨日のサンプロでの「傾斜配分をやめ、公平配分に」という鈴木宗男氏の主張には諸手を挙げて賛成します。

2005/9/19(月) 午前 1:52 Jinne Lou 返信する

訪問、コメント、投票ありがとうございました。 本当に怖いです。これからどうなってしまうのか。気付けてない人がこのまま気付けないでいたらどうなってしまうのか。考えると悲しくなります。 憲法を変えて、人を殺して、何が支援か。ふざけるのも大概にしてほしいです。

2005/9/20(火) 午前 10:53 [ - ] 返信する

顔アイコン

>aberu1119さん イラクでの侵略戦争に日本が事実上加担していても、「日本はいま参戦している」という意識を持っている人はごく少数です。国民の側が異常なことに少しずつ慣らされて、とんでもないことが進行していても気づかなくさせられていることが怖いですね。

2005/9/20(火) 午後 7:50 Jinne Lou 返信する

初めまして。色々な方のTBから訪問しました。非常に解りやすい内容でした。選挙結果を海外出張中で知ったので、日本に帰りたくなくなりましたが・・・(^_^; 俺も漠然とした不安を感じてます。どうなっちゃうんでしょうね。

2005/10/15(土) 午前 10:30 shoubun 返信する

顔アイコン

SHOBUNさん、はじめまして。私も選挙前から漠然とした不安は感じていましたが、選挙後は明確な不安に変わりました。「小さな政府」と言いながら、減るのはサービスだけで負担はどんどん増えていきそうです。郵政のみならず、すでに参院を通過した障害者自立支援(?)法もその第一歩でしょう。

2005/10/15(土) 午前 11:15 Jinne Lou 返信する

顔アイコン

トラックバックありがとうございます。 私の地元では、先日参議院補欠選挙がありました。総選挙での自民圧勝に多少なりと危機感を抱いて揺り戻しのような動きがあることを期待していたのですが、もろくもその期待は崩れ去りました。個人的には、総選挙の結果よりもさらにショックでした。 削除

2005/11/11(金) 午前 10:54 [ phoque ] 返信する

顔アイコン

>phoqueさん ご訪問いただきありがとうございます。神奈川にお住まいですか?今は何を言ってもコイズミバブルに呑まれて、無力感が募りますね。そのうちバブル崩壊がきっと来ると信じています。

2005/11/12(土) 午前 2:14 Jinne Lou 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事